画面をスクロールしてキャプチャができる!Awesome Screenshotの使い方

スクロールが必要な縦に長いWeb画面を簡単にキャプチャしてスクリーンショットを撮るには、Google Chromeの拡張機能、『Awesome Screenshot』を使用することがオススメです。

コンテンツの作成等で、スクリーンショットを使う機会は非常に多く、今までは『Rapture』というフリーソフトを何の疑問もなく使い続けていたのですが、Raptureはブラウザで見えている画面しかキャプチャすることができないため、縦に長い画面を切り取りたい場合は非常に困っていました。

泣く泣く数回にわけてキャプチャするなど、かなり面倒くさいことをやっていたのですが、『画面をスクロールしてキャプチャする方法がないわけないよな』と思い、探したところ、とても便利な機能をChromeの拡張機能で見つけたので、使い方を紹介しようと思います。

medium_698692268

photo credit: marcomagrini via photopin cc

 

Awesome Screenshotの使い方を動画で解説

 

 

 

Awesome Screenshotの使い方

 

機能をインストールする

 

Chromeのストアに行き、『Awesome Screenshot』と検索し、ダウンロードのボタンをクリックします。もちろん無料です。

Awesome Screenshot

 

アイコンが追加される

 

『Awesome Screenshot』のダウンロードが完了すると、右上にレンズのようなアイコンが表示されます。

このレンズのアイコンをクリックすると、任意の位置でキャプチャを撮ることができるます。

 

レンズ

 

キャプチャをする

 

レンズのアイコンをクリックすると、以下のように表示され、好きな方法でキャプチャをとることができます。

 

キャプチャ

 

  • Capture Visible Part of Page : 見えている部分だけキャプチャする
  • Capture Selected Area : 自分で範囲を選択してキャプチャする
  • Capture Entire Page : ページのすべてをキャプチャする
  • Select a local image : 画像を自分で選択する

 

『Capture Selected Area』では、スクロールをして範囲を選択することができます。かなり便利です。

 

キャプチャーした画像を編集する

 

キャプチャをとった後は編集画面に移ります。下の画像の赤枠で囲った部分から様々な編集をすることができます。

 

screenshot

 

 

左のアイコンから順に解説をしていくと、以下の通りです。

 

  • スクリーンショットをトリミング(切り取り)
  • 枠線(長方形)
  • 枠線(楕円)
  • 矢印線
  • 直線
  • 自由線
  • ぼかし(モザイク)
  • 文字入力
  • 枠線や文字の色の変更

 

Raptureでは、画像編集ソフトを使わないとできなかったことも、編集ページで感覚的に行うことができるので非常に便利です。編集が終わったら、『完了』をクリックして、画像を保存しましょう。

 

『Rapture』との併用

 

ここまで、『Awesome Screenshot』が使いやすいと、『もうRaptureなんていらないんじゃ・・・』と思うかもしれませんが、『Awesome Screenshot』はあくまで、ウェブ画面しかキャプチャーすることができないんですね。

そのため、ウェブ画面ではないページや画面をスクリーンショットしたい場合は、Awesome Screenshotではなくて、Raptureを使う必要があります。現にこの記事で載せたスクリーンショットのうち、いくつかはRaptureを使いました。

より、使いやすいソフトを見つけたらわかりませんが、当分はウェブ画面のキャプチャはAwesome Screenshot、それ以外はRaptureと使い分けていこうと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年4月28日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ