あなたのコピーへの反応が悪い7つの理由


 

コピーへの反応が悪い場合、主に7つの原因が有ります。

それはコピーライターに原因がある場合がほとんどで、多くの場合コピーライター自身の努力によって解決できます。

 

7つの原因とは以下のとおりです。

    1. ターゲティングの失敗
    2. 魅力のないオファー
    3. 理由の欠如
    4. 希少性の欠如
    5. 証拠の欠如
    6. 焦点の欠如
    7. 熱意の欠如
それでは一つ一つ問題を見ていきましょう。

 

ターゲティングの失敗

 

そもそもコピーを書く際のターゲティングが誤っているという原因が1つ目です。

 

これを回避するためには、以下のコピーライティング術をしっかりと見直すことで解決ができます。

 
正しいターゲティングを理解して適切な層にメッセージを届けるようにしましょう。

 

魅力のないオファー

 

魅力のないオファーをしないようにするには、読者が拒否できないようなオファーを提供する必要があります。

 
以上の3つのコピーのテクニックを理解して、あなたのコピーに隙がないか確認をしてください。

 

理由の欠如

 

読者はあなたが書いたコピーに何らかの疑問を持つと、それが解消されない限り

あなたのオファーに対して魅力的な返答をしてくれる可能性は減少します。

読者が持つ疑問については、<読者に疑問を持たれないコピーライティング術>という記事で

解説していますので、ぜひご確認ください。

 

希少性の欠如

 

あなたのコピーに希少性が感じられないと、あなたが望むタイミングで反応を取ることはできません。

そこであなたが提供するオファーに希少性を付加していく必要があります。

例えば、時間制限(カウントダウンの表示)や個数限定、特典の限定を訴えてもいいでしょう。

または文章内に、『今、ここで決断しないことで被る不利益』を伝える表現を散りばめるのも効果的です。

 

証拠の欠如

 

いくらあなたが魅力的なオファーをしたところで、そこに証拠がなければ読者の心は動きません。

FORCEPTS FOMULAについてという記事で、あなたのコピーに証拠をもたらす方法を解説しているので

そちらの記事をご確認の上、読者の信頼を勝ち取るコピーテクニックをお試しください。

 

焦点の欠如

 

あなたの書くコピーが焦点を絞れていない場合、読者も確実にあなたの伝えたいメッセージを理解することができないでしょう。

このような事態を避けるために、焦点を絞ったコピーライティングをしていく必要があります。

詳細については、【3つのONEについて】という記事で紹介しているので、もし不安な方は

ぜひこちらの記事を確認してライティングに活かしていってください。

 

熱意の欠如

 

最後に、いくら理論上では完璧なコピーを書くことができても、

そこに熱意がなかったとしたら読者の心を惹きつけることはできません。

熱意というのは顔が見えない場であっても必ず伝わるのものです。

あなたが熱い心を持ってコピーを書いたならその熱さは読者のもとに伝播しますが、

冷めた心で、あるいは誰かのコピーを使いまわしたなら、絶対に温度感は読者の方に伝わってしまいます。

 

コピーを書いていく時には、必ずあなた自身の言葉で書かなくてはいけません。

テクニック的な面は『FAB FOMULAについて』という記事の『素敵な未来の想起』に関する部分を参考にしてください。

 

今回は、コピーの反応が悪い7つの理由について説明させていただきました。

テクニック面はしっかりと意識をした文章を書くこと、気持ちの面は自分自身の言葉で語ることを意識していくことが重要です。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年12月3日
最終更新日:2013年12月4日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ