YouTubeで稼ぐ際に注意すべき7つの事柄とアクセスアップ術

youtube
今回の記事では、YouTubeで稼ぐ際の注意点とアクセスアップについて紹介していきます。

YouTubeをネットビジネスに活用すべき理由という記事で、主にDRMにおける集客と教育の部分で、YouTubeは非常に効果が高いと説明させていただきました。

実際にYouTubeを使って効果的に稼いでいくためには、どのようにすればいいのかという点に関しては触れていなかったので、この記事の中で具体的にポイントを見ていきたいと思います。

本記事は、DRMにおけるYouTubeの活用という観点から解説をしていきますが、アクセスアップのノウハウなど、再生回数による広告収入で稼ぐ、いわゆるユーチューバーを目指している方にとってもタメになる情報をお届けすることができるので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。


動画タイトルについて

 

動画タイトルは言ってみれば、あなたの動画の顔です。動画を視聴される前には、必ず視聴者は動画のタイトルを見ます。そのタイトルから『この動画は見る価値がある』と思われたなら、実際にクリックをしてもらえるでしょう。

ただし、意識すべきはユーザーだけではありません。タイトルはSEO強度に大きく影響を及ぼすため、検索エンジンを意識したタイトルをつける必要があります。

動画のタイトルを決める際に、重要な2つの視点を具体的に見ていきましょう。

 

ユーザーの関心を引くタイトルをつける

いくらあなたの動画のクオリティが高いとしても、タイトルが魅力的でない場合は残念ながらスルーされてしまう場合がほとんどです。また、YouTubeはSNSで拡散される機会が非常に多いですが、これも同様に動画タイトルがいまいちだとしたら、拡散されたとしても閲覧されにくい上に、そもそも拡散されるかどうかも怪しくなります。そのため、ユーザーが見たくなるようなタイトルをつける必要があります。

ただし注意しなくてはいけないことは、面白さを意識しすぎて、あまりにもわかりづらいタイトルをつけるとそれは逆効果になるということ。ユーザーがタイトルを見て、どんな内容の動画なのかだいたいわかるようなものをつけないと反応は非常に悪くなってしまいます。

 

SEOを意識したタイトルをつける

 

YouTube動画は、YouTube内での検索と同様に、一般の検索エンジンからのアクセスも大いに見込むことができます。そのため、SEOを意識したタイトルをつけて、少しでも上位表示させることで、新規ユーザーを集めていく必要があります。

ポイントは、ユーザーの気持ちになって、『どのようなキーワードで検索するか』ということを考えながら、そのキーワードを使ったタイトルをつけることです。ただしSEOを意識しすぎて、面白みのないタイトルになってしまうと、上位表示はされてもクリックされないということになってしまうので、その辺りのバランスを考えることが重要ですね。

 

動画の説明について

 

動画の説明部分は、あなたが自由に視聴者に対してメッセージを発信することのできる場所です。この部分をしっかりと有効活用して、視聴者にあなたの望むアクションを促していくといいでしょう。

また、SEOの観点から考えると、説明文の部分が何も影響を及ばさないとは少し考えにくいので、ここでもSEOを意識してキーワードを散りばめたわかりやすい文章を書いていく必要があると考えられます。

 

他媒体への導線を貼りアクションを促す

 

YouTubeページはSEOが強いため、集客ツールとして威力を発揮すると言われています(もちろん、ブランディングツールとしての力も計り知れませんが)。その観点から考えると、YouTube動画を見てくれたユーザーに対して、動画しか提供しないのはかなりもったいないです。

TwitterやFacebook等のSNSや、ブログサイト、またメールマガジン等にアクセスしてもらえるよう、動画説明文にリンクを貼ることで他媒体への導線を充実させていきたいですね。

 

SEOを強化させるためのライティング

 

Googleは検索者に最適な情報を提示することを目的としており、専門性の高いサイトを上位表示させていく傾向にあります。このような前提から、あなたの動画ページが何について専門性を持っているページかをしっかりと伝えるために、動画説明文にもしっかりとキーワードを盛り込んだ方がいいと考えられます。

タイトルで使ったキーワードをおりまぜながら、完結にその動画が何を意味するものなのかを伝えていけたらいいですね。

 

動画のコンテンツについて

 

最後になりますが、あくまでYouTubeコンテンツの主役は動画です。しっかりとわかりやすくクオリティの高い情報を届けていけるといいですね。

内容そのものについては、あなた自身のオリジナリティを発揮すべき部分なので、あれこれ口出しはしませんが、それ以外の部分で注意したほうが良い点について触れていきます。

 

作業環境について

音声にノイズが入ったり、映像が割れたりしないように良い作業環境で作業をする方がいいですね。動画ソフトやマイク、周囲の環境等に特に気をつけることをオススメします。

ちなみに僕の場合は動画はカムタジアスタジオ、マイクはUSBでつけるタイプのものを使用しています。マイクに関してはUSB接続のものが音質がいいみたいですね。

 

最初の15秒が肝心!

動画視聴者は最初の15秒を見て、この動画が見るに値するものかどうかを感覚的に判断するようです。そのため、最初の15秒にインパクトのある映像や音楽を導入することが効果的です。

独自のオープニング・ムービーを作ることで、あなたの動画が一つの番組コンテンツのようになって統一感も出すことができますね。

 

アノテーションを使って他媒体への導線を貼る

 

YouTube動画は、アノテーションという機能を用いて、動画の再生画面にYouTubeチャンネルや関連サイトへのリンクを貼ることができます。

あくまで、コンテンツの主役は動画そのものですが、鬱陶しく感じられない程度にリンクを貼ることで、他媒体への導線を貼ることができます。YouTube動画を見てもらって関心を持ってもらえたユーザーに対して何もアクションを促さないのは非常にもったいないので、しっかりとアピールしておきたいですね。

 

コンテンツの中身の充実も忘れずに!

 

今回の記事では、YouTubeで稼ぐ際の忘れがちな注意点をまとめてみましたが、最も大事なのはYouTube動画のコンテンツであるということを忘れないようにしておきましょう。

クオリティの高い、誰かの役に立つコンテンツを作った上で、その動画を最大限に活かしていくために、本記事で取り上げたような対策をとってみるといいでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年3月9日
最終更新日:2014年3月20日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ