SNSからの被リンク効果はあり?ノーフォローと検索エンジン評価について

 

ブログとTwitterやフェイスブック等のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を連動させて、集客を相互に促したり、集客源の多様化を測っている人は多いと思います。

そこで今回は、SNSからの被リンクはSEOに効果があるのか?また、検索エンジンからの評価につながるのか?という疑問について考えていきます。

SNSからの被リンク効果を動画で解説


 

SNSからの被リンクにはノーフォロータグがついている! 

まず、前提として抑えておきたいのが、『SNSからの被リンクにはノーフォロータグ(rel=”nofollow”)がついているということです。

つまり、ノーフォロータグがついている以上、純粋な意味での被リンク効果は存在しないということ。

しかし、ノーフォロータグがついていないからといって、単純にSEOの効果がゼロかというと、どうもそんなことはないというのが現状での一般的な見解です。

というのも、Googleは現在、手動ペナルティやアップデートを繰り返して、検索結果表示の最適化を目指しています。

そして、Googleが目指している理想型は、『ユーザー(検索者)にとって最適な情報を素早く提示することのできる検索エンジン』だと考えるのが自然です。

そのような観点から考えても、SNSで拡散される記事は紛れもなく、たくさんの人に求められている情報を示している記事だということになるので、SNSからの被リンクがまったく効果が無いと考えるのは、非常におかしいですね。  

SNSで拡散させることによる効果は?

 SNSとブログを連動させる際には、ぜひブログ記事をTwitterやFacebookで拡散させることを目指しましょう。SNSによる拡散の効果は以下のようなものが考えられます。  

  • アクセス数の上昇
  • SEO効果(?)
  • GunosyやYahoo!Buzzへの掲載

 まず、アクセス数の上昇ですが、SNSで拡散されることで、単純に今まで記事に触れる機会がなかった人にアプローチをすることができるため、記事へのアクセス数が高まります。

また、SEOに関しては上記の理由からクエスチョンマークをつけましたが、ノーフォロータグがあるからといって被リンク効果がまったくないかと断言することは危ないというのが僕の見解です。

Googleの理念に則るなら、今後SNSからの被リンクが検索順位に影響してくる可能性は十分あるでしょう。

最後に、GunosyやYahoo!Buzzへの掲載による効果です。

GunozyやYahoo!Buzzとは、話題になっているニュースを取り上げて紹介する、個人の趣向とトレンド感を重んじる新しい時代のニュースサイトです。

そして、これらのサイトに掲載される条件のひとつにSNSでの拡散があると言われています。 GunosyやYahoo!Buzzといったサイトはアプリとして多くの人に読まれていたり、そもそもSEOも強いので、これらのサービスに掲載されることでアクセスアップにもつながりますね。

こちらも詳しくは不明な点が多いのですが、僕のとあるサイトもYahoo!Buzzに掲載されてから、全体のアクセスが底上げされた経験があるので、こちらからの被リンクによるSEO効果もあるかもしれません。  

SNSとブログを連動させるときの注意点

  SNSとブログを連動させる場合には、できるだけ多くのソーシャルメディアをリンクさせていくことをオススメします。

  • Facebook
  • Twitter
  • グーグルプラス
  • YouTube

 などなど一つの媒体ではなく、複数の媒体を相互に連動させることで、一つの窓口から複数の媒体に読者を誘導させる意識を持つといいでしょう。

つまり、ブログへの導線を多数用意するということですね。

また、SNSは新たなサービスが生まれやすい分野でもあります。新しいサービスが流行の兆しを見せたなら、そこをなんとか集客ツールとして機能させていくことができないかを考えて、流行に乗り遅れないようにしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年3月9日
最終更新日:2014年7月25日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ