【メルマガアフィリエイト講座】GDTの公式

  

メルマガをライティングしていく際には、単に面白い話をしたりタメになる内容を書き記すだけではなく、読者の欲望を刺激するようなコピーを使うことが重要です。

そして、人間の持つ欲望を体系化し、メルマガライティングに適した形で公式化したものが『GDTの公式』です。

“GDT”とは、以下の3つの英単語の頭文字を取ったものです。

  • Goals(目標)
  • Desires(願望)
  • Teasers(本性)

3つの項目は、その中でそれぞれ3つずつに細分化されるため、GDTの公式は、3×3で9つの欲望を取り扱うことになります。

GDTの公式を動画で解説

3大目標(Goals)について

 

Goalsとは日本語に訳すと目標です。3Goalsは以下の通りです。

  • より少ない時間で
  • よりたくさんのお金を
  • より少ない努力で

人間は、『一つのことに費やす時間を少なくしたい』、『より多くのお金をほしい』、『できるだけ努力をしたくない』という目標を持っています。

(ダイエットの宣伝などをイメージしていただけるとわかりやすいのではないでしょうか。)

従って、これらの3つの目標を刺激するようなコピーを書いていくことで、高い反応を取ることができます。

3大願望(Desires)について

 

Desiresとは日本語訳すると願望のことで、行動における動機に相当します。

3Desiresは、以下の通りです。

  • 貪欲
  • 好色(性欲)
  • 快適

『貪欲』とは富や名声、名誉が欲しいという姿勢のことを指します。

『好色(性欲)』とは異性からモテたい、もっと美しい外見になりたいという欲望のことです。

『快適』とは苦痛なことから逃れたいという気持ちのことです。

この3つを刺激する内容を盛り込むことで、よりメルマガ読者の反応を高めることができます。  

3大本性(Teasers)について

 

Teasersとは日本語訳すると本性のことです。3Teasersは以下の通りです。

  • 興味
  • 物議
  • 希少

『興味』とはそのままの意味で何かの物事に関して「もっと知りたい」という思いをもつこと。  

『物議』とは、人間は常識や想定を良い意味で裏切られた場合にアドレナリンが放出されます。

例えば私の場合、過去に書店で『週4時間だけ働く』というタイトルの本に惹かれて内容をろくに確認もせず購入してしまったことがあります。

これは『人は豊かに生活していくためには週5日勤勉に働かなくてはいけない』という私の常識が良い意味で裏切られたからですが、『物議』の1つの例だと言えますね。  

最後に『希少』ですが、人は希少性のあるもの(限定品など)に魅力を感じる性質を持っています。

季節限定商品や数量限定商品は、その中身に関わらず、限定品というだけで大量に売れるケースは珍しくありません。

このような3大本性を刺激するコピーを書いていくことで、こちらが望む行動を読者にとってもらいやすくなりますね。  

最後に

 

以上、GDTの公式について紹介しましたが、T>D>Gの順に顧客の反応は高まります。

もちろん、1通のメルマガ内でGDTの公式の要素を全て使いきるのは難しいですし、文章が不自然になってしまう恐れがあります。

従って、必要な物、使えるものを絞って、文章が破綻しないように気をつけて、メルマガ全体に散りばめる工夫をしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年12月1日
最終更新日:2014年6月29日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ