告げ口の真実!好感度を上げる心理学と連合の法則について

 

今回は心理学に関するお話をさせていただきます。当ブログで心理学についての記事を書くのは少し変な感じがするかもしれませんが、ビジネスと心理学は非常に結びつきが強いものです。

また、ビジネスでの成功は、あなたの人生をトータルで成功と呼べるものにするための一つの要素にすぎません。そのため、できる限り、『心理』について学び基礎的な知識を持っておくことで、より精神的に充足する日々を過ごせることができるはずです。

 

告げ口の心理学

 

突然ですが、あなたは告げ口をされたことがありますか?つまり、誰かから『誰々がこんな悪さをしてたよ』。もしくは『誰々が君についてこんな悪口を言っていたよ』などと第3者の発言をそれとなく伝えられる経験はあるでしょうか?

恐らく人生で1度は必ずあると思いますし、告げ口をしたことがないという方は非常に立派ですが、無意識のうちに一度くらいはしてしまっているのが人間というものです。

もし、友人Aさんがあなたの所にやってきて、『Bがお前のことウザいって言ってたよ!』と教えてくれたら、あなたはどう感じるでしょうか?

もちろんBに対して、『ありえない。本当にひどい。あんなやつ嫌いだ』と思うことでしょう。影であなたの悪口を言っていたわけですから当然ですよね。そして、直接あなたに悪口や文句を言うよりも、気分を害することと思います。

しかし、この場合にあなたが苛立ちを感じるのはBだけではないはずです。つまり、『Bが悪口を言っていた』と教えてくれたAにも腹が立つことでしょう。そして、多くの場合、実際に悪口を言っていたBさん以上に、Aさんのことを憎く感じるのではないでしょうか。

これを心理学では『条件付けと連合』といいます。

 

告げ口の心理と『条件付けと連合』

 

実際にあなたの悪口を言っていたのはBさんなのに、なぜあなたはそれを教えてくれただけのAさんのことを悪く思うのでしょうか。もしかしたらその人は『好意』や『親切心』から告げ口をしてくれたのかもしれません。『Bがあなたの陰口をたたいていた、だから教えてあげないとあなたがかわいそうだ!』という心理もあるでしょう。

しかし、人は悪い情報をもたらす人を嫌い、良い情報をもたらす人を好むというなんとも単純な傾向を持ち合わせているのです。

例えば、小学生の頃に授業が始まる時間になっても先生が現れない。しばらくしたら、隣のクラスの担任がやってきて『今日◯◯先生は休みだから自習をしなさい』といいます。すると、どうでしょうか。恐らく大半の生徒は、自習を命じた先生のことを少し好きになっているはずです。

次は全く別の例をあげます。あなたは新型のパソコンを買い求めに前日の深夜から行列に並びます。前日から列に並ばないと買えないような人気商品なのです。そして発売日当日になって列は進んでいきますが、突然、店員が現れて『申し訳ございません。在庫は完売となってしまいました。』

するとどうでしょうか。列に並んでいて買えなかった人は、失望とともにその情報を伝えた特定の店員に対して怒りを感じるでしょう。

このように喜びや怒りの直接的な原因よりも、それを伝える人に対して感情を向けるという性質を人間は持っています。

この心理的影響をシンプルに取り入れているのがテレビCMです。当然のことながらテレビのCMで使われるタレントは好感度が高い人ばかりです。もし、CMに出演中のタレントが不祥事を起こしてしまったらそのCMは当分の間差し替えられ、また別のタレントが起用されるでしょう。

これも、基本的には情報伝達の例と同じで、『良い事柄と結びつきのあるものはきっと良いものだろう』という心理を見据えた戦略なのです。

 

インターネットビジネスに生きる連合の法則

 

さて、話をインターネットビジネスに寄せていきましょう。個人で行うビジネスやブログ・Twitterなどでの情報発信においてこの連合の法則を活用することは可能です。

個人のビジネスにおいてはブランディングが非常に重要であり、いかに好意を持たれ、熱心なファンを増やしていくかを考える必要があります。

上の例で見たように、人は良いものと結びつきのあるものや人に好意を持つことが明らかになっているため悪い情報よりも良い情報を発信することに努めることは効果が高いでしょう。

もちろん、非現実的な夢物語を語りすぎたり、『何もしなくても稼げます!』みたいな甘い話ばかりしていると、ダイレクト・レスポンス・マーケティングにおける教育部分で躓いてしまい、クライアントの質が上がらないので、バランス感覚には注意しなくてはいけません。

しかし、顧客に夢を与えるようなこと、素敵な未来を想起させることを語りかけることで良い情報の伝達者であるあなたに大きな好意を持ってくれます。また、例えば、クリーンな有名人との交友を明かすなど、自分が魅力的なモノや人と結びつきがある人間であることを示すことも効果的です。

このように心理学を何気なく活用することで、ビジネスチャンスを知らず知らずに失わないように気をつけていきたいですね。

その一方で、悪口を言わないということはもちろん、ネガティブな情報を発信しすぎない、特にあなたの気持ちや心理がどうであれ、告げ口はしないということは徹底していく必要があります。いくら好意で教えてあげたとしても、告げ口をする人が嫌われる可能性は非常に高いですからね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年1月6日
最終更新日:2014年4月29日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ