pubsubhubbubは盗用とコンテンツ重複対策のため導入すべき!

 

どこか不気味な名称でもおなじみなWordPress用のプラグイン、『pussubhubbub(パブサブハブバブ)』

とあるサイトでPUSHと略されているのを見て、これなら読みやすいと思いましたが、『PSHB』の方が長いけど略としては真っ当な気がしなくもありません。

さて、本題に入りますが、pubsubhubbub(以下、PUSHとする)は、RSSリーダーに記事の更新を伝えるプラグインです。

そして、いたるところで『WordPressサイト運営者にオススメプラグイン◯選』のような記事に必ずと言っていいほど名を連ねています。

しかし、このPUSH、RSSリーダーに記事の更新を伝えると言っても、いったい何のために導入しなくてはいけないの?と疑問に持つ方も非常に多いでしょう。事実、ブログ運営を始めた当初の僕も同じことを思っていました。

そこで今回はPUSHを導入すべき理由について解説していきたいと思います。

pubsubhubbubを動画で解説

pubsubhubbubの効果と設定方法

 

PUSHの効果は先ほどお伝えしたように、RSSリーダーに記事の更新情報を瞬時に伝えるものです。

RSSとはサイトにリーダー(クローラー)が来るまでは基本的に待ちの姿勢。デフォルトの状態では、こちらから『サイトを更新しましたよ!』と伝えることはできないんですね。

しかし、PUSHを使うと、サイトを更新したら即座にGoogleに対してサイトが更新されたことを伝えることができるのです。そのスピードはよくわかりませんが、秒速と言われているほど速いみたいです。

PUSHの使い方ですが、プラグインの新規追加画面で『pubsubhubbub』と入力して検索をしてインストール、有効化をしたあとは、何か特別な設定をすることなく、効果が発動されます。とても簡単なプラグインなのです。

 

なぜpubsubhubbubを入れたほうがいいのか

 

『RSSリーダーに記事の更新情報を瞬時に伝える』と言ってもメリットが非常にわかりにくいと思うので、もっとわかりやすく導入することのメリットを言いましょう。

PUSHを導入したほうがいい理由は、『盗用』対策のためです。 もちろん、ブログの記事やニュースサイトの記事は、それを書いた著者に著作権があるので、絶対にコピペしたり盗用してはいけません。

もし、引用したい場合は必ず引用タグを用いる必要があります。

しかしです!いかにこちらが真っ当なやり方でオリジナリティのある記事を書いていたとしても、どこかで自分の記事を盗用する輩が現れることもあるでしょう。

それで問題になる場合、本来であれば盗用した人やサイトに罰が課されるのですが、ウェブサイトの場合は、公開したのがどちらが先か後かの判定がとても曖昧なこともあり、元記事を書いていた人がパクリ認定されてしまう可能性もあるのです!

完全なる被害者なのに加害者扱いされてしまうなんて信じられない話ですよね。そして、パクリ認定の先に待っているのは、ペナルティやアドセンス違反など致命的なものばかり。

そのため、記事の盗用に関しては、自分がしないということはもちろん、されないための工夫も必要なんです。

プラグインPUSHを有効化していれば、公開した瞬間に秒速で更新情報をGoogleに伝えてくれるため、公開されたのがパクリサイトよりも先か後かの判定の材料になります。

すなわち、自分の記事こそオリジナルな記事だ!と主張できるのです。

このような理由から、PUSHは必ずインストールして有効化しておいてくださいね。ほんの2分くらいあれば有効化まで完了できますので。  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年3月5日
最終更新日:2014年7月3日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ