ネットビジネスにおける作業量と作業時間の考え方

ネットビジネスを実践していて、一日の作業を振り替える際、2通りの振り返り方をすることができます。

1つは『今日は何時間作業をした』と作業時間を目安にする方法、もう1つは『今日は◯◯を何個作った』というふうに内容を目安にする方法です。

僕もアフィリエイトなどの指導をしている時に作業報告をもらうことがあるのですが、やはり作業報告の仕方も時間目安タイプと内容目安タイプの2通りにわかれますね。

どちらも、『作業の報告をしている』という点では同じですが、この2つの報告の違いはネットビジネスに対する考え方の違いを如実に表していると言えます。そして、この点に『ネットビジネスの本質を理解しているか』がハッキリと現れてくるので、この報告の仕方ひとつで『この人は稼げるか、それとも今のままでは稼げないか』がなんとなく見えてきます。

そこで、今回はネットビジネスにおける作業量と作業時間の考え方について考えていきたいと思います。

 

time

 

ネットビジネスの作業量と作業時間の考え方を動画で解説

 

photo credit: Chapendra via photopin cc

 

ネットビジネスと成果収入

 

そもそも、ネットビジネスはどのようにして収入を得られるかというと、我々があげた成果によって収入が決まるわけです。独自商材をどれだけ売ったとか、商品をどれくらいアフィリエイトしたとか、広告をどれだけクリックしてもらったとか、とにかく全ては成果によって決まります。

アルバイトや会社勤め、公務員であれば会社と交わした契約によって時間給を頂くため、『どれだけの時間働いたか』という概念が重要になるのですが、成果で収入が決まるネットビジネスであれば、1日20時間働いても成果が0なら収入も0ですし、逆に1時間しか働いていなくても100万円稼ぐことだって可能なわけです。

つまり、ネットビジネスの作業を振り返ったり報告をする際に、時間を基準にしてもあまり意味がないということですね。

参考:ネットビジネスにおける収入のレベルの上げ方

 

ネットビジネスで成果を出すために

 

ネットビジネスで成果を出すためには、端的に言うと、『お客さまに価値を届けること』が重要となります。値段以上の価値を示すこと、すなわち、お客さまが『こんな商品がこの値段で買えるなんて!』とびっくりしてくれれば、成果を出すことが可能になるわけです。

そして、価値を高めるためにはどうすればいいかというと、最も簡単でシンプルな方法は『質と量』の両面で圧倒的なコンテンツを作っていくことなんですね。

『質量転化』という言葉があるように、質を最初から求めるのではなく、まずは圧倒的な量をこなすことを意識することが重要です。

一見すると非効率に思えるかもしれませんが、とにかく量をこなし自分の経験とスキルを高めることで、それまでにこなした量が、高い質を生み出すタイミングが訪れます。

そのため、まずは量をこなしていくということを意識しましょう。

 

作業時間よりも作業量を大切に

 

以上の説明からもわかるように、ネットビジネスを行う時には、『何時間やったか』ではなく、『何をどれくらいやったか』を重視すべきです。

とにかく量をこなすことがネットビジネスで稼ぐための最短ルートであり、結果として一番楽な方法となります。ネットビジネスでは真剣に量をこなして頑張っていると、いずれ『過去に作ったコンテンツが勝手に稼いできてくれる』という現象も起こるようになります。

ただし、量をこなすと言っても1日に使える時間は限られています。1日はどう転んでも24時間しかありませんし、主婦の方やサラリーマンの方の場合は、その中でネットビジネスに使える時間は本当に限られてきますよね。

そのため、限られた時間の中でいかに効率よく量をこなすかということを考えなければいけないのです。そう考えると、『今日は何時間作業した!』という報告は何の意味もないことがわかるはずです。

大事なのは量であり、時間は量をこなす上での目安にしかなりませんからね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。ネットビジネスで初心者が効率よく稼げるようになる方法をメルマガで解説しているので、よかったら登録してみてくださいね。

>>メルマガに登録する

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年5月12日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ