プラグインPS Auto Sitemapでブログに目次を作る方法

 

WordPressで作成したサイトのサイトマップを生成し、自動表示させるプラグイン『PS Auto Sitemap』の設定と使い方を解説します。

サイトマップには、サイトを訪れる読者が問題なく気になる記事を発見できるようにするユーザー向けのユーザビリティ向上のためのプラグインと、Goolgeのクローラーに記事を発見してもらいやすくするためのものがあります。

今回は、ユーザー向けのサイトマップ生成プラグイン『PS Auto Sitemap』の正しい使い方を紹介していきます。

 

PS Auto Sitemapを動画で解説

サイトマップとは? 

 

『PS Auto Sitemap』で設定を行うサイトマップとは、サイト内のコンテンツを一覧形式で表示させる『目次』の役割を果たすものです。

ウェブサイトやブログは、サイト訪問者のユーザビリティを意識した運営をしなければいけませんが、そのためにはサイト訪問者が全てのページに簡単にたどり着くことができるサイト作りをする必要があります。(目安は2クリック以内と言われています。)

ユーザビリティの向上はサイトの内部SEOの強化にもつながるため、しっかりとサイトマップを整えておきたいですね。

 

PS Auto Sitemapの使い方

 

まずはダッシュボード画面のプラグインの新規追加から『PS Auto Sitemap』をインストールしてください。

 続いて、同じくダッシュボード画面の『固定ページ』の『新規追加』で、サイトマップのページを用意します。

 その後、ダッシュボードの『設定』から『PS Auto Sitemap』を選択します。

 

 

『ご利用方法』の2番にあるコードを、先ほど生成したサイトマップの固定ページの『テキスト』に貼り付けます。

次に、同じ設定ページにサイトマップページのIDを入力します。

 

 

記事のIDの調べ方ですが、固定ページ一覧から先ほど作ったサイトマップページをクリックします。

そして、URLの画面の赤線でくくってある部分を確認して下さい。

この画像の場合、『post=5』となっていますが、という数字がページIDに該当します。

 

 

最後に、ページIDを入力したら『変更を保存』をクリックして終了です。

 

Googleクローラー用サイトマップもお忘れなく!

 

今回設定したPS Auto Sitemapは、一般ユーザー向けのサイトマップ生成プラグインですが、Googleのクローラーを対象にしたサイトマップ生成も忘れないように設定してください。

具体的には、Google XML  Sitemapsというプラグインをインストールしていきますが、その詳しい設定方法は、こちらのGoogle XML Sitemapsの設定方法の記事から御覧ください。

それでは今回の記事では、サイトマッププラグイン『PS Auto Sitemap』を用いてユーザビリティを向上させる方法について紹介させていただきました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年11月24日
最終更新日:2014年7月13日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ