コピーライティングにおけるUSP、ベネフィット、フックについて

 

インターネットビジネスにおいて、コピーライティングのスキルは非常に重要です。ネットビジネスの真髄が『情報発信』にある以上、情報発信の代表的なツールである『言葉』を扱うコピーライティングスキルは必須になります。

参考:ネットビジネスにおけるコピーライティングの重要性について

本記事では、コピーライティングにおける頻出単語を3つ紹介させていただきます。

USPとは

 

USPとは、Unique , Selling , Proposition の頭文字をとったものです。

数ある機能の中でも最も目玉となる長所をUSPと呼びます。

 

例えば、ある自動車メーカーが新製品の車を発表したとしましょう。

その車はデザインも最先端だし、乗り心地もいいし、操作性も優れているとします。ただ、その製品の広告を打ち出していくためには、どれか一つの長所に特化する必要があります。

そこで、テレビCMで『低燃費』を全面に押し出しすことにしたなら、それがUSPとなるのです。

 

Benefitとは

 

Benefitとは和訳すると『利益』という言葉に置き換えられます。

 

コピーライティングにおいては、『これらの機能によってあなたにどういう影響をおよぼすのか』という視点を持つことが重要です。

 

そして、Benefitは相手に対して素敵な未来のイメージを具体的に思い描かせるものでなくてはいけません。

読者にとってそのイメージがより鮮明で、感情に訴えかけるものであればより素晴らしいでしょう。

 

参考:なぜ敷地面積はディズニーランドや東京ドームで表現されるのか

 

Hookとは

 

Hookとは一言で言うならば『伏線』のこと。

次に話す重要なことの価値を事前にあげることがHookです。

 

最も目玉となるUSPに対して、より興味を抱かせるようなコピーを書くことができると、読者の購買意欲や関心は大きく高まることになります。

 

今回は、USP、Benefit、Hookという3つのコピーライティング頻出用語について解説していきました。

これらの知識をインプットとして蓄え、良質なアウトプットができるようにしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年11月22日
最終更新日:2014年4月30日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ