アドセンス広告をブログに設置する際に注意すべき点のまとめ


 

こんにちは。Nozzieです。今回は、アドセンス広告をブログに設置する際に注意すべき点のまとめを紹介します。

ブログからの収入源としてGoogleアドセンス広告を用いている人は多いですが、ついうっかりアドセンス規約に反する広告設置の方法をとっている場合も多々見られるようです。

たとえ悪気や悪意がなかったとしても、広告設置の方法をついうっかり間違えてしまうと、アドセンス違と見なされ、アドセンス広告を設置できなくなってしまいます。

『ついうっかり』で最悪の事態を招いてしまわないように、ここで広告設置の際の注意点を見なおしてみてはいかがでしょうか?

 

広告であることを明記する

 

アドセンス広告を貼る際には、その画像が広告であることをサイト訪問者にわかりやすく伝える必要があります。


 

例えばこの画像のように『Sponsored Link』、『スポンサードリンク』などと明記することが必要です。

アドセンスコードをHTMLにはりつける際に、コードのすぐ上に『Sponsored Link』と記述しておくといいでしょう。

 

クリックを誘導しない

 

アドセンスではクリックの誘導は禁止行為とされています。どんな文言であったとしても広告に直接的に関係のあるメッセージは記述しないほうがいいですね。

たまに『Sponsored Link』と表示されるべきところに、『こちらをクリック!』などと書いているブログも見受けられますが、かなり危険な行為なので、絶対にやらないようにしましょう。

 

広告は1つのページにつき3つまで

 

基本中の基本ですが、アドセンス広告は1つのページにつき3つまでしか掲載してはいけません。

それでは4つ目のコードを貼り付けたらどうなるのか?その答えは、『空白として表示される』です。

広告が空白として表示されるため、アドセンスコードを間違えて4つ貼り付けてしまっても、3つしか視覚で確認できないため、4つ目の存在に気づかないんですね。そのため、気づいた時には、アドセンス違反になっている・・・なんてことにもなりかねませんので、うっかりミスには要注意を・・・

 

アドセンス広告の近くに誤クリックを誘発するようなものを置かない

 

例えばソーシャルボタンだったり、他の画像だったりといった、訪問者にクリックを促すようなものはアドセンス広告の近くに置いてはいけません。

Googleは誤クリックを誘発するようなアドセンス広告の配置にかなり厳しいので、必ず注意するようにしましょう。

 

アドセンスを紛らわしく表示しない

 

例えば、アドセンス広告の文章を背景と同色にして、広告であることを紛らわしくさせる。

他には、広告を隠しておいてクリックするとアドセンス広告が表示されるようになる・・・

こういった小手先のテクニックでなんとかクリック率を上げようとしてはいけません。

しっかり正々堂々とアドセンス広告を表示させるようにしましょう。

 

記事上のアドセンス広告設置には注意

 

以前は訪問者の目に触れやすい記事上の広告設置が非常に有効だとされていましたが、記事上にアドセンス広告を設置すると、スマホユーザーがページを閲覧した際に、広告で表示画面のスペースが独占されてしまいます。

Googleはスクロールしなくても記事の本文が表示されている状態を評価し、1スクロールしないと記事が読めないようなコンテンツを好ましく思っていないことからも、記事上に設置していた広告は記事中に移したほうがいいかもしれません。

 

自己クリックはダメ!絶対!

 

自分のサイトに貼り付けた広告を自分でクリックすることは絶対にやらないでください。即、アドセンス違反の対象になります。

『1回くらいならバレないだろう』という気の緩みによって、大切な収入源を失いかねません。

真っ当にアドセンスを利用していれば、月収で数10万円規模の収入を得られる可能性があるのに、たかだか数10円のために無駄にしてしまうのは非常にもったいないことです。

また、家族や友人にクリックしてもらうこともオススメしません。Googleは不自然なクリックに敏感なので、『たくさんクリックしてあげなきゃ!』という好意が仇になってしまう危険性も高いです。

あくまでも自然にクリックしてもらうことを心がけましょう。

 

まとめ

 

今回はアドセンス広告の設置という観点から、アドセンス違反になる恐れのあるリスキーな行為についてまとめてみました。もし、このうちのどれかに当てはまることをやっているという場合には、是非とも早急な修正をオススメします。

また、アドセンスは広告の設置方法だけでなく、記事コンテンツの内容にも厳しいので、NGな行為をしていないかチェックしてみることをオススメします。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年3月24日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ