Googleの手動ペナルティから考える複数の収入源の必要性と脱依存の重要性


 

近頃ではGoogleの手動ペナルティによって、多数のトレンドサイトが検索ページ圏外へ飛ばされてしまうという事態が多発しています。

 


 

 

ウェブマスターツールにてこのような表示がされ、数時間後もしくは数日後にGoogleサイドから同様の内容のメールが来ます。

 

この結果、サイト内のほぼすべての記事が検索ページ圏外へとばされてしまい

今まで毎日数万という数を集めていたアクセスはゼロに・・・

 

更には、毎日数千円と稼いでいたアドセンス収入もゼロになってしまいます。

 

サラリーマン的な発想をするならば、いきなり事前通知もなく解雇を申し渡されたようなものです。

 

自由なライフスタイルの根底には、精神的な充足が必要で、精神衛生が良好な状態で毎日を過ごすためには経済的な自由を感じ続ける必要があります。

 

今月はこのくらいの収入が見込める、来月はこのくらいの収入が手に入るだろう。

 

その予測がいきなり音を立てて崩壊してしまったら、心も病んでしまいますし、モチベーションにも悪影響を及ぼします。そもそも『生活』を支える収入という根底から崩れ去ってしまいますからね。

 

そう考えると、自由なライフスタイルを描いていくには複数の収入源、そして一つのことに依存しないということが重要になってくるのです。

 



 

複数の収入源を持つことは既に新時代の常識である

 


 

あらゆる成功哲学本やノマドハック的な書籍では数年前から当然のように言われていますが、

『複数の収入源』を持つということはこれからの時代では非常に重要になってきます。

 

経済成長期を経て安定期に入った現在の日本では、倒産や事業縮小、人件費削減の煽りも大きく

一つの会社だけに収入源を頼っていたらいざというときに困り果ててしまいます。

 

そして、ノマド的な立ち位置の事業化の方々も『最初は複業から』ということを強く訴えています。

当然、ビジネスには成功の可能性もあれば不発の可能性もあるので、

個人でのビジネスが軌道に乗るまでは会社からのサラリーという複数の収入源を持つことがベターです。

 

そしてトレンドサイトでのアフィリエイト収入に目処がたったら、

今度は別の収入源を確保することに努めるべきです。

 

今回のように手動でのペナルティや、アップデートによって

トレンドサイトが圏外に飛ばされることは日常茶飯事ですし、

どれだけ影響を喰らわないことを押しているノウハウがあったとしても

Googleのさじ加減ひとつで普通に飛ばされてしまいますからね。

 

積極的に攻めの姿勢で収入源を増やしていきましょう。

 

脱依存で稼ぐために

 


 

それではいかにして収入源を増やしていくのか考えていきましょう。

 

先にあげた例、会社員とアドセンスはある1点において本質的な共通点を持っています。

それは、収入を1つの源に依存しているということです。

 

会社員であれば、会社から関係を絶たれれば、また会社そのものが消滅してしまえば収入は0になります。

アドセンスも、ペナルティのようなことが起これば、Googleのさじ加減ひとつで収入は0になるのです。

 

そこで、ビジネスに取り組むにあたっては、収入の依存から脱することが重要になってきます。

 

例えば、リストを集めてファンを作り、メルマガを送るというDRMの手法は非常に有効です。

ブランディングを確固たるものにし、コピーライティングの技術を磨き続けスキルを身に付ければ

何にも邪魔をされることなく、自分自身の力で収入を得ることができるのです。

 

またトレンドサイトにしても、現在のアクセス源が検索エンジンだけであるなら

その他の部分から集客をすることで、Googleの検索エンジンという一つの仕組みから脱却することができます。

 

このようにいかに依存するポイントを減らし、複数の選択肢を持つかという点に集中して

ビジネスを進めていくことが重要ではないでしょうか。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年1月8日
最終更新日:2014年3月21日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ