トレンドアフィリエイトでコピペ・リライトをしないで記事を書く方法


photo credit: Stéfan via photopin cc

 

トレンドアフィリエイトでコピペとリライトは絶対厳禁です!

どうも、ノジーです。今回は、トレンドアフィリエイトでコピペとリライトをしないで記事を書く方法を紹介していきます。

いろんなトレンドサイトらしきブログを見ていると、結構内容だったり、文章表現が酷似していることがあるんですよね。とある芸能人のプライベートだったり趣味だったり交友関係だったり、そういったマニアックなことが書かれていて、『詳しいなぁ』なんて感心していると、他のブログにも同じようなことが書いてある。

『あれ?』と思ったら、実はWikipediaに同じことがそのまま載っていました。なんてことは本当によくある話です。コピペやリライトはアドセンス違反やペナルティの元になるので、絶対にやらないほうがいいのですが、それではどうやって記事を書いていけばいいのかと悩んでしまうかもしれません。

そこで今回は、コピペとリライトをしないで記事を書く方法をお伝えしていきます。

参考:アドセンス違反を招くトレンドアフィリエイトのNGワードと画像について

参考:トレンドアフィリエイトは終わったのか?飽和して稼げないという噂の真実

 

トレンドサイトでコピペとリライトがNGな理由

 

最近ではGoogleによる『手動ペナルティ』が多発しており、その理由が『低品質な記事』である場合が、トレンドサイトの場合はほとんどです。『低品質』の基準は明らかになってはいませんが、コピペは他人の著作物を無断でしようすることなので、明らかに問題行為であるとわかるでしょう。

また、リライトも同様です。リライトとは、コピーしてきた文章の表現やニュアンスを変えて、”文法上は”異なる文章のように見せるものですが、これもやってはいけません。

結局、文章の意味が同じだと、真新しい情報を読者に提供することになりませんし、結果として同じような内容の記事が検索結果をうめつくすことになります。

このような事態をGoogleが嫌わない理由がないので、絶対にリライトもしないようにしてください。たまにトレンドアフィリエイトのテクニックを解説するブログで『リライトをしよう』みたいなことが書かれているのを見かけますが、意識が低いか、『リライト』の意味が少し違うようなので、絶対に参考にしないようにしましょう。

Googleのクローラーの精度もどんどん質が向上してきているため、リライトもコピペ同様にすぐにばれてしまいますよ。

参考:Googleのクローラーの仕組みを解説!

 

 

コピペではなく引用をする

 

どこかから文章を引っ張ってきたい時は、コピペではなく、引用タグを使うようにしましょう。

例えばニュース源であったり、歌詞であったり、Wikipediaのプロフィールなんかは引用タグを使って引用元を明記しておくことで問題にはならなくなります。ただし引用タグ内の文字は文字数にはカウントされないため、その辺りには注意するようにしましょう。

ちなみに少し前までは、どこのトレンドサイトもWikipediaのプロフィールをコピペしていた印象ですが、さすがに最近ではそんなサイトは少なくなってきた感じがします。

ただし、手動ペナルティによって多くのトレンドサイトが消えた現状を考えると、競争率が下がったことでトレンドの新規実践者が逆に増えるのではないかと考えられます。そこで、また多くのサイトがコピペに走る中、しっかりと中身のある記事を書いていくことが良い意味での差別化につながるでしょう。

 

 

コピペやリライトをしないでトレンド記事を書く方法

 

それではコピペやリライトをしないでトレンド記事を書くにはどうすればいいのでしょうか。オリジナルな記事を書くとは言っても、何も参考にすることなく記事を書くことは難しい上に、情報が少ない芸能人の場合は、他のサイトを参考に調べることで、記事を書かないと非常に時間がかかってしまい、効率が悪いですよね。

1日2時間程度の作業時間でしっかり稼げることがトレンドサイトの魅力なので、その利点を損なわないような記事の書き方をしなくてはいけません。

ということで、コピペやリライトをしないでトレンド記事を書く方法をいくつか紹介させていただきます。

 

 

個人的な感想をメインにする

 

ニュース源をベースにしてトレンドキーワードを用いながらも、記事のメインを自身の感想で構成する方法です。この方法によって、しっかりSEO対策をしながらもオリジナルな記事を書くことができるでしょう。

例えば、芸能人の熱愛ニュースの場合は、『自分がいかにその芸能人のファンであったため、今回の報道を残念に思う』ということや、『第三者的な立場から似合うか似合わないかを論じてみる』といった方法がありますね。

上手く文章を書くことができれば、あなたの文章や意見に同調したり、面白がってくれた人が、そのブログのファンになってくれる可能性もあります。

 

 

関連する事柄を挙げる

 

とあるニュースの内容に関して、関連する事柄を挙げていくことでオリジナル性の強い記事を書くことができます。また芸能人の熱愛ニュースを例にしますが、その芸能人が以前噂されていた人物をあげる、2人が共演していた作品を紹介する、といった方法を取ることも有効ですね。

サイトの訪問者にいろんな情報を紹介してあげるという感覚で取り組んでみるといいでしょう。

 

 

記事の論点をずらす

 

論点をずらすことも、コピペやリライトをせずに記事を書く際に有効な作戦の1つになります。例えば『芸能人AとBが熱愛』→『Aって本当にイケメンだけど、昔の方がカッコよかった』→『昔のCM動画を貼る』→『この時代はこんな時代で、今とはイケメンの定義も違った』・・・

即興で思いついた例なので、やや荒いですが、このような方法を取ることで、あなただけの記事を書くことができるようになります。

オリジナルな文章を書くことは一見、難しそうですが、慣れてくれば自分で自分の文章を書くだけなので、コピペ元を探してきて、頑張って改編するよりも、よっぽど楽に文字数を増やすことができますよ。

今回挙げた3つの例以外にもいろいろとコピペやリライトをせずに記事を書く方法はあると思うので、ぜひ参考にしつつ、どうしたら自分だけの記事になるか考えてみてください。

 

 

コピペやリライトをされないために

 

コピペやリライトは自分がしないということはもちろん、盗用されないための対策も重要です。

仮にあなたのブログ記事がコピペされた場合、Google側がネタ元のあなたのサイトがパクったと判断してしまったら、何も悪いことをしていないにも関わらず、ペナルティやアドセンス違反を受けてしまう可能性もあります。

そのため、簡単な対策として次の2つのプラグインを導入しておくといいでしょう。

  • PubSubHubBub
  • RSS Footer

 

参考:PubSubHubBubは盗用とコンテンツ重複対策のため導入すべき!

 

 

まとめ

 

コピペやリライトは絶対にブログなどを書く場合にしてはいけない行為です。

特にトレンドブログであれば、今回紹介した方法を活用することで、コピペやリライトをせずとも、オリジナルな文章を書くことができるようになるでしょう。

また、自分の文章を盗まれない対策もしっかり施しておくことも大切なことですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年3月26日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ