ネットビジネスで生き残るために必要な危機感の作り方


 

企業という大きな組織に守られているサラリーマンは、リストラや倒産がない限りは安定した生活が保証されています。

しかしネットビジネス専業で生きていこうとするとそういうわけにはいきません。

もし会社から独立して起業家として生きていこうとするならば、『給料』という概念とは無縁になり、自ら収入を作り出していく必要があります。

 

ネットビジネスの世界は変化が激しいと言われており、新規参入者も非常に多いです。

その中で生き残っていくためには、危機感を持つことがとても重要です。

 

そこで危機感を持つための方法について紹介していきます。

 

周りと比較し『取り残される』ことへの恐怖を感じる

 

周囲と比較して、『自分だけが取り残されるのではないか』と不安を感じた時、

周りが上に上がっていき、自分だけがとどまり続けることへの危機感を感じます。

 

比較する対象は異なる企業で働く学生時代の友人でもいいでしょう。

企業づとめの人であれば、年齢とともに年収は上がっていきます。

そういう人と比較することで、自分のビジネスを成功させなければという気持ちになります。

 

また、ネットビジネスであれば、一人でやるのではなくチームに加わることもオススメです。

一日の作業量や成果を報告しあうことで危機感を煽り合い、刺激し合える環境はあなたを成長させます。

 

自分の宝物がなくなるのでは?という状況を感じる

 

この場合の宝物とは何でもいいですが、お金で買えるものではないほうがいいですね。

友人や恋人、家族、素敵な思い出や記憶などそういったたぐいの方が効果的です。

 

例えば『家族や友人と過ごす平穏無事な暮らし』でもいいでしょう。

ネットビジネスで稼げるようにならないと今まで大切にしていた素敵な毎日が失われてしまう

そう考えることで危機感を感じ、結果的に日々の作業は驚くほど効果的になるはずです。

 

期限を決めて宣言する

 

目標は自分の心のなかにとどめておくのもいいですが、

危機感を煽るためには、それを誰かにしっかりと宣言するのがいいですね。

また、詳細な時期を明確にすることは効果的です。

 

例えば、私の場合であればトレンドアフィリエイトを始める際に、

『トレンドで3ヶ月で10万円以上稼ぐ』と友人や家族に公言していました。

 

こうして誰かに公言することで、その目標を達成しなければという意識がより強くなるので

できるだけ自分に親しい人に対して宣言すべきです。

 

危機感は成長の大きな糧になります。

常に危機感を持って取り組めば大きな成果が出せるようになりますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2013年12月16日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ