平凡な就活生の『内定の取れないありきたりな志望動機』

内定とれない

少し景気が上向いてきたとは言え、まだまだ就活生にとっては『売り手市場』というわけにはいかないようですね。

大学生の新卒内定率が上向いてきたとは言っても、内定先企業はピンきりですし、そもそも内定率は公務員試験浪人や就職留年などは含んでいません。新卒で就職する意思がある学生の中で内定をとれた学生の割合なので、『今年はもう諦めよう』と思った学生は計算に入れていないんですよ。

それでは、内定率は高くなって当然ですし、倍率の高い人気企業に入ることは、高学歴の就活生でも至難の業となっています。

ということで、自分自身の就活の経験も踏まえて、『内定が取れない人のつまらない志望動機』について考えてみます。

志望動機のテンプレートを語っても面接で落ちます

 

OB訪問や就活対策本などから、『志望動機の作り方』を学ぶ機会は多いですが、その方法は基本的に皆同じではないでしょうか。

自己分析をして、自分の輝ける瞬間や、自分が幸せを感じる条件を洗い出して、志望する企業を選び、企業の特徴に照らしあわせて志望動機を作る。

世の中の大半の就活生がこういう流れで志望動機を作っています。

それでは、世の中の大半の就活生がこういう流れで志望動機を作っているなら、何で差別化がなされるのでしょうか?志望動機に込められた熱意でしょうか?それとも、面接官とのフィーリングでしょうか?

もちろん、それらも1つの要因にはなるでしょうが、基本的にはスペックの高い就活生から順番に受かっていくでしょう。

同じような流れの志望動機を話しているのであれば、高学歴、体育会、留学経験、起業経験、学問での成果など誰が見てもスペックの高い人から順番に内定は出されると考えるのが現実的です。

いくら熱意や協調性をアピールしたところで、誰もが話すようなことしか話せないと、単純なスペックに強いライバルに勝てるわけがないのです。

自己分析よりも企業研究を

 

それでは、いわゆる『平凡な学生』がハイスペックな学生に勝つためにはどうすればいいのかというと、単純に同じ土俵で戦わず、違った戦い方をすればいいのです。

一般的な就活生はだいたいテンプレートに則って、自己分析をベースにした志望動機を語る一方で、企業研究や業界研究は甘いことが多いです。

そして面接官に『なんでうちの会社なの?』と聞かれたときも、『◯◯さんにOB訪問させていただいた際に、御社の社風の素晴らしさを感じて』みたいな平凡でありきたりなことしか返せないんですね。

それでも受かる人は受かりますが、それだとスペックの勝負になってしまいます。

そこでスペック勝負で勝てない就活生は、とにかく企業の研究をすることです。その企業がどういう役割を果たしているのか、今後の経済はどう推移してその会社はどうなっていくのか、その企業の根底にあるものとは何か、なぜその会社が生き残ってこれて、今後も成長していくと断言できるのか、そういったことを自分なりに調べて考えて仮説を立てましょう。

そして、自分なりの仮説を交えながら、その企業が好きになった理由をキラキラした目でイキイキと面接官に伝えるのです。

こんな志望動機を話す就活生はそうそういません。ほとんどの就活生が『信頼』とか『社会貢献』とか曖昧で感情的な志望動機に終始しています。

もちろん、企業研究型の志望動機を言ったからといって内定がもらえるわけでもありませんし、難しいものは難しいと思います。

ただ、スペックで劣っている以上、誰でも言いそうなことしか言えず、何の印象も与えられないまま面接を終えるよりは遥かにチャレンジしてみる価値があることは断言できます。

本当の働きがいとは

 

希望する会社に入れたけど現実は残酷だったという人もいれば、気に入らない会社に入ったけど居心地が良くて社会人生活が楽しい!という人もいます。

実際に僕の場合は、個人でやっているネットビジネスが楽しくてしかたがないという状態ですが、今後はこうして『会社員生活が楽しくないから、自分でビジネスやっちゃおうぜ!』という人がどんどん増えていくでしょう。

なので、就活が思うようにいかなかったり、希望する会社に入れなかったとしても、そこで絶望するのではなく、会社に入るだけが働くということではないし、他にも楽しく生きていく方法があるんだと思っていてください。

そうした将来への不安を少しでも解消するような情報を無料メルマガにて発信しているので、よかったらぜひ登録してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年5月29日
最終更新日:2014年7月14日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ