トレンドアフィリエイトの芸能人の画像使用はOK?肖像権違反やペナルティについて

トレンドアフィリエイトを行う際には、芸能人や著名人の画像を使用したくなるものです。とある芸能人に関する記事を書いたとして、記事内にその有名人の画像がなければ、なんとなく寂しいブログになってしまいますからね。

ただし、『著名人の画像を無断で使用してしまうと、肖像権違反にならないのか?』という疑問も持たれるのではないでしょうか。そこで本記事では、トレンドアフィリエイトと画像、肖像権について解説をしていきます。

トレンドアフィリエイト 著作権

photo credit: Yoshio Moriyama via photopin cc

 

トレンドアフィリエイトと芸能人の画像について動画で解説

 

 

芸能人の画像使用と肖像権について

 

厳密には、芸能人の画像には肖像権があるので、無断で画像を使用するのはやってはいけない行為です。ただし、インターネットの普及に伴い、大部分が黙認されているのが実態です。

従って、芸能人の写真を無断で使うことは、『本来は良くないけど、実際はみんながやっている』、いわばグレーな行為ということになります。

現状では多くの上位表示されているブログサイトで芸能人の画像が勝手に用いられていますし、それらすべてのサイトが芸能事務所からの許可をとっているとは考えられません。

それに、ブログ記事は芸能人の宣伝効果にもなるので、内容に問題がなければ黙認されることも多いようです。

しかし、芸能人の画像を用いる際には、最悪の事態を防ぐために次のような対策を施しておくといいでしょう。

 

お問い合わせフォームの設置

 

苦情や削除依頼の受け口としてお問い合わせフォームをブログに設置するようにしましょう。

実際に、芸能事務所から『うちのタレントの画像を無断で使わないでくれ』と言われたケースも存在していますが、そこから大事に発展しなかったのは、しっかりと相手の意見に従い、陳謝した上で、依頼通り画像を削除し、二度とこのようなことをしないと伝えたためです。

実際に芸能人の画像を使ったとしても、いきなり法律問題に発展するとは考えにくく、まずはこのように相手から苦情が来て、そこからの対応によって状況が変わるケースがほとんどです。

いつ何時、メッセージや苦情依頼が届いてもいいようにお問い合わせフォームは確実に設置するようにしましょう。そうしないと、苦情対応というステップをスルーしてアドセンス規約違反やペナルティ、法律問題に発展しかねません。

参考:お問い合わせフォーム作成プラグイン、Contact Form7の設定方法

 

芸能人にとってマイナスイメージとなるような記事を書かない

 

トレンドアフィリエイトでは記事が上位表示されやすくなることから、芸能人の宣伝材料として機能することもあります。

しかし、記事の内容がその芸能人にとって好意的なものであれば、宣伝になりえますが、もし悪口や中傷する内容であればその芸能人のイメージダウンとなってしまいます。

当然、チェックする芸能関係者からすれば、どちらに好印象を持つかは一目瞭然ですよね。人の目で判断するわけですから、好意的な内容であれば画像を使っていても許してもらえるかもしれませんが、悪口であれば普通は気に障って『なんで勝手に画像を使っているんだ』と言われかねません。

トレンドアフィリエイトを行う際には芸能人のことを不必要に悪く言わないという点も徹底すべきでしょう。

参考:トレンドアフィリエイトで芸能人の悪口を言うことのリスク

 

コピーコンテンツと見なされないために

 

またトレンドアフィリエイトにおいて著作権や肖像権の違反と同じく注意しなければならないのが、コピーコンテンツの使用というアドセンス規約違反の侵害です。

恐らく、大抵の場合、トレンドアフィリエイトで芸能人の画像を使う場合は、どこか他のサイトから画像を拾ってきて保存をし、その画像を使うことになると思います。

しかし、他のサイトのコンテンツをそのまま用いると、同一のコンテンツを用いてしまうことになり、Googleからの評価が下がり、最悪の場合はアドセンス規約違反となってしまいます。そのため、他のサイトから画像を拾ってきた場合には、コピーコンテンツと見なされないような工夫を施していく必要があるのです。

 

画像の編集を行う

 

オススメの画像編集ソフトはPhoto Scapeです。

このソフトは無料でインストールできますが、非常に質の高いソフトであらゆる画像編集を行うことが可能です。

画像に枠線をつけたり、左右反転させたりするだけでもクローラーは別のコンテンツと認識するので、コピーコンテンツとみなされるリスクを下げることができます。ただし、Googleの検索クローラーの精度は年々向上しているので、この手法がいつまで通用するかは断言できません。

 

画像に使用元サイトを記載する

 

画像を拾ってきたサイトを明示することも現状では有効です。

本記事の上部分に表示している画像でもクレジット表記をしていますが、これはフリー素材を用いるにあたって表記することを求められているためです。

このように画像下に引用元サイトを記述しておくこともリスク軽減策の一つとなりうるでしょう。

 

フリー画像素材を使用する

 

最も確実なのがフリー素材を使用することです。フリー素材であれば、著作権違反にもコピーコンテンツ違反にもならないので、より安全です。芸能人等の写真を使うことに抵抗や恐怖心があるのであれば、記事の内容に適したフリー素材を使用するといいですね。

参考:便利すぎるフリー画像素材配布サイトまとめ

 

Googleペナルティと画像使用について

 

現状では、多くのトレンドサイトが芸能人や著名人の画像を頻繁に使用しており、それらのサイトが検索エンジンで上位表示されていることから、画像の使用が著作権違反と捉えられ、ペナルティやアドセンス違反を課されることは考えにくいと思われます。

ただし、コピーコンテンツには厳重に注意する必要があるため、枠線の使用など、Googleに同じコンテンツと見なされないための工夫は徹底しておきたいですね。

とはいえ、Googleのアルゴリズムやペナルティの基準は刻一刻と変化していると言われているため、いつ画像の無断使用に対して厳しい姿勢が取られるようになるかはわかりません。芸能人の画像の使用は、あくまでグレーゾーンであり、ホワイトな行為ではないということをよく理解しておくことが必要ですね。

 

最後に~それでも画像は使った方がいい?~

 

一見無関係なフリー画像素材であったとしても、トレンドアフィリエイトを行う際には何かしらの画像を使ったほうがいいというのが僕の見解です。

トレンドアフィリエイトを訪れるような人というのは、いわゆるネットサーフィンをしている層だったり、何か面白い情報がないか暇つぶしで訪れている場合がほとんどになります。

そのため、一文一文を真剣に読まれるというよりも、パッとサイト全体の雰囲気を見て、ちゃんと読むかどうかを一瞬で判断しているのです。

ということは、画像を使っていない文字だけの記事よりも、視覚的にインパクトのある画像を使用している記事の方が、訪問者の関心を高めて、ちゃんと記事を読んでもらうことにつながりますよね。しっかりと記事を読んでもらえると、サイト滞在時間が高まったり、他の記事に誘導することでSEOも強くなりますし、何より広告をクリックしてもらえる可能性も高まります。

そのため、いずれかの方法をつかって画像を記事内にとりいれていきたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年4月1日
最終更新日:2015年8月12日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ