トレンドアフィリエイトのSEO強化術!アクセスを集める記事の書き方とは

asian girl

トレンドアフィリエイトでは検索エンジンで記事を上位表示させるためにSEO対策を施していく必要がありますが、適切な方法をとれている人は非常に少ないという印象を受けます。

例えば、『キーワード選定を施して、キーワードを詰め込んだタイトルを作る』というくらいはできている人が多いですが、それ以外となってくると、あまり効果的に記事を作れている人はいないなという印象です。

特に『文章の書き方』という点に関しては、意識して書かれているトレンド記事が少なく、せっかく労力をかけて記事を作っても、ポテンシャルを生かしきれないのであれば非常にもったいないです。

労力に見合った成果を得るためにも、『アクセスを集めるための記事の書き方』をして、トレンドアフィリエイトのSEOを強化していきましょう!

トレンド記事のライティングとSEOを動画で解説


 

SEOを意識した文章 ≠ いい文章

 

まず、前提として抑えておきたいのが、SEOを意識した文章は、必ずしも世間一般的に面白いとされる良い文章とは限らないということです。

というのも、面白くて良い文章を書く際には、”読み手をどういう気持ちにさせるか”という点を意識しますが、SEO的に優れた文章を書く際には、”検索エンジンのクローラーに正しく伝えたいことを伝えられるか”ということを意識していく必要があるのです。

つまり、SEOを意識した文章と世間一般的な良い文章では意識をするポイントが異なるため、必ずしも読みやすくて面白い文章がSEO的にも優れているというわけではないのです。

それではどういう文章を書けばSEOを強化できるのか、実際に条件を挙げていきます。

紹介する順番=優先度の高さとなっているので、1番から優先的に実践してみることをオススメします。

1,重要なキーワードはタイトルの左側に!

 

『何という単語で検索された時に、自分のサイトが表示されたいか』という観点でキーワードの選定を行いますが、選定したキーワードは必ずタイトル内で使用するようにしましょう。

また、キーワード選定からのタイトル付けを行う際には、恐らく複数のキーワードを使うことになると思います。

その際には、タイトルの左側で用いたキーワードから重要度が高いと見なされるので、最も重要なキーワードは必ず左の方で使うようにしましょう。

例えば、この記事のタイトルにもいくつかのキーワードが用いられていますが、『トレンドアフィリエイト』という言葉を最も検索エンジンのクローラーにアピールしたいため、一番左で使用しています。

 

2,見出しタグ内部にキーワードを使う!

 

『見出しタグ』内に用いた単語も、検索エンジンのクローラーが重要だと認識してくれるので、見出しタグ内にも適切なキーワードを必ず使用するようにしましょう。

見出しタグは、記事の見栄えを良くするというだけでなく、SEO対策にも非常に効果があります。なので、インパクトや面白さを狙うよりも、わかりやすく検索エンジンに伝えることを意識した方がいいですね。

また、見出しタグは不自然な使い方をすると悪影響を及ぼしかねません。

例えば、『H1の後にH3が来てH2に戻る』とか、『H5から始まってH4、H3と逆方向に進む』といった使い方をするのではなく、原則として小さな数字から大きな数字という流れを守るようにしましょう。

3,重要な位置にアピールしたいキーワードを配置する

 

検索エンジンが重要だと認識する位置に適切なキーワードを配置することで、SEO効果を高めることができます。

記事内における重要な位置には以下のものがあります。

 

  • 記事の冒頭
  • 記事の最後
  • 段落の最初
  • 段落の最後

これらの位置に、意図的にキーワードを設置することで、検索エンジンに『この記事はこのキーワードに関して詳しく書かれている記事ですよ!』とアピールしていくことができるのです。

極論を言えば、記事の最初に挨拶とかどうでもいい話題を入れるのではなく、いきなり本題に入ってキーワードを上手く1行目から使っていくことが効果的となります。

4,文章内のキーワード出現率を上げる

 

上で紹介した3つほど重要度は高くないかもしれませんが、文章内におけるキーワード出現率もSEOに影響を及ぼします。

例えば、これも極論と言えるかもしれませんが、『カレー』をキーワードにした際に

『僕はカレーが好きです。特にインド風が好きです』

『僕はカレーが好きです。特にインド風カレーが好きです』

という2つの文章では、後者の方がSEO的には優れた文章ということになり、検索エンジンに『この記事はカレーについて書いた記事ですよ!』というアピールができるのです。

よく芸能関連のトレンドサイトで、芸能人の名前を『彼』とか『彼女』といった代名詞を使って書いている記事を見ますが、キーワード出現率という点では非常に勿体無いなと感じられます。

スマートな文章を書くという視点では代名詞は使い勝手が良いですが、『検索エンジンにアピールする記事を書く』という視点では、できるだけ丁寧にキーワードを用いた方がいいですね。

不自然なキーワード乱発はスパムになるので注意!

 

SEO効果を高める記事の書き方を解説してきましたが、気をつけなければいけないことが一点あります。それは、『不自然なキーワードの乱発はスパム扱いになる』ということ。

SEOを強くしたい、キーワードで上位表示させたいと思って、あまりにも不自然なほどキーワードを多用しまくったり、キーワード出現率が高くなりすぎると、検索エンジンとしても『このサイトは意図的に検索順位を挙げたがってるだけのどうしようもないサイトだな』と勘ぐってしまいます。

SEO対策は非常に重要ですが、過度なSEO対策はスパムを受けペナルティに発展しかねないので、読者目線に立って自然だと感じる範囲内で、今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年6月6日
最終更新日:2014年7月26日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ