WordPress Ping Optimizerの使い方を解説!Ping送信とは?

 

今回はあなたがブログ記事を投稿した際にPing送信を行ってくれるプラグイン、WordPress Ping Optimizerの設定方法と、PINGS送信先、そしてPING送信の基本的な概念について解説をします。

ブログ初心者の方だと『PING送信』と言われてもチンプンカンプンだと思いますし、ブログを長く運営している方でもPING送信は意外と盲点になっている部分です。

しかし、インデックスと検索エンジンからの集客が肝になる『トレンドアフィリエイト』では、PING送信を行わないメリットなどないので最初にしっかりと設定をしておきましょう。

プラグイン導入時に設定を済ませてしまえば後は特にやるべきこともないので、忘れずに初期段階で行ってしまいたいですね。  

WordPress Ping Optimizerを動画で解説

PING送信とは?

   

PING送信とはあなたがブログを投稿・更新した際に、自動的に記事のタイトルやURL、ディスクリプションなどの情報をPINGサーバー(更新情報が集められるサーバー)に伝わる機能のことを言います。

ポイントは、PING送信はこちらで送信先を設定しておいたサーバーにしか送信されないということ。

そのため、ブログを解説したらしっかりPING送信先サーバーを設定しておく必要があります。

その設定を行うためのプラグインが『WordPress Ping Optimizer』なのです。  

PING送信のメリットは?

 

PING送信を行うことで生じるメリットですが、主に『インデックス速度』の向上です。

特に最新記事を扱うトレンドサイトであればインデックス速度はアクセスが集まるか集まらないかの重要な要因になるため、PING送信を行う必要があります。

また、多くのサーバーにURLが拡散されることによるサイトドメイン強化の効果もあると言われています。  

PING送信時の注意点

 

次にPING送信時の注意点をお伝えします。 まずは、『重複送信』に注意することです。

PING送信先を重複して登録してしまうとスパム判定を受けてしまう恐れもあるので、重複送信しないように設定時に気をつけましょう。

次に『送信先を絞ること』です。PING送信はメリットの有る行為なので、とにかくたくさんのサーバーにPING送信したくなってしまいますが、あまりに多く送信するとサーバーが重くなってしまい、記事の更新に時間が掛かるリスクがあります。

そのため、PING送信先はある程度絞ったほうがいいでしょう。  

WordPress Ping Optimizerの設定の仕方

   

それではPING送信先を設定するプラグイン、WordPress Ping Optimizerの設定方法について解説をしていきます。

まずはダッシュボード画面の『プラグイン』→『新規追加』で『WordPress Ping Optimizer』と検索し、インストールと有効化をしましょう。

有効化が完了したら『設定』から『Wordpress Ping Optimizer』を選択します。するとこのような画面に変わります。

   

赤枠で囲ってある部分がPING送信先の一覧です。

参考:初心者に推奨するPING送信先一覧

こちらのリンクにオススメのPING送信先のURLを一覧形式で表示していますので、よかったらコピー・アンド・ペーストしてください。

最後の『Enable Pinging』にチェックが入っていることを確認して、Save Settingを入力したら完了です。

最後に

 

WordPress Ping Optimizerは、最初に設定をしておけば後は何もしなくても勝手に動作してくれるプラグインなので、ぜひサイト立ち上げをしたらすぐに設定を終わらせるようにしてくださいね。

インターネットビジネスで自由な収入源を確立するためのメルマガにて、このプラグインを活かして収益化を図る方法を解説していきますので、よろしければ下記の登録フォームから、そちらもチェックしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年2月12日
最終更新日:2014年7月13日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ