WordPressのパーマリンク設定方法とURLの最適化について

 

WordPressでブログを立ち上げたら、まず先にパーマリンクの設定を行い、SEO上有利となるようにURLの最適化を行う必要があります。

ポイントはサイトを立ち上げてから記事を書く前の間に、この作業を終わらせてしまうこと。ブログ立ち上げ後、記事を投稿してアクセスが集まってきてからパーマリンクを変更すると、実際のサイトのURLと検索エンジンに登録されたURLが乖離してしまいます。

そうなると、せっかく記事が上位表示されてクリックされてもあなたの記事に行き着かなくなってしまい、アクセスが激減してしまうことが予想できます。また内部リンクもURLをすべて見直さなくてはいけなくなるため非常に手間がかかります。

 実際に私も最初にパーマリンクの設定をしておらず、そこそこアクセスが集まるようになってからパーマリンクの変更をしたら一気にアクセスが減ってしまったという苦い過去があるため、しっかりと最初に設定をする必要がありますね。

 

パーマリンクの設定でサイトURLを最適化する方法

 

まずはダッシュボードの『設定』から『パーマリンクの設定』をクリックします。

 

 

『共通設定』からいずれかを選んでいくことになりますが、最もSEO効果が高いと言われているのが『カスタム構造』です。

 

赤枠でくくった部分に、『「/%postname%-%post_id%」』『/%category%/%postname%/』のいずれかを入力し、変更を保存します。

 

ただ、カスタム構造でパーマリンクを設定すると『%E3%82%A2%E3%83%・・・』のように意味不明な文字の羅列で表示されてしまいます。

もちろんそのままでも構いませんが、このように長く意味がわからないURLだと、誰か他の人からリンクをもらいづらくなる等の弊害が生まれてしまうため、最適なパーマリンクとは言えません。

これを防ぐために、一記事書くごとに、記事ごとのパーマリンクの見直し(スラッグの変更)をする必要がありますが、もし毎回記事を書くごとにスラッグを変更するのが面倒くさいようであれば、数字ベースを選択してもいいですね。

ちなみに僕の場合はやはりブログ立ち上げ当初に、『面倒くさいな』と思ったため、数字ベースで設定がしてあります。

 

ついうっかり後からパーマリンクを変えてしまったら

 

『パーマリンクを設定してURLを最適化するとSEOに強くなる!』と知ったばかりに、ついうっかりとブログを立ち上げて記事をガンガン投稿している状態にも関わらずパーマリンクの設定を変更してしまった・・・そんな方もいらっしゃるかもしれません。(昔、僕もそれでだいぶ凹みました)

パーマリンクを後から変更した場合、今まで書いた記事のURLは変更後のURLに変わりましたが、検索エンジンで表示されるURLは変更前のままなので、検索者がクリックしても記事が正しく表示されないという状態に。

また、今まで貼り付けた記事の内部リンクも乖離してしまうため、それをいちいち全部直さなくてはいけません。

 

よって、絶対に途中での変更はしないでください!

 

もしうっかり変更してしまった場合はすぐに変更前に戻し、そのまま放置してください。

何日か放置して様子を見ていると、Googleのクローラーがまた発見してくれるので、検索エンジン上のURLと実際のURLの乖離をなくすことができます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年11月22日
最終更新日:2014年5月1日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ