収入のレベルを上げて不労所得を得る方法!給料に束縛されない生き方


 

収入のレベルアップと聞くと、どのような方法を思い浮かべるでしょうか。例えば、出世して役職が上がったことで月給が10万円増えたとか、転職でより給料の多い会社にステップアップして年収が600万から900万に上がったとか。そんなことを考えるのが一般的でしょうか?

ただ、私の考えでは、どちらの例も収入のレベルは変わっていません。そして、ネットビジネスで大きく収入を稼ぎ、自由なライフスタイルを実現させるためにも、少し違った観点から『収入』を捉えていく必要があります。会社に束縛されず不労所得を得て、お金に困らない生活を送っていきたいのであれば、尚更です。

 

収入の4つのステージ

 


 

収入には大きく分けて以下の4つのステージがあります。

 
  1. 時給収入
  2. 成果収入
  3. 継続収入
  4. 権利収入
 

それでは、先ほどの例の『出世』や『転職』はどこのレベルに当てはまるでしょうか?当然ながら、どちらも会社に属して毎月決められた額の時間給をもらっている時点で、1の『時給収入』の中で、その額が増加したにすぎないのです。

 

時給収入

 

まずは1つ目の時給収入ですが、その名前の通り、1時間あたりの時間給が決められていて、働いた時間に応じて月々の給料が決まるものです。たいていのサラリーマンやアルバイトがここに当てはまると思います。

メリットとしては極めて簡単に収入を得ることができるという点があります。実際に成果を出していなくても決められた時間だけ勤務していればそれだけでお金が舞い込んでくるわけですからね。

ただ、時給収入では、このようなデメリットもあります。

 
  • 時間を雇い主に提供しなくてはいけない。(時間の自由が奪われる)
  • 雇い主が潰れたり、雇い主から解雇された場合には収入を得る手段がなくなる。
 

しかし世の中の大半の人が時給収入で働いているため、これらのデメリットを無意識のうちに受け入れながら自らの時間と労働力を提供して会社から給料をいただいているのです。そのため、この時給収入という視点しか持っていない人があまりにも多すぎるのが現状です。

少しでも今の状況を打破していきたいのであれば、この『時給収入』という考え方からレベルアップをしていく必要があります。それでは、次のレベルを確認していきましょう。

 

成果収入

 

2つ目のステージは『成果収入』です。その名前の通り、ビジネスであげた成果に応じて収入が入ることですね。たとえ10時間働いても成果が0なら収入も0ですし、1時間の労働でも100万円一気に稼いでしまうこともできるのが成果収入です。

自分でビジネスを構築する場合は、このステージからスタートすることになります。脱サラして起業をした場合は、時給収入から成果収入へステージがあがるということになりますね。

当然ながら、サボってしまったならサボった分だけツケが回ってくるのが『成果収入』ですが、逆に少ない労働時間で大きな収入を得ることも可能な点が魅力です。

 

継続収入

 

成果収入を継続して得ることができれば、それは継続収入になります。ホリエモンの起業の条件にも、『毎月の定期収入が確保できる』とありましたが、それがこの継続収入にあたるわけです。

 

成果収入の場合は、言ってしまえば「今月は200万稼げたけど来月は0」なんてこともあり得るわけです。ただ、金銭的な不安に駆られることなく人生を満喫するためには毎月の安定した収入が必要です。

 

そこで私たちは成果収入から継続収入へのステージアップを目指すことになるのです。もちろんある程度の努力と時間を要する話ですが、このステージに上がることができれば、『自由なライフスタイルの構築』という最終目標にかなり近づくことができるのではないでしょうか。

 

権利収入

 

最終ステージがこの『権利収入』。何かの権利を持っていれば自動的にお金が入ってくるという究極の不労所得です。例えば、特許だったり印税だったり不動産オーナーだったりそういったものが思いつきますね。

このレベルまで行くのは相当困難になってくるので、ネットビジネス初心者の方は絶対にいきなりここを目指さないようにしましょう。順序をおって1つずつステージを上げていくことが大切です。

まずは成果収入で実績を作って、それを継続して稼げるようにすることを意識して頑張りましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年11月3日
最終更新日:2014年2月23日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ