Google XML Sitemapsの設定方法と使い方の解説

Google XML Sitemapsとは、自分のサイトの更新情報を検索エンジンに対して効果的に伝えるためのプラグインです。

検索エンジンに更新記事をインデックスされるためには、サイトを巡回するクローラーに更新情報を見つけてもらう必要がありますが、Googleウェブマスターツールに登録をして、サイトマップをGoogleに送信することで、インデックス速度を向上させることができます。

この記事では、『サイトマップ』の基礎知識と、『Google XML Sitemaps』の使い方について解説をしていきます。

 

Google XML Sitemapsを動画で解説!

 

 

XMLサイトマップとは何か?

 

XMLサイトマップとは、簡単に言うと検索エンジンのクローラーのために作るサイトの目次のようなものです。

GoogleやBingのクローラーはXMLサイトマップを定期的に確認し、更新情報を取得することで、検索エンジンの検索結果にサイトの更新情報が反映されるというわけです。

デフォルトだと、クローラーが巡回してきてサイトマップを確認するのですが、Google XML Sitemapsを導入することで、こちらから検索エンジンに対してサイトマップを送信することが可能になります。

その結果、従来のクローラーの処理で拾いきれないような情報も正確に伝えることができるほか、インデックス速度の向上にも効果があります。

 

Google XML Sitemapsの設定方法

 

Google XML Sitemapsのインストール

 

ダッシュボード画面の『プラグイン>新規追加』から『Google XML Sitemaps』をインストール、有効化を行います。

参考:プラグインのインストールと有効化の手順

有効化まで完了したら、次はプラグインにより生成されたサイトマップをGoogleに送信する必要がありますが、その作業を行うためにはGoolgeウェブマスターツールの登録が必要です。

まだウェブマスターツールの設定が済んでいないという場合は以下の記事を参考に作業を進めてください。

参考:Googleウェブマスターツールの設定方法と使い方

 

ウェブマスターツールにサイトマップを送信

 

Google XML Sitemapsをインストールして有効化するだけではサイトマップの送信を行うことができません。すなわちプラグインの機能が使えるようにならないということです。

Google XML Sitemapsを使いサイトの更新情報を検索エンジンのクローラーに送信するためには、ウェブマスターツールを使ってサイトマップを送信しておく必要があります。

まず、ウェブマスターツールでサイトマップを送信するサイトのダッシュボード画面を表示し、右端の『サイトマップ』というボタンをクリックしましょう。

ウェブマスターツール ダッシュボード

次に『サイトマップの追加・テスト』をクリックします。

サイトマップ送信

次に、入力欄にサイトマップのURLを入力していきます。

サイトマップ送信

サイトマップのURLは、Google XML Sitemapsで確認します。

WordPressのダッシュボード画面から『設定>XML Sitemaps』と進むと、サイトマップのインデックスURLが記載されていますので、そちらのURLと、ウェブマスターツールのサイトマップの追加/テストのURLが一致するようにコピーして貼り付けましょう。

サイトマップURL

『XML Sitemap Generator for WordPress 4.0.7』の場合は、一番上に書いてあります。

こちらをコピー・アンド・ペーストしてウェブマスターツールで送信後、ページを更新すると『保留』と表示されると思いますが、時間が経てばサイトマップの送信数などが表示されるようになります。

ウェブマスターツール

 

最後に

 

以上でGoogle XML Sitemapsを使ってサイトマップをウェブマスターツールに送信する方法の解説は終わりです。

WordPressに慣れていない段階だと、今自分が何をやっているかよくわからないかもしれませんが、誰もが通る道なのでしっかりと作業を進めてみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年11月24日
最終更新日:2014年7月5日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ