記事ごとのアクセス数(閲覧数)をダッシュボード上で簡単に表示できるプラグイン!post-viewsが便利すぎる


今回は便利なプラグインを紹介します。

WordPressを使用中のブロガー、サイト運営者なら一瞬で各記事のアクセス数(閲覧数)を把握したいもの。

アナリティクスを用いても確認はできますが、やはりやや細かすぎたり詳しすぎてわかりにくいという方も多いみたいです。

それにWordPressのダッシュボード画面で一覧表示できたらいいのにと思う人も多いと思うので、

そういった方のためにオススメのプラグインを紹介させていだきます。

 

Post-Viewsで記事ごとの閲覧数を可視化する!

 

今回紹介するプラグインは『Post-Views』というプラグインです。

 

ちなみに『WP-PostViews』という似た名前の有名なプラグインもありますが、

それとは異なるプラグインなので注意が必要です。

 

使い方はいたって簡単。

まずは『プラグイン』の新規追加から『Post-Views』をインストールして有効化してください。

 

そして『設定』から『Post Views』を選択します。

『PostViews』という、PostとViewsの間に空白がないものは『WP-PostViews』の設定なのでお気をつけて。

 

するとこのような画面が表示されます。


 

この画像は実際に私が運営しているトレンドサイトのデータを用いています。

モザイク加工してあるタイトルの隣は、該当記事が最後に読まれた時間。

そしてその右は、日、週、月、半年、年間、トータルの閲覧数が表示されています。

 

また、ランキングやサマリーも上の欄から見れるようになっており、

ユーザビリティを考えると非常にシンプルで使い勝手がよくサイト管理におすすめです。

 

 

ただ1点だけ要注意点があります!

 

それは、

プラグインインストール後のデータしか反映されないということ 

 

つまり、このプラグインをインストールする前のアクセスはデータにカウントされていないというわけです。

私がこのプラグインをインストールしたのはサイト開設から2ヶ月ほど経ってからなので、

それ以前のアクセスはノーカウントであるためランキングやトータルのViewも実際とは乖離しています。

 

なので、このプラグインを使うときは

サイト開設直後に入れること

が非常に重要ですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年12月14日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ