お金に対する偏見や貧しい価値観を払拭しよう!【稼ぐ人の考え方】

お金 価値観

お金をもっと手にしたいと心の何処かで思っていても、なんだかお金とは縁の薄い人生を送っている人がいます。

その原因は、才能や能力、あるいは努力不足が招いたものでしょうか?

それも一理あるかもしれませんが、もっと根本的なところが問題となっているケースは非常に多いです。

その問題とは『お金に対する偏見や貧しい価値観』を持っているせいで、お金から嫌われるライフスタイルを送ってしまっていること。

特に日本ではお金の話はタブーとされているし、公にお金の話をすることは品のない行為だという暗黙知がある。そのため、お金のことをちゃんと知るための情報収集もしないし勉強もしない、よく考えようともしない人がほとんどです。

その結果、気づいたら『新しいことを学ぶ』ためのバイタリティがすり減ってしまう齢になっていて、『お金はよくわからなくて怖いもんだ』という社会の偏見がこびりついてしまっている。

これではお金を増やすことなんかできやしません。

異性にモテる人特有の考え方の傾向があるように、お金にモテる人特有の考え方があります。まずは余計な偏見を取っ払って、上手くいくひとの考え方を取り入れてみることをオススメします。

お金は悪だという固定観念を捨てる

特に日本人に多いのが『お金が悪』だという固定観念です。

親や身近な大人たちから『お金は汚いもの』と教えられる人が多いため、そのような考え方が根付いているのかもしれません。

また、お金が原因となるような揉め事や犯罪が多かったり、お金を手にしたことで性格が豹変してしまう人の存在が、『お金は近づかない方が良いもの』という価値観を形成しているのかもしれません。

でも、よく考えてみてください。

結局のところ、揉め事や犯罪の原因となるのは、お金じゃなくて当人の『心』の在り方の問題です。

性格が豹変するのも、その人の心が弱いだけの話。お金は単なるキッカケにすぎません。

自分自身の心に問題があるのに、それをお金のせいにするのって、卑怯で下劣な行為だと思いません?(笑)

お金には非常に便利なツールとしての側面がありますが、それを使う人の使い方しだいで、効果はいかようにも変わります。

包丁だってそうですよね。美味しい料理を作って人を喜ばせることもできれば、誰かを物理的に傷つけることもできる。

ツールそのものが悪だなんてことはありえないのです。

お金はコミュニケーションツール

お金は使い方次第で効果はいかようにも変わるといいましたが、最も代表的なお金の使い方は『価値の等価交換』ではないでしょうか。

すなわち、欲しいものを手に入れるための交換ツールとしてお金を使用する。

古代中国では貝殻がお金の役割を果たしていたと言われていますが、物々交換の際に生じる需要と供給の不一致や手間暇を解消するために、交換の基準として『お金』という概念が誕生しました。

ここで考えてほしいのは『欲しい物を手に入れる』というのは、いわゆる交渉であり、コミュニケーションなわけです。

『欲しい本があるから、それを持っている人に何とか交渉を持ちかけて、その本をGETする。』

そんな過程を口頭でのコミュニケーションだけで成立させようというのは非常に難しいので、僕らは所有者側が提示する金額を支払うことで欲しい本を手に入れることができます。

すなわち、お金とはコミュニケーションの面倒くさい過程をシンプルに解決してくれるものでもあるのです。

もちろん、『物々交換』以外にもお金の持つ役割は色々あります。

誰かを応援すること(投票行為)、自信の裏付けや見せびらかし、感謝の気持ちを示すこと、などなど様々な用途でお金は使われますが、その全てに『他者との関係』が関わってきます。

お金とはコミュニケーションに密接に関わるツールである。

その前提を理解すると、お金に対する偏見や穿った見方もだいぶ解消されるのではないでしょうか。

お金を持つことで価値提供が可能になる

自分自身がお金を持つためには、誰かからお金を受け取らなくてはいけません。

じゃあ、誰かがあなたにお金を渡す理由は何か、と考えたら『あなた自身やあなたが提供するサービス・商品に価値があるから』と考えるためです。

つまり、お金持ちというのは、彼らが差し出している物が持つ価値の大きさによってお金持ちになれているということです。(詐欺師は長期的に見たらお金を失うので、ここでは除外します)

従って、お金を持つことで誰かに価値提供ができるようになり、誰かの役に立つことができるというマインドを持つことは非常に大事です。

『お金は汚いものだから多くを手にしてはいけない』という価値観で生きている人は、自分が受け取るものも少ない代わりに、自分が提供しているもの、自分が貢献できているものも少ないということになります。

『受け取らないし与えない生き方』はなんとも寂しいものです。それよりは、どんどん与えてどんどん受け取る生き方を選ぶ方が、自分自身も豊かになるし周りからも感謝されるので、楽しい人生を送れると思うのですが。

また現実問題として、お金を持つようになれば、それを大切な人を喜ばせるために使うことで、非常に単純な形で他者貢献ができるようになります。それに加えて、持たない人よりも多くの税金を収めなくてはならないので、必然的に外部への貢献ができるようになりますからね。

豊かに生きることができている人は、『多く与えて多く受け取る。そして受け取った物を使って更に与える』というサイクルが回っているのです。

『金は天下の回りもの』と言いますが、自分の元に溜め込むことで満足している人は、本当に豊かになることはできません。

お金に好かれたければお金を好きになることから

お金に縁がなく他者貢献にも縁がないライフスタイルは寂しいものですが、その原因はお金に対する偏見や貧しい価値観であることがほとんどです。

お金は卑しいものだと思っている人の元には、お金が入ってくるわけがありません。

そりゃあそうですよね。

誰が『卑しい』と思っているものを好き好んでたくさん手に入れようと本気で頑張ることができるでしょう。

それに、お金サイドの気持ちになって考えてみてください。『お前って卑しくて下品なヤツだよな~』と言われたら、確実にその人のことを嫌いになりますし、その人の半径3m以内には近づかないようになります。

恋愛でも好きな人を落としたいと思ったら、まずはその人のことを理解することから始めますし、大前提として、その人のことが好きじゃないと振り向いてくれることはありません。

それと同じで、お金を増やしたいのなら、まずはお金のことを理解しないといけないし、大前提としてお金のことが好きである必要があります。

あなたが手に入れたい未来に『お金』が必要なら、お金に対する典型的な偏見を捨て去り、まずは好きになってあげることから始めてあげましょう。

お金のことは嫌いです。でもお金は欲しいです。

そんな子供じみたワガママが通用すると思ったら大間違いですから。

現実を見て、お金もちになるための適切な行動を起こそう!

お金のことをちゃんと考えてることを放棄する人は、『なぜ自分はお金がないのか』という厳しい現実から目を背けてしまっているため、お金を増やすための適切な行動を取ることができません。

なので、まずは現実をしっかり見た上で、『お金を手にすることで実現できる未来』のインパクトを感じ取ってあげてください。そして、『理想の未来を実現するために必要なお金』を手にするために頑張ることにコミットする。

その上で初めて、稼ぐためのアクションに集中できるようになります。

ノウハウばかりを追い求める人は非常に多いですが、前提となる目的意識がないままに手にするノウハウは、その人にとって何の意味も持たないものになってしまいますから。

今の時代は個人が自分だけのビジネスを始めるのに歴史上で最も適した時代と言われています。そして、これからの時代は更にその傾向が強まっていくでしょう。

インターネットを使えば、多くの人に対して情報を発信し価値の提供もできるようになりましたし、様々なウェブサービスのおかげで、昔だったら大きな規模で成立していた業務が、1人でパソコン1台でできるようになっています。

また、価値観やライフスタイルの多様化が進んだことで、『価値提供』の在り方も多様化しています。

1つの会社で頑張っていても給料には上限があるので、効率よくお金を増やしていきたいのなら、まずは個人でのビジネスを始めて複数の収入源を確立することから始めていくのをオススメします。

インターネットが発達して様々なサービスや商品がウェブ上で手に入る現代なら、個人が生きていくだけのお金なら、パソコン1台で十分に稼げてしまいますからね。

そのための情報や考え方は無料メールマガジンでも配信していますので、ぜひそちらもご登録をオススメします。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2016年10月19日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ