WordPressでビジュアルとテキストが切り替わらない!問題のプラグインと対処法

WordPressをバージョン3.9にアップデートしたところ、記事投稿画面でテキストモードからビジュアルモードに切り替わらないという問題に直面しました。

この問題を解決する方法はすぐに見つかりましたが、その対処法を取ることで、また新たな問題が生じてしまうというマイナスのスパイラルに陥ってしまいました。

そこで、いっそのこと、WordPressをダウングレードしてやろうかとも思ったんですが、意外にもとても簡単な方法で解決ができたので、本記事では問題となったプラグインと、最終的な対処法をご説明してまいります。

HTML

photo credit: Simon Pow via photopin cc

 

問題のプラグインはPS Disable Auto Formatingだった

 

どうやら、僕が愛用しているプラグイン、PS Disable Auto Formatingと最新版のWordPressの相性が合わなくて、ビジュアルエディタとテキストエディタの切り替えができなかったようです。

そこで、PS Disable Auto Formatingを停止したところ、エディタの変更が今まで通りできるようになりました。

しかし、問題なのはPS Disable Auto Formatingが使えないこと。

参考:WordPressで改行ができないときに役立つプラグイン!PS Disable Auto Formating

上述の記事でも紹介している通り、ビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えた時に、<br>と<p>タグが勝手に除去されてしまうんですね。

それによりビジュアルエディタで作成した文章が、テキストエディタに変更すると崩れてしまい、結局見た目が悪くなる。僕は感覚的にスイスイと作業できるビジュアルエディタを使って文章を書くので、自動整形機能によって勝手にbrが消えてしまうのがとても困るのです。

しかしアップデートしたWordPressの新バージョンとの相性が悪いということで、プラグインの最新バージンを更新できるようになるまで待つかと考えていたところ、盲点だった解決方法がありました。

 

プラグイン『Tiny MCE Advanced』の設定変更でタグの不具合を解決!

 

解決方法は、プラグインTiny MCE Advancedの設定を変えること。Tiny MCE Advancedは、記事投稿画面のビジュアルエディタを使いやすくしてくれるプラグインですが、今までずっとインストールして有効化してからは特に設定を変更することなく放置していました。

しかし、このプラグインの設定を次のように変更することで、タグの自動整形機能をストップしてくれるとのこと。

Tiny MCE Advanced

 

Advanced Optionsの部分を、このように一番下の項目にチェックをいれます。

すると、pタグとbrタグがテキストモードでもそのまま残されるようになります。

 

最後に

今回は備忘録のような形で、先ほど行った作業を記事にて紹介させていただきました。

それにしても、半年くらい使い続けたTiny MCE Advancedにこのような機能があったとは知りませんでした・・・

こんなに簡単に設定が可能なら、前述のPS Disable Auto Formatingは必要ないかなと思ってます。とりあえずTiny MCE Advancedの機能で様子見ですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年4月20日
最終更新日:2015年9月9日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ