ネットビジネス新規参入者の高学歴化が進む背景と業界の今後について


 

最近、いたるところで話題になっているのが『ネットビジネス新規参入者の質の変化』。どういうことかというと、高偏差値の大学出身の人、もしくは在学中、退学した人が続々とアフィリエイト等のネットビジネスに新規参入してきているのです。

『ノマドワーカー』の流行によってPC1台で自由に稼ぐことに憧れ、ネットビジネスを新たに始める人自体の増加傾向は今に限らず少し前から進んでいましたが、ここにきて、東大や京大、慶應や早稲田、旧帝大を経て、ネットビジネスに挑戦するような人が急激に増加してきているのです。そして、その傾向は今後も更に加速すると考えられます。

 

高学歴は成功しやすいのか

 


 

学歴で全てを判断すべきでなないという主張は正論ですが、それでも一般論として、高学歴の人はネットビジネスにおいて成功しやすい資質を持っているのではないでしょうか。そう考えるに至った理由は以下の3つです。

 
  1.  勉強することに慣れている
  2. 厳しい競争をくぐり抜けてきた経験がある
  3. マインドの基本レベルが高い
 

勉強することに慣れている

ネットビジネスで成功を収めるためには膨大な情報を吸収し、それを自らの価値へと変えていかなくてはいけません。ネットビジネスにおいてはアウトプットが非常に重要になりますが、インプットを繰り返して自分の知識レベルを高めていかなくては質の高いアウトプットをすることもできないでしょう。

高学歴の人は『インプット』をすることに慣れています。幾多の受験やテスト勉強において膨大な情報の中から重要な要素を抽出して、それを他の一見無関係に思える事柄と結びつけてみたり、深く掘り下げてみたりといった経験を数年間にわたって日常的に繰り返してきたため、『勉強をする』力が非常に高いのです。

また、当然ながら文章力やロジカルシンキングも得意としている場合があるので、例えネットビジネスが未経験だとしても初期能力値が非常に高いとも言えます。

 

厳しい競争をくぐり抜けてきている

これはいちいち言うまでもないことですが、高学歴でかつ有名企業に就職した人はそれぞれの段階でいくつもの厳しい競争をくぐり抜けているのです。人気大学だと倍率は10倍以上ありますし、人気企業であれば倍率は100倍以上もザラです。

このような厳しい競争をくぐり抜けることができるのは、正しい努力の方法を理解し、実践することができるからと考えられますし、単純に超絶なハイスペックであることという要因もあるでしょう。

ネットビジネスの世界では、現状では大学入試や就職試験よりも競争のレベルは極めて低いので、彼らが全力を出すことができれば、簡単に驚異的な成果を残すことができたとしても不思議ではありません。

 

マインドの基本レベルが高い

そして、『勉強の基本レベルが高い』、『厳しい競争の経験がある』ということは当然、マインドの基本的なレベルが高いことを意味します。なぜなら、既に自発的な努力によって成果を残しているため、勝者のメンタリティを持っているのです。

つまり、彼らに対して『行動力が大事』だとか『投資意識を持て』とか『素直に実践しましょう』とか口うるさく指導しなくても、それらは過去の経験から既にベースができあがっているのです。後はネットビジネスに特有のポイントを教えるだけで自然に稼げる人間のマインドが育まれていくでしょう。

 

なぜ高学歴がネットビジネスに参入してきているのか

 


 

この議題も人それぞれ様々な理由があるとは思います。しかし一般論として考えるのであれば、彼らが高い偏差値の大学に入った理由を紐解くことがその鍵になるのではないでしょうか。大半の場合、理系の学生は『こういう勉強がしたい』という思いから、大学を選ぶことも多いですが、文系に限れば特定の夢がない限り、できるだけ偏差値の高い大学を選びます。その理由は、『良い大学にいくことで、良い将来が保証されるから』です。

そして、『良い将来』とは、お金に不自由なく社会的な地位も高い生活を送ることですが、とある日、彼らは『少ない労働時間で莫大な額の収入を稼ぐ人』の存在を知ることになります。その瞬間に『良い将来』の概念と価値観が音を立てて崩れ去るのです。

また、この時代ですから、良い大学に通ったところで良い企業に入社できるのはほんの一握りです。そして良い企業に入ることができても、その後は楽しいことよりも辛い事のほうが多いでしょう。それは実体験がなくとも子供の頃からの様々な日常の光景から、『サラリーマンに夢がない』と頭に刷り込まれていますからね。

そこで、自由に稼ぎ人生を謳歌している人の存在はとても眩しく見えることでしょう。そして、一度高学歴の人がネットビジネスを通じて自由なライフスタイルを掴むことに成功すると、同じ境遇の人は非常に強い親近感を感じるため、『自分も挑戦していいんだ』と自然にできあがってしまった人生のレールを外れるための後押しをされることになるのです。

そのため、高学歴の人がネットビジネスに参入し、成功を掴めば掴むほど、更にネットビジネスの高学歴化が進むことになるのです。

 

今後のネットビジネスで勝ち残るために

 


 

高学歴の人はネットビジネスで成功する可能性が高いのは事実です。しかし、それはあくまで初期能力値が高く、成功のスピードが早いというだけで、チート的な裏ワザを隠し持っているわけではないのです。

確かに、学歴が高いということはその学歴を掴みとるだけの資質があったことの証明にもなりますし、ある種のブランディングにも効果が働くこともあるでしょう。しかし、最大のポイントは稼ぐためのマインドと学習能力が高いということにあるのです。

そして、今後もネットビジネスの高学歴化が進むと間違いなく、過去よりも稼げる人と稼げない人の差は大きくなることは容易に予測できます。そこで重要なのは、とにかく自身のブランディングとDRMスキルを高めていくほかありません。

高学歴の人が強みとするマインドや学習能力はあくまで『学ぶための武器』。そしてネットビジネスで最も学ばなければならないのはDRMのスキルです。彼らに負けないように勉強の質と量で圧倒し、確固たる実績を築きあげていくことが求められるでしょう。そして、ブランディングを高めることでライバルの存在を無効化し、自分だけの価値を構築していくことが大事になります。

これらは、高学歴化という環境変化に関係なく、ネットビジネスの競争において重要な事です。つまり、やらなくてはいけないことをしっかりとやり、自分自身のスキルを高め、勉強の質と量を圧倒的な領域に持っていくこと。これが全てです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年2月20日
最終更新日:2014年3月21日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ