Googleアドセンスの2次審査を通過するコツと審査期間について

この記事ではGoogleアドセンスの2次審査について解説していきます。

2016年夏頃から急激に厳しくなったことで知られるGoogleアドセンスの審査ですが、体感としては1次審査が最も厳しく、そこを通過してしまえば2次審査は比較的楽に通過できるんじゃないかなーと。

一応の違いとしては、1次審査はGoogleが機械的にチェックをして、2次審査は担当者が直接目視でチェックをする(らしい)ですが、1次審査で相当厳しくハネられているので、そこをくぐり抜けたサイトならそんなに心配はないかなという印象を受けます。

実際に僕の回りでも1次審査で落ちたという声はよく聞きますが、1次に受かった後に2次で躓いた人はほとんどいないですから!

 

Googleアドセンス2次審査の手順

アドセンスの2次審査の方法も時代とともに変化していきますが(そもそも、審査が1次2次とかなく一発という時期もあった)、1次審査に通過した後に、Googleアドセンスの管理画面にログインをすれば、その後に取るべき行動をGoogle様が色々教えてくれます。

ちなみに今はこんな感じ。

アドセンス2次審査

すごく親切に手順を箇条書してくれています!

この通りに作業を進めて、『完了』をクリックしたら審査が行われていくので、あとは吉報を待つのみですね!

 

HTMLでheadタグを探して…?

恐らく、多くの方が躓くとしたら②にかかれてある、『~~~~のHTMLで<head>タグを探し、その直後にコードを貼り付けます。』のところでしょう。

サイトとか触ったことなかったりパソコンに詳しくないと、『headタグってなんやねん!!』とキレてしまいたくなるかもしれませんが、落ち着いて対処していきましょう(笑)

まず、アドセンス審査に出すサイトの管理画面から、<head>タグなるものを見つけていきます。

ちなみにWordPressでサイトを運営していく場合はここにあります。

<head>タグ 場所

WordPressの管理画面から『外観>テーマ編集』と飛んで、右のタブから『テーマヘッダー』というところを探せば、上の方に<head>という記述がありますね。

このすぐ下にアドセンスの管理画面で指定されているコードをコピーして貼り付けていきます。それが終わったら『ファイルを更新』を忘れずにクリックして作業を完了しましょう。

ちなみに、『テーマ編集』で表示される内容は使用しているテンプレートによって異なっていて、当記事で紹介しているのは『賢威6.2』のケースです。(最近はあえてこれを使っている人も少ないかも…)

ただ、だいたいの場合で<head>タグは『ヘッダー』的なことが書いてあるところに存在しているので、それっぽいところを探してみてください。わからない場合は、テンプレートのマニュアルを見たり、テンプレートの製作者に問い合わせなんかをしてみればいいでしょう。

 

アドセンス2次審査の期間と早期通過のコツ

よく質問されることに『アドセンスの2次審査ってどれくらい期間がかかりますか?』というものがありますが、ぶっちゃけ個人差がありまくるので確たることは何も言えません…。

早い人だと数日でクリアするし、遅い人だと2,3週間くらいかかる場合があります。これはこちらではどうしようもない問題なので、気長にゆっくり待つしかないでしょう。

また、『審査中は記事を書いた方がいいですか?』という質問も受けますが、まぁどっちがベターかという話だと思います。

審査中に全く記事を書かないよりも、ちゃんと更新し続ける方がGoogleからも『ちゃんと運営されてるサイトだな』と認識してもらえるだろうと推測できますので、審査に出したらあとは放置!というスタイルはやめておいた方が無難ですね。

 

Googleアドセンスの2次審査に通過するポイント

アドセンス2次審査の合格のポイントも1次審査と同じだと考えてもらえれば結構です。

  • 誰かの役に立つ記事を実体験など交えながら自分の言葉で。
  • 1記事あたり最低でも1000文字以上書く
  • アドセンスの規約に抵触するような単語を使わない
  • 自分の言葉だけで記事を構成する
  • プロフィール欄を充実させ自然なブログ感を出す

上記に気をつけて毎日記事を更新していきましょう。

NGワードに関しては細心の注意を払うに越したことはありません。

『迷ったら使わない』という意識を徹底されることをオススメします。

 

Googleアドセンスを使った稼ぎ方

最近ではアドセンス審査の敷居が高くなっているとは言え、基本的に初期費用がほとんどかからない『ブログ』はお手軽な『おひとりさま起業』のファーストステップとしてオススメです。

どんな記事を書くか、どのようにサイトを運営するか次第ではありますが、月に数10万円規模の収益を1サイトだけで稼ぎ出すことも十分に可能だし、僕のコンサル生や知り合いもそれくらいの収益をどんどん稼ぎ、脱サラのキッカケを掴まれている方も多いです。

1サイトでそれだけ成果を出せれば、記事作成を外注化したりすれば、更に収入を右肩上がりにすることも現実的ですからね。

ぜひぜひトライしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnozzieをフォローしよう!

記事公開日:2014年12月7日
最終更新日:2016年10月27日

無料メールマガジン

ネットビジネス




ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ