WP Social Bookmarking Lightの設定と任意位置にソーシャルボタンを表示させる方法

ブログサイトの記事を拡散させるために、TwitterやFacebookなどのソーシャルボタンを記事中に表示させることは非常に有効ですが、WordPressのソーシャル系プラグインで最もオススメなのが『WP Social Bookmarking Light』です。

ソーシャル系のプラグインは海外のものから国内のものまで様々な種類がありますが、日本で最もメジャーなものは間違いなく『Social Bookmarking Light』です。

SNS拡散ボタンを設置するのとしないのとでは、記事が拡散される可能性が大きく変わり、結果としてアクセス数やSEOにも影響してくるので、ぜひ記事下などチェックされやすい部分にソーシャルボタンを設置するようにしましょう。

WP Social Bookmarking Light の長所と短所

 

WP Social Bookmarking Lightの長所ですが、日本語プラグインなので設定が簡単でわかりやすい点、設置できるSNSの種類が豊富な点、専用コードを用いることで好きな位置に設置できる点が挙げられます。

特に、他のソーシャル系プラグインであれば、はてなブックマークボタンが搭載されていなかったり、TwitterとGoogle+、Facebookくらいしか搭載されていなかったりと、使用できるサービスの種類が限られているケースも珍しくありません。

また、任意の位置に設置できないプラグインも多いため、WP Social Bookmarking Lightは、非常に使い勝手の良いプラグインだと言えますね。

デメリットを挙げるならば、使用できるボタンのデザインが1種類しかないため、見た目的には不満が残るかもしれません。 

WP Social Bookmarking Light の設定方法を解説

 

まずはWordpressのダッシュボード画面からプラグインの新規追加で『WP Social Bookmarking Light』をインストールして有効化していきます。

参考:プラグインをWordPressにインストールして有効化する方法

続いて詳細の設定をしていくので、『設定』から『WP Social Bookamarking Light』を選択してください。

一番上の『位置』というところで、ボタンを設置する位置を選択できますが、任意の位置に自由に設置したいのであれば、『None』を選びましょう。

『サービス』というところでは設置するSNSボタンの種類を選ぶことができます。最低限、TwitterとFacebook、はてなブックマークは設置した方がいいですね。後は好みに応じて自由に追加していってください。

なおFacebookでは初期設定では『Like!』と英語で表記されるようになっていますが、これを日本語に変えるために、設定を変更していきます。

上部のfacebookのタグを選択し、『Local』という欄を『ja_JP』に変更します。

これで日本語表記に変わり、『いいね!』と表示されるようになります。

 

ソーシャルボタンを任意の位置に表示させる方法

 

設定で、位置をNoneに変更したら、コードを挿入することで任意の位置にボタンを設置することができます。

コードは以下のものを入力してください。


コードの入力の方法ですが、『外観』の『テーマ編集』から行います。『テーマ編集』画面で『単一記事の投稿(single.php)』を開き、好きな所に上記のコードを入れてください。
 
オススメの位置は記事本文の下です。もしSNSボタンが記事上にあると、記事を読んだ後わざわざ一番上まで戻ってクリックする必要があるため、ボタンを押してもらえる可能性が下がってしまいます。

ぜひともいろいろと試してみて最適な配置を探してみてください。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年12月3日
最終更新日:2014年5月30日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ