アフィリエイトをするなら新規ドメインと中古ドメインどちらがオススメ?

新しくブログを立ち上げる場合は、『独自ドメインの取得』を行っていく必要があります。

ドメインには『新規ドメイン』と『中古ドメイン』の2種類がありますが、どちらも長所と難所があるため、状況や環境に応じて、どちらかを選択していくといいでしょう。

今回は、『アフィリエイト』をするという観点から新規ドメインと中古ドメインの違いについて説明をしていきます。

参考:無料ブログと有料ブログはアフィリエイトで稼ぐにはどちらが有利?

photo credit: Peregrino Will Reign via photopin cc

 

ネットビジネスとドメインを動画で解説

 

 

ドメインとは

 

ドメインとは例えるなら、ウェブサイトのインターネット上の住所のようなものです。実際にはサイトはサーバーの中に存在しますが、『どこにそのサイトが存在しているのか』を明確にするものがドメインです。(あまり難しく考える必要もないですが・・・)

例を挙げると、僕のブログのURLは、http://nozziedesign.com/ですが、この『nozziedesign.com』という部分がドメインということになります。

 

新規ドメインとは

 

ドメインを新規で作った場合、そのドメインは『新規ドメイン』と呼ばれるようになります。

『nozziedesign.com』の『nozziedesign』という文字列を自分で好きなように決めて、以下は『.com』、『.net』など、よく見られるようなトップレベル・ドメイン(TLD)と組み合わせていきます。

そうして決定したドメイン名が既に使われているものでなければ、そのドメインを使用していいことになり、新規ドメインを購入することができます。

 

新規ドメインの特徴は?

 

新規ドメインの最大の特徴は、完全に新しいドメインなので、真っ白な状態から自分で育てていくことができる点です。

0からのスタートなので、ドメイン取得直後はインデックス速度も遅く、サイトの検索エンジン上位表示も難しいですが、コツコツ育てることで次第に強くしていくことができます。

新規ドメインを用いることのメリットは、ペナルティなどのリスクが初期段階ではまったくないということです。悪質な被リンクやサイトの運用経験がないため、クリーンな状態でサイトを立ち上げることができます。それに加えて数100円から1000円くらいで取得できるため、とても安いという点も長所ですね。

 

中古ドメインとは

 

中古ドメイン(オールドドメイン)とは、過去に誰かが使っていたけど、何らかの理由で手放したドメインのこと。

自分で文字列を決めることができず、中古ドメイン販売業者から購入することになります。

値段はドメインの質(運営期間やページランク、被リンク数など)によって異なりますが、だいたい数1000円から1万円くらいが目安となります。

 

中古ドメインの特徴

 

中古ドメインの特徴ですが、最大のメリットは初期段階からインデックスが速く上位表示もしやすいことです。ページランクが高かったり、運営歴が長いことによる恩恵を受けることができるのです。

一方でデメリットは、過去の運営状態が思わしくない場合はGoogleからペナルティを受ける可能性があるということです。そのため、中古ドメインを購入する際には十分に吟味をして検討する必要があります。

 

新規と中古はどちらを選ぶべきか

 

新規ドメインと中古ドメインの特徴を見比べるとわかると思いますが、継続してコツコツとブログを育てていきたいのであれば、新規ドメインを選択すべきで、爆発力を出してスピーディーに稼いでいきたいなら中古ドメインを購入してもいいでしょう。

もし長く運営していくメインブログや資産型ブログを作りたいのであれば、新規で取得することを推奨します。トレンドアフィリエイトを行う際には、中古ドメインの購入はメリットが大きいですが、ペナルティ等のリスクが大きいことを理解した上で購入したほうがいいでしょう。

ちなみに、新規ドメインを取得しても普通に上位表示はできますし、3ヶ月程度で月収10万円は達成可能です。

新規ドメインを取得して、単独のブログだけで月収10万円を稼ぐ方法をメルマガで具体的に解説を行っているので、ぜひ登録してプレゼントをお受取ください。

>>メルマガに登録してプレゼントを受け取る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年4月2日
最終更新日:2014年4月25日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ