外部リンクにノーフォロータグを使うメリットは?正しい使い方を解説


WordPressでブログを作成していると、外部URLにリンクを飛ばす機会も多いと思います。その際には、rel=”nofollow”という、いわゆるノーフォロータグを使うことを推奨されますが、ネットビジネス初心者だと、なかなかノーフォロータグを使う意味やメリットがわかりにくいのではないでしょうか。

本記事ではノーフォロータグの正しい使い方と、タグを使う際の注意点、使用することによるメリットについて解説をしていきます。

 

photo credit: Darwin Bell via photopin cc

 

ノーフォロータグの使い方

 

ノーフォロータグの正しい使い方ですが、ビジュアルモードでリンクを挿入すると、以下のように記述されます。

<a href=”リンク先URL” target=”_blank”>アンカーテキスト</a>

 

ちなみにtarget=”_blank”は、新規タブでページを開くことを指定するタグです。

 

ノーフォロータグは以下のように記述します。

<a href=”リンク先URL” target=”_blank” rel=”nofollow”>アンカーテキスト</a>

 

blank”とrelの間には半角スペースをいれるようにしましょう。

 

これで、ノーフォロータグを記述できたことで、リンク先サイトにSEOパワーが渡らないようになります。それでは、ノーフォロータグを使うことによって、どんなメリットが享受できるのでしょうか。

 

ノーフォロータグを使用するメリットは?

 

外部リンクを貼る(発リンクをする)ことによって、リンク先のサイトに自分のサイトのSEOパワーを受け渡してしまうということが起こります。つまり、外部リンクを飛ばすことで、自分のサイトのSEOが弱くなってしまうということですね。

つまり、外部リンクを貼れば、SEO対策上不利になり、自分のサイトが検索エンジンで上位表示されにくくなってしまいます。それを防ぐために使うのが、ノーフォロータグということです。

ブログを運営していると、どうしても他のサイトにリンクを飛ばして読者を誘導したり、情報を提供したくなるケースが出てくると思いますが、そのような時には、ノーフォロータグを使うことで、自身のブログのパワーを落とさないようにしていきましょう。

 

 

ノーフォロータグ使用時の注意点

 

ノーフォロータグを使うときの注意点ですが、必ず外部リンクのみにタグを記述するようにして、内部リンクには用いないようにしましょう。内部リンクはSEO対策上、非常に重要な要素です。

参考:トレンドサイトのアクセスアップのコツ。内部リンクでSEO強化

ノーフォロータグを用いることで、検索エンジンに対して『僕はこのリンク先のことを信頼してませんし、無関係ですよ!』と伝えることになります。そのため、内部リンクにはノーフォロータグを使う必要は全く無いですし、逆にSEO対策上、不利益になってしまうので、内部リンクにはノーフォロータグを使わないようにしましょう。

あらゆるSEO系のブログで、『内部リンクにもノーフォロータグをつけよう!』と書かれていたりするのですが、その意図も現在では意味をなさないので、SEOの基本に則って、余計なことはしないことですね。

SEO対策の肝は、不必要な対策は施さないということですから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年3月31日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ