在宅副業で稼ぐならライターよりもブログの方がオススメな理由


在宅副業で空いた時間を有効活用してお金を増やしたい!という方は多いと思いますが、特に人気のある副業の1つにウェブライターというものがあります。

すなわち、企業や個人事業主からの依頼を受けて、文章を書き、文字数などに応じて収益が支払われるというものですが、最近では依頼側とライター希望者をつなぐサービスも増えています。

しかし、個人的には、同じ『文章を書く』ということを行う『ブロガー』の方が、副業で稼ぐことを考えると効率も良いし、何よりメリットが大きいんじゃないかなと思っています。

もちろん、判断材料や価値観は人それぞれ違うので、参考までに気軽な気持ちで読んでいただけると助かります。

 

 photo credit: Ed Yourdon via photopin cc

 

副業ブロガーのメリットを動画で解説!

 

 

 

ブロガーとライターの違いは?

 

ブロガーとライターの最も大きな違いは、収入が発生する仕組みにあります。

ライターの場合は、基本的に依頼主、雇い主がいて、500文字で200円といったように、文字数によって報酬額が決まるのが一般的です。しかし、ブロガーの場合、完全に個人での情報発信となるので、誰かからお給料として収入をもらうことはありません。

そのため、ブログで書いたコンテンツを収入に変えるために、ブログに広告を挿入し、クリックや購入によって収益を発生させていく必要があります。

 

長期的な視野でどちらが稼げるかを考える

 

それでは、ブロガーとライターではどちらが稼げるのかを考えていくと、どちらも最初の謳い文句は同じようなものです。ブロガーでは、『頑張って月収10万円以上を目指しましょう』と、いたるところで言われていますが、ライターの場合は『月収数万円も可能!』とやや金額のレベルは落ちていますが、結局似たようなものではないかなといったところです。

しかし、長期的な視野に立つと間違いなくメリットが大きいのはブロガーです。

その理由ですが、結局のところ、ライターの場合は依頼主や日々の作業に依存するしか稼ぐ術がないのに対して、ブロガーは自分の裁量で仕事量も稼ぐ金額も決めることができるからです。

 

作業量を自分で決められない

 

ライターの場合、作業量を自分で決めることはできません。これは、仕事をもらわなければお金を稼げないということを意味しますが、逆に、作業量を減らすこともできないという意味もあります。

つまり、作業を行った量によって収入が決まる以上、作業を止めてしまうと収入の増加もストップしてしまうということです。一方でブログの場合は広告収入となるので、記事を更新しなくても、アクセスさえ集まれば、収入を得ることができます。

従って、アクセスを集める仕組みさえ作ってしまえば、自動的にお金が入ってくることも現実となるのです。

 

ライターの収入の限界性について

 

上述した内容を考えると、ブロガーの収入には上限がありません。つまり、際限なくアクセスを集めて多くの人に広告をクリックしてもらうことでいくらでも収入を伸ばしていくことは理論上、可能となるのです。

その一方で、ライターの場合は自分が書いた文章がいくら多くの人に読んでもらおうと、基本的には文字を書いた量で収入は決まります。依頼主や仲介業者に収入の仕組みがコントロールされている以上、収入を際限なく伸ばすことはできないのです。

 

ビジネス展開の広がりについて

 

ライターの場合、副業からビジネスを広げていくことはできるでしょうか?まずは仲介サービスから実績を作り、認められて企業と直接契約を交わして・・・というステップアップを夢見る人がいるかもしれませんが、そのようなルートを掴むのはごく一部。

一方でブロガーの場合は、面白い文章を書くことでファンが広がれば、コミュニティ・ビジネスを立ち上げることもできますし、ブログを集客ツールとして用いることで、メルマガを使ったビジネスに展開できるなど、新しいビジネスにつなげることも可能です。

そうなると、結果として収入源を増加させることもできるので、ブログという個人メディアを持つことのメリットはやはり大きいと言えます。それにデメリットやリスクもほとんどありませんからね。

 

最後に

 

自分がブログを使ってビジネスを行っていることもあり、ブログよりの主張となってしまいましたが、結局のところ『何のために副業で稼ぐのか』という軸にぶれない稼ぎ方をするべきじゃないかなと思います。

例えばですが、『会社に縛られたくない!自由に働くんだ!』と言って、居酒屋のアルバイトを始めても、結局、環境に縛られて稼ぐというステージから抜け出していないことになりますからね。

参考:収入のレベルを上げて不労所得を得る方法

また、時間を有効活用して稼ぎたい!と考えているのなら、少ない時間で大きな収入を得る手段を探すべきだと思います。

今回の記事は以上になりますが、何かのお役に立てたら幸いです。

 

 

 

photo credit: dhilung via photopin cc

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年3月27日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ