クローラーとは?検索エンジンの仕組みを解説!【初心者向け】

SEO  

ウェブサイトを運営している方であれば、『クローラー』という単語を聞いたことがある人がほとんどではないでしょうか。

インターネットビジネスを行う上で、サイトを運営する際には『SEO』が非常に重要になります。

検索エンジンの最適化を施すことで、あなたのウェブサイトは検索画面で上位表示されやすくなり、多くの人にコンテンツを届けることができます。

それでは、『どのようにしてSEOの強さが決まり、検索画面での順位付けがされるのか?』という疑問が生まれますが、その答えが『クローラー』と呼ばれる、記事の収集ロボットです。

記事を上位で表示させるためには、まずクローラーに記事を発見してもらい、検索エンジンから高い評価を得なければいけません。

今回の記事では、『クローラーとは何なのか?』、『検索順位が決まるまでの流れ』をネットビジネスの初心者の方に向けて、シンプルにお伝えしたいと思います。

SEOの基礎知識がわからない方はこちらをごらんください!

クローラーと検索エンジンの基礎知識を動画で解説!

 

 

クローラーとは

 

クローラーとは、簡単に言うと、さまざまなサイトやウェブページを周回して記事のデータを自動で収集するロボットのことです。

そして、このクローラーによってデータを集める検索エンジンのことを『ロボット型検索エンジン』といいます。

現在では、Googleをはじめ多くの検索エンジンが、このロボット型検索エンジンを採用しています。

詳しくは、検索順位の決定方法の項目で説明しますが、クローラーはウェブサイト、ページを巡って何をしているのかというと、主にウェブ上の文書や画像などを収集しています。

ウェブサイト運営者は、クローラーに少しでも多くの情報を読み取ってもらうため、Google XML Sitemapsなどのプラグインを用いて、クローラー向けにサイトマップを生成しているのです。

Google XML Sitemaps の効果と設定方法はこちらから  

検索順位が決定するまでの流れを解説

   

それでは、クローラーがサイトを巡回してデータを収集してから、 どのようにサイト記事の検索順位が決まるのか、流れを確認していきます。  

クローラーがウェブページを巡回する

 

上述の通り、検索エンジンは『クローラー』というロボットを使って、ほぼすべてのウェブページの情報を収集しています。

ここで収集するデータとは、文書や画像です。

それでは、どのようにクローラーがウェブページを巡回するのか、という点ですが、ウェブページに貼られているリンクを辿って他のサイトに行き、またリンクを辿って・・・という流れを繰り返しているのです。

そのため、サイト内巡回率を向上させることは、クローラーによる収集漏れを回避するという効果もあるのです。

逆に言うと、SEO効果を高めるためには、サイトの中で行方不明になってしまう記事が出ないように、しっかりとリンクを貼って、サイト訪問者またはクローラーに簡単に発見してもらえるような状況にしておくことが必要です。  

 

収集された情報を分類する(インデクシング)

 

次に、クローラーが集めてきた情報は、検索エンジンによって分類され検索アルゴリズムが扱いやすい形に整理されます。

検索アルゴリズムとはウェブページの評価基準のことで、このアルゴリズムによってサイトが上位に表示されるか否かが決定されます。

つまり、この段階では後々、アルゴリズムがサイトを評価する際に、評価する作業をスムーズに行うことができるよう、情報は分類されデータベースに格納されるというわけです。

トレンドアフィリエイトで非常に重要になる『キーワード』は、ここで、どのデータベースに収容されるかの決定がくだされる際の大きな判断材料になります。

例えば、『インフルエンザ』というキーワードを用いているのであれば、そのページは検索エンジンにおける『インフルエンザ』という箱(データベース)にしまわれるというイメージです。  

 

検索結果の決定&表示

 

最後に、検索結果の決定です。例えば、ある人がインフルエンザに関する情報を求めて『インフルエンザ』というキーワードで検索をしたとしましょう。

すると、検索エンジンは、2番目のステップで登場した、インフルエンザのデータベース(箱)から適切なサイトを見つけて順位づけて提供するのです。

コンビニに行って、レジで『肉まんください』といえば、店員さんは肉まんが入ったショーケースの中から肉まんを取り出しますよね?わかりにくい方はそれと同じようなイメージを持ってください。

検索エンジンに行って、『インフルエンザください』と言ったら、検索エンジンさんがインフルエンザ関連のデータベースから適切なウェブページをいくつか紹介してくれるのです。

そこで、問題は、”星の数ほどあるインフルエンザに関するウェブページの中から、どのような順番で検索画面上に表示をするか”ですが、その際の評価基準が前述したアルゴリズムだというわけですね。

アルゴリズムは複数の基準によってページを自動的に評価し、点数化していくわけですが、その基準は年々進化しています。  

アルゴリズムは公開されていない

 

そして私たちのウェブページを評価するアルゴリズムですが、残念ながら決して公に公開されることはありません。

なぜなら、その評価技術こそがGoogleの資産であり、評価基準を後悔することでSEO対策によって、本来価値の無いサイトが上位表示されるという事態が発生するためです。

検索エンジンの究極的な目標は、検索者のニーズに最もマッチした検索結果を提示することなので、無価値なサイトがテクニックを使って意図的に上位表示されるような事態を、検索エンジンは非常に嫌うことは間違いないでしょう。

そして、検索アルゴリズムも、検索者のニーズに適合する検索結果を表示させるためにリアルタイムで進化し続けているのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年2月28日
最終更新日:2014年7月2日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ