FacebookのライクボックスをWordPressブログのウィジェットに設置する方法


今回はFacebookのライクボックスをWordPressブログのウィジェットに設置する方法を紹介します。

ライクボックスとは、Facebookの投稿画面や『いいね!』と言っている人を簡単に表示させる機能のことです。当ブログのサイドバーにも設置しているので、わかりづらいという場合は参考にしてみてください。

このライクボックスですが、プラグイン等を使わずに非常に簡単に設置することができるので、ブログとFacebookページを連動させたい場合は設置することを推奨します。

なお、ライクボックスの設置が可能なのは『Facebookページ(ファンページ)』のみであり、個人のプライベート用のアカウントでは作成できないので、まだ個人用のアカウントしか持っていない場合は、ファンページの作成から始めてみてください。

facebook

photo credit: rishibando via photopin cc

 

ライクボックスを作成する

 

まず、ライクボックスの作成から始めましょう。

ライクボックスはこちら

上記のリンクから開発者用ページにアクセスをします。

likebox

赤枠で囲った『Facebook Page URL』というところに、ご自身のフェイスブックページのURLを貼り付けます。

『width』と『Height』で横幅と高さを設定できますが、後々コードの数値を書き換えることで自由に変更ができるので、ここでは適当でも構いません。

『Color Scheme』では、『light』と『dark』から色合いを選択できますが、ご使用中のWordPressのデザインに合わせて選択をしましょう。また、その下の4つのチェックの意味は以下の通りです。

  • Show Friends’ Faces : 『いいね!』してくれているアカウント情報を表示するかどうか
  • Show Header : ボックス最上部の『Facebookもチェック』という見出しの表示・非表示
  • Show Posts : Facebookのタイムラインの表示・非表示
  • Show Border : 枠線の表示・非表示

この辺りは、作業を行いながらプレビューが見れるので、好みの表示になるようにカスタマイズしていきましょう。カスタマイズが終わったら、下の『Get Code』という青いボタンをクリックします。

facebook likebox

すると、このように表示されるので、『プラグインを表示したい場所に・・・』という記述の下にあるコードをコピーしましょう。

 

ウィジェットにライクボックスを設置する

 

ここまで来たら、後はウィジェットに先ほどのコードを貼り付けて表示をするだけですね。

WordPressのダッシュボード>外観>ウィジェットから、テキストを開き、先ほどのコードを貼り付けて追加をします。

likebox

 

タイトルはあってもなくても大丈夫です。また、実際にサイトを確認して幅や高さが気に入らなければ、コードの『width』の部分と『height』の数値を書き換えて、お好みのデザインになるように修正をしていきましょう。

僕のブログにもlikeboxを設置しているほか、ブログの更新情報がフェイスブックページで確認できるようになっているので、よろしければ『いいね!』をしてくださるとかなり喜びます^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年4月5日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ