インデックス速度を速くするための7つの方法 | 検索結果に速攻で記事を表示させよう

インデックス速度 速くする方法

ブログ運営者なら、インデックス速度を速くする方法に興味がない人はなかなかいないと思いますが、どうすればインデックス速度を速くすることができるのでしょうか?

ここでは、僕の今までのブログ運営やブログアフィリエイトのコンサルティング経験から、少しでも効果があると感じた方法を紹介していきます。

なぜインデックス速度を早くすべきか?

『インデックス』とは、検索エンジンに自サイトのコンテンツ(記事)が登録されることです。

つまり、設定したキーワードや記事タイトルなどで検索をかけた時に、自分の記事が表示されたら、自分が作った記事がインデックスされたという状態になります。

それでは、なぜインデックス速度が重要になるかというと、速くインデックスさせることができたら、その分アクセス増加の機会が増えるからです。

特にブログ収益化に熱心な人は、ニュースやリアルタイム検索などトレンド性の高いキーワードをチェックして記事ネタを選定することもあると思いますが、検索需要のピークがすぎてから記事がインデックスされてもアクセスはほとんど集まりません。

一方で、記事を書いて即座にインデックスさせることができたら、より高い確実性を持ってアクセス増加チャンスを活かすことができますよね。

そういう意味でも、『いつインデックスされるかわからない!』という状態よりも、『記事を書いたらすぐにインデックスされる』ことが分かっている場合なら、ある程度は記事ネタ選定の際に見通しが立てやすくなりますよね。

さて、ここからは早速インデックス速度を速くするためのテクニックを紹介していきます。

サイトマップの送信を行う

Googleに対してウェブマスターツールからサイトマップの送信を行うことで、サイトの更新情報をこちらからGoogleに伝えることができます。

サイトマップとはサイトの構造を記すものですが、記事を追加したり更新した際に、その構造情報をGoogleに伝えることで、どこが更新・変化したかをこちらから検索エンジンにアピールすることができます。

一般的にはサイトの更新情報はGoogleのクローラーに見つけてもらわないといけませんが、そのような受身の姿勢なら、いつ見つけてもらえるかわかったものではありません。だからこそ、こちらから能動的に更新情報を伝えよう!ということですね。

ちなみにWordPressなら、Google XML Sitemapsというプラグインを入れることで、簡単に検索エンジン用のサイトマップを生成することができます。

参考:Google XML Sitemapsの使い方や設定方法

Fetch as Googleを用いる

Fetch as Googleとはウェブマスターツールに登録されているサイトで使用することができる機能で、サイトの更新情報のインデックスをGoogleに対してお願いすることができます。

もちろん、あくまでお願いなので、確実にインデックスのリクエストがかなうわけではありません。

ただ、僕の経験上ではFetch as Googleを使った後、数分で新規投稿記事がインデックスされたこともありました。

記事投稿後からFetch as Googleをするのには1分もかからないので、やらないよりはやった方がいいでしょう。

参考:Fetch as Googleのやり方を解説

インデックスを促すプラグインを用いる

WordPressでサイトを運営しているなら、サイトの更新情報を自動的に即座にGoogleに伝えることのできるプラグインがあるので、それを用いることでインデックス速度の向上が期待できます。

『PubSubHubbub』や『PuSHPRESS』などが有名ですね。

この辺りをインストールして有効化しておきましょう。

記事の更新頻度を上げる

記事の更新頻度が低いサイトよりも高いサイトの方が、Googleも重要なサイトだと認識してくれるので、インデックスが速くなります。

なぜなら、記事の更新頻度が低いと、クローラーが巡回してきても、『またいつもと変わらないままだな』と思われてしまうので、クローラーが回ってくる頻度が下がってしまうからです。(もしあなたがサイトの更新情報を見て回る仕事をするとしたら、更新がないサイトは頻繁に訪れないですよね?)

なのでインデックス速度を速くしたいなら、常に変化しているサイトだということをGoogleに対して伝えないといけません。

ただ『更新頻度さえ高ければいいんだ!』と思って質の低い薄っぺらな記事ばかり更新しないでください。

質の低い記事にあふれたサイトはGoogleも評価してくれないため、インデックスも早くならないし上位表示も難しいでしょう。

インデックスさせたい記事にアクセスを集める

アクセスがたくさん集まっている記事はGoogleも見つけやすいですし、『アクセスが多い記事=重要な記事』という認識もされやすいので、検索エンジン上でのプレゼンスも大きくなります。

インデックスされていない記事でもアクセスを集める方法はたくさんあります。

人が集まっている場所にリンクを載せたり、TwitterやFacebookなどのSNSで拡散をさせたり…。

速急にインデックスさせたい記事があるなら、記事投稿と同時に検索エンジン外からのアクセスアップも目指していきましょう。

重要なサイトや記事からリンクをもらう

1つ前の項目と少し話はかぶりますが、重要なサイトだとGoogleから認識されているサイトからリンクを貰うことで、インデックスさせたい記事も重要なコンテンツだと認識させることができます。

最も簡単にできるのは、自サイトの中でも既にアクセスが集まっている記事から、インデックスさせたい記事に内部リンクを送ることですね。

誰も書いていないキーワードで記事を書く

これはあくまで経験値に基づいた話なのですが、ライバルが少ないキーワードで記事を書く際には、インデックス速度が比較的速い傾向にありました。

Googleがコンテンツの重要性を重視しているのなら、誰も書いていないキーワードで記事を書くと、その記事はそのキーワードにおいて相対的に最も重要な記事ということになりますよね?他にそのキーワードをカバーしている記事は存在しないのですから。

また、そうすることで記事の重要性の高さをGoogleにアピールすることができるので、それ以降に書いていく記事もすぐにインデックスされやすくなります。

 

以上、検索エンジンへのインデックス速度を速くするための7つのテクニックを紹介しました。

ぜひ、日々のブログ運営にお役立てください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2015年11月16日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ