アフィリエイト後発組は稼げないというウソ。ネットビジネス初心者の戦略は?

ready

ネットビジネスやアフィリエイトではよく『後発組は稼げない』ということが言われています。

いったいどこを基準として『先発』、『後発』と区分されているのかはわかりませんが、『多くの人はネットビジネスの業界は飽和しているから、新しく入ってきても思うように稼げないよ。』と言うのです。

また、ネットビジネス系のブログやメールマガジンを読むと、既に世間一般常識とはかけ離れた額のお金を自由に稼いでいる人がわんさかといて、『こんな人たちがしのぎを削っている世界に新しく入っても上手くいくのだろうか』と心配な気持ちになることも理解できます。

実際に僕のメールマガジンにも『月収100万円超えの人がゴロゴロいるなかで、その人達に勝っていかなきゃいけないと思うと尻込みしてしまう』という内容の相談メールが最近ちらほらと届いています。

ということで今回はネットビジネスの先発組・後発組論争と、アフィリエイト初心者の戦い方について思うところを書いていきます。

『後発組稼げない』作戦に騙されるな!

 

まず、前提としてネットビジネスの後発組(?)は稼げないという噂の真偽ですが、個人的には全くのウソだと考えています。

その理由は後々しっかりと説明しますが、そもそも先発とか後発を区別する基準もよくわかりませんし、結局は先発や後発というのは絶対的な評価軸がなく、相対的に判断するしかないので、あくまで『特定の他人と比べて先か前か』というだけの違いでしかないです。

そもそも、先とか後というのはネットビジネスに限らず一般的な企業でも、飲食店でも美容院でもどんな世界でも言えること。わざわざネットビジネスの世界だけで騒ぐようなものでもありません。

話を戻すと、多くのアフィリエイターやビジネス実践者は、商品を販売したりアフィリエイトしてお金を稼ぎたいわけです。

セールスを行う際にはコピーライティングが必要になりますが、コピーライティングの初歩的なスキルの一つに、『読み手を不安にさせた上で、その不安を解消する方法を提供する』というものがあります。

つまり、『後発組は稼げません』というメッセージは、新規参入者をターゲットに、『今のままでは稼げない』と煽って不安にさせ、その解消策となる新たな商材を販売するための作戦にすぎないのです。

 

ネットビジネスのステージと初心者が戦う領域

 

それでは、『なぜ後発組でもしっかりと稼げるのか?』という理由ですが、端的に言うと、ネットビジネスは現状で稼いでいる金額によって勝負をするフィールドが異なるためです。

極論ですが、あなたがまだ0円も稼いでおらず、『これから徐々に収入を増やしていこう』というレベルにあるとします。その場合あなたは最初の月収5~10万円程度を目指していくことになりますが、そこで月収1,000万円クラスの人と競合することは、99%ないと言ってもいいでしょう。

なぜなら、既に多くの金額を稼いでいる人は、より高いステージに上がって、より高度なマーケティングにより収入の自動化を図っているためです。

具体的には初心者向けの手法としてアドセンス広告を用いたトレンドアフィリエイトがありますが、メール1通で1000万円を稼いだり、セミナーを開いたり、神のような領域にいる人とは、明らかにトレンドアフィリエイトで本格的に競合することなどありません。

つまり、初心者には初心者が勝負できるフィールドがちゃんとあるということですね。

 

ブランディングとファンづくりで競争の無効化

 

ネットビジネスで大きく稼いでいる人は皆、もれなくメルマガを用いたダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)の手法を実践しています。

DRMの良い所は、メルマガ読者(見込み客)との間に信頼関係を構築することができるため、魅力的なブランディングを作ることができるところです。

ブランディングを作ることでどのようなことが起こるかというと、メルマガ読者があなたの熱狂的なファンになってくれます。

そして、濃いファンが多く存在するようになると、競争をすることなく無条件であなたの商品や企画が売れていくようになります。

例えば、村上春樹の熱狂的なファンは、村上春樹の新作が出た際に『村上春樹の小説と他の作家の小説どちらを買おう』とはまず迷わないでしょう。

それと同様に、あなたのブランディングを高めて濃いファンが生まれることで、ほかのネットビジネス実践者との競争はなくなるのです。

従って、DRMに則ってブランディングを高めていくという意識があるならば、『先発か後発か』という議論をする必要もないことがわかると思います。例え後発であろうと新規参入者だろうとファンを作っていけばいいだけの話ですから。

 

ネットビジネスの後発者利益

 

どんな業界でも先行者が有利とされていて、ブルーオーシャンで荒稼ぎできるという『先行者利益』が強調されることは非常に多いです。

しかし、最近では家電メーカーを中心に中国などアジア企業の『後発者利益』が注目されています。

既に先行者が作ったフォーマットに則って、より安くシンプルで使いやすい商品を作ることで、売上を拡大している企業が増えたことで、日本メーカーは深刻な打撃を受けています。

よく『中国メーカーはパクリだ』という批判もありますが、そこを批判するのはビジネスの本質からずれていると言わざるを得ません。

大事なことは、技術の発展により、『モノづくりの簡略化』が可能になり、技術力がないとされる企業でも簡単に同様の製品が作れるようになったこと。そして、現実問題としてその後発製品が売れているということです。

ネットビジネスの世界でも同様に後発者利益は特に初心者の段階では確実に存在します。

当然、独創的なアイデアで他人がやったことのないことをいち早く取り組むことができれば、先行者利益を手にすることができますが、ネットビジネスの初心者の段階で何も分からないにも関わらず『独創的なことをやろう!』というのはかなり無理があると思います。

幸いなことに、偉大なる先行者の方々が、再現性の高いノウハウをたくさん編み出してくれて、0から月収100万円を達成するためのビジョンを残してくれているわけなので、まずはアジアメーカーのようにそれらを徹底的にパクって結果を残してしまいましょう。

再現性の高いノウハウを真似できるというのは紛れもなく後発者のメリットです。実践を重ね、ある程度のレベルまで達してから新しいことについて考えていけばいいのです。

それまでは後発者利益を存分に生かして、実績を積み上げていくことを意識すれば成功することはできますよ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年6月6日
最終更新日:2014年7月14日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ