仕事や勉強中の音楽は作業効率を高めるのか?オススメはカフェBGM


 

音楽を聴きながら仕事や勉強をすると集中力が上がり作業効率が高まると言う人もいれば、ついつい音楽に集中してしまって気が散ってしまうからダメだという人もいます。

 

例えば大学時代のテスト勉強のときは、静かなところで集中したいからと図書館の自習室にこもって勉強している人もいれば、少し喧騒があった方がかえって落ち着くという理由で食堂や近くのカフェで勉強している人もいました。また、自分の世界にこもりたいけど、音があったほうがいいと図書館でイヤホンをつけて勉強をしている人ももちろんいました。

 

結局のところ、『人それぞれ』集中できるスタイルを確立できればそれでいいのですが、科学的にはどちらが正しいのか気になったので、【作業効率と音の関係性】について調べてみました。

 

科学的に仕事と音楽の関係を解明!

 


 

IRORIOさんというサイトに作業効率とBGMに関する調査結果が掲載されていたので一部引用させていただきます。

 

結果は、ある条件下では音楽を聴きながら作業をすることで、生産性アップにつながるが、また一方で別の場合では音楽が危険な程に仕事の効率を下げることが明らかになった。

何か新しいことを吸収したり覚えたりする時はバックミュージックはない方が良い。18歳から30歳の被験者に対して特定の順番で提示された音を思い出してもらう作業をさせた。音楽を聴きながら作業している時の方が静かな環境で行う時より作業効率は悪かった。お気に入りの音楽は気分を盛り上げてくれるが、記憶力が要求される作業の時は集中力を欠かせる要因の一つになる。

別の場合は音楽が仕事の効率アップに大きな効果を見せる。

これまで何度も繰り返した作業をリラックスした雰囲気の中で集中力を持って行う作業の場合である。例えば外科医である。外科医は手術室で音楽を聴きながら手術を行い、効果があるという。

手術室の中で働いているのは外科医だけではなく麻酔科医もいる。麻酔科医たちのアンケートによると彼らの4分の1は音楽が他のスタッフ達とのコミュニケーションの障害になっていると感じていること、約半数は麻酔系のトラブルに対処している時に音楽で気が散ると感じていると答えた。

 

結局は、時と場合によるということですね。新しいことを学ぶ時には、頭のなかに入ってくる情報を集中させたほうが記憶や暗記に効果的ですが、習慣化されていることをアウトプットするには気分を落ち着かせたり高揚させる音楽が効果的なようです。

 

しかし、同じシチュエーションでも音楽をかけていても集中できる人とできない人はもちろんわかれるので自分がどちらのタイプか認識した上で取り組むのがよいでしょう。

 

個人的オススメ音楽との付き合い方

 


私の場合は、たいてい音楽をつけて作業を行うことが多いですが、その理由は音楽が感情を高め、作業に飽きさせないからです。ただし、まったく新しいことを勉強する際には無音状態で行います。

 

例えばウェブマガジンの更新やニュースサイトの記事執筆、コンサル用資料の作成時には音楽をBGMで流しながら作業を行いますが、コピーライティングや心理学の勉強、インプットの際は音楽を聴かないことが多いです。

 

また、音楽をかけるときの注意点ですが、イヤホンをつけずにスピーカーから適切な音量で流しています。

イヤホンをつけない理由は、開放的ではないことと、脳内に直接音楽が入ってくるより遠くから聞こえる方が複数のことに集中できると感じているためです。

また手元にプレーヤーを置くと、流す音楽を変えたり音量の微調整をしたりといった、作業に関係ないことに気が散ってしまうため、あえて作業デスクから遠いシェルフにスピーカーとiPodをセッティングしています。

 

音量は大きすぎても小さすぎても不適切です。

大きな音が集中力を妨げることは当然ですが、小さすぎてもいけません。

その理由は、音が小さいと脳がもっとしっかりと聞き取ろうとして音楽に集中しすぎてしまうためです。

 

そこまでして音楽にこだわる理由は、私は2つのことまでなら十分に集中できるからで、逆に作業しか集中できることがないとつい他事を考えてしまったり、心が他のところに行ってしまうためです。

音楽と作業であれば『1対9』くらいの感覚でちょうどよく集中が長続きするのです。

 

音楽のジャンルと画期的なカフェBGMサイト

 


 

続いて音楽のジャンルですが、僕はiPodのシャッフル機能を使って様々な音楽を流し続けています。ちょうどラジオや有線放送のように色んなアーティストの曲をかけることでメリハリを産み、脳に刺激を与え続けているのです。

ジャンルも豊富で、ジャズやエレクトロ、ロック、R&B、ヒップホップ、J-POPなどとにかく飽きないようにしています。

一番落ち着くジャンルは外国人が歌うジャズですが、曲調が一定だと飽きてしまうのでシャッフル機能で様々な音楽を流すようにしています。そうすることでいちいちアーティストやアルバムを変更しに行く手間も省けますので。

音楽と作業の関係は個人差があるので、参考にしていただいて自分なりの集中できる作業環境を見つけてください。

 

なお、参考までに、音楽を聞くことは集中の妨げになるけど適度なざわつきが心地いいという方にとって最適なサイトを見つけました。

http://www.coffitivity.com/

環境音としてのカフェのざわつきを流す『coffitivity』というサイトです。

自宅にいながらカフェで仕事や勉強をしている気分になれるスグレモノなので、よかったら使ってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年1月11日
最終更新日:2014年3月21日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ