アフィリエイトで稼ぐためのSEOの超初心者向け基礎知識を動画で解説!

 

ネットビジネスを始めるとわかると思いますが、『SEO』という言葉はいたるところで用いられます。

特にサイトアフィリエイトを行う場合には『SEO対策』が、稼げるか稼げないかの明暗を分けるキーポイントになります。

しかし、最近では『SEO対策を行わないことが最大のSEO対策・・・』など、とてもわかりづらいことも言われており、『結局、SEOってなんなんだよ!』と叫びたくなる人も多くいらっしゃることでしょう。

そもそもSEOとは何なのか、基本的なことをわかっていないとネットビジネスで稼いでいくことは難しいので、全く知識を持たない完全なる初心者の方向けに、SEOの基本的な考え方について解説していきたいと思います。

 

SEOの超初心者向け基礎知識

 

SEOとは

   

SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字を取った略称で、日本語では『検索エンジン最適化』と言われます。

ただし、初心者の知識だと、『検索エンジン最適化』と言われてもチンプンカンプンだと思います。

そこで、こんな感じで言い換えると、よりわかりやすいかと思います。『検索エンジン上での上位表示』

検索エンジンとは聞き慣れない言葉かもしれませんが、ようするにGoogleやYahoo!といった、キーワードを入力して検索するツールのことです。

すなわち、検索エンジンから高く評価してもらうことで、自分のサイトを検索エンジンで検索をしたときに、GoogleやYahoo!の検索結果画面で上の方に表示されることが、SEOの基本的な考え方です。

Googleのような検索エンジンは、独自のサイト評価基準を持っていて、その基準に従って、どんな順番で検索結果を表示するかを決めているのです。

そして、その基準は『アルゴリズム』と呼ばれています。  

なぜSEOが大事なのか

 

それではなぜSEOは重要なのでしょうか。

この疑問を解消するためには、実際にあなたが『検索する側の立場』になったほうが簡単に理解することができます。

例えば、あなたが中目黒で急にピザが食べたくなったとしますよね。

その場合、『中目黒 ピザ 美味しい』というキーワードで検索をするでしょう。

すると、このように検索結果が表示されます。    

この場合、あなたは表示された検索順に従って、上から下まで適当に眺めていき、ビビっとくるタイトルを見つけたら、そのサイトをクリックして閲覧すると思います。

問題は、この表示された多くのサイトの中をどこまでチェックするかです。 一番上のページだけ見る人もいれば、上から5つ目くらいまで見てみる人もいるでしょう。

それは個人差があって当然でしょう。ただし、普通に考えれば、検索結果のすべてをチェックする人はいないはずです。

    

このように検索ページの最下部から次のページに行くこともできますが、大抵の場合は1ページ目か2ページ目に載られているサイトしか見られません。

もし、あなたが望むようなサイトが見つからなかった場合には、きっと検索キーワードを少し変えてみて再検索するでしょう。

実際にアメリカの検索マーケティング大手、iProspect社が2006年に公開したデータによると、検索の1ページ目までしか見ない人が全体の39%、3ページ目までしか見ないという人は全体の81%です。

検索結果にして、上位の60件程度までしか見られないということですね。

そのため、サイト運営者としては、とにかくアクセスをしてもらうためには、検索ページ上で上位に表示させなければ、そもそもサイトの存在自体を認識してもらえないのです。

そのため、いかに検索ページ上で上位に表示させるか、すなわちSEO対策を施さなくてはいけないのです。

それでは、どのようにSEO対策を施していけばいいのでしょうか。  

内部SEOと外部SEO

   

ここからは再びサイト運営者の立場に立って考えてみましょう。

サイトのSEOを強化して検索ページ上で上位表示させる方法には、大きく2つの方法にわけることができます。

それが内部SEOと外部SEOです。ひとつずつ見ていきましょう。  

内部SEOとは

 

内部SEOとはサイト内部の工夫によって検索エンジンからの評価を高めることです。

その要素は非常に多いのですが、具体的なものを挙げると、  

  • キーワード選定
  • 見出しタグ
  • コンテンツの質、1記事あたりの文字数
  • ページ数、コンテンツの質
  • サイト滞在時間

 このようなものが内部SEOを決める要素として考えられています。

ただし、これらの基準は検索エンジンのアルゴリズムの変動によって大きく変わるため、常に『正しい内部SEO対策』は変化することになります。

そのため、何年も前に販売されている書籍や投稿された記事を参考にしてもほとんど意味が無い可能性も高いため、常に新しい情報を元に対策を行っていく必要があります。

いずれにしても訪問者にとって見やすく有益なサイトであることを心がけるという基本的な前提を忘れないようにしたいですね。  

外部SEOとは

 

外部SEOとは、その名の通り、外的な要因に頼ったSEO対策です。

その主な方法が『他サイトから被リンクをもらうこと』ですね。

コツコツと時間をかけて対策を行わなくてはいけない内部SEOに比べて、ただリンクさえもらえればいい外部SEOは非常に手軽なため、以前までは外部リンクを貼るための専用サイトや、金銭取引による被リンクも行われていましたが、現在では、自作自演の被リンクはペナルティの対象になってしまいます。

そのため、他のサイトから自然にリンクが貼られるようなサイトを目指す必要があるのです。

そのためにはどうすればいいかは単純です。他のサイトが紹介したくなるような良い記事を書けばいいのです。

被リンクを意図的に受けるのではなく、自然にリンクをもらえるような記事を書くという意識でコンテンツをつくっていきましょう。  

最後に

 

最後に、本記事の内容をまとめると、ネットビジネスで頻繁に使われるSEOとは、『検索エンジン最適化』、すなわち検索ページで上位に表示させることや、そのための取り組みのことを言います。

SEOが重要な理由は、一般的に検索ページで上の方に表示されなければ、検索者にサイトを見てもらえないためです。そのため、上位表示させるための様々な対策を施していく必要があります。

SEO対策には『内部SEO』『外部SEO』があり、内部とは記事コンテンツの拡充やキーワード選定、サイト滞在時間などのサイト内部の要因を向上させることで、外部とは他のサイトからの被リンクをもらうことが一般的な方法として知られています。

ただし、過度なSEO対策によって、本来上位表示されるようなクオリティにないサイトが上位表示されている実態を好ましく思わない人もたくさんいるため、最近では『SEO対策をしないことがSEO対策』であるとも言われています。

いずれにせよ、これからは、検索エンジンの評価を高めることを意識しすぎるよりも、サイト訪問者のためのサイトを作るという意識が重要になると考えられます。  

余談ですが、『SEO』という言葉そのものに、『最適化』という意味があるので、『SEO』対策というと、『最適化対策』になってしまい日本語として少し違和感がありますが、『SEO対策』というフレーズは響きがとてもわかりやすいため、あえてSEO対策と言っている人も多いみたいです。  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年2月23日
最終更新日:2014年7月1日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ