ブログで画像を使うときのSEO的なポイント|alt属性の使い方や記述の仕方も解説

SEOとブログの画像

ブログを書くときに本文中(記事タイトル下や見出し下など)に画像を使っている人は多いと思いますが、SEOを意識した画像の使い方はどこまでできているでしょうか?

狙ったキーワードでブログ記事を上位表示させるためには、alt属性を適切に使うなど、SEO観点から見た適切な画像の使い方を意識してブログを運営していく必要があります。

今回の記事では、ブログで画像を使うときのSEO的な注意点を私見で解説していきたいと思います!

alt属性を適切に使用する

alt(オルト)属性とは、画像をサイト内で表示させるためのタグの中で「この画像は○○についての画像ですよ!」と説明する箇所のことを言います。

画像が何らかの理由で表示されない場合に「代替テキスト」として表示されるという役割も持っています。

よく「altタグ」と言っちゃう人も多いですが、正しくは”画像を表示させるためのタグに含まれる属性のひとつ”であるため、altタグではなくalt属性と言うのが正しいそうな…。

alt属性の記述の仕方

例えば、こちらの画像にalt属性を記述していきましょう。

ビーチに佇む若い女性の後ろ姿

WordPressでブログ記事を更新する場合は、画像を記事に追加する際にこのような画面が表示されて「代替テキスト」を記述する欄があるはずです。

Wordpressで画像を追加する画面

この代替テキストの欄に記述した文章がalt属性になります。ちなみに、上記の画像をタグで見るとこんな感じです。

alt属性を書く際には、その画像が何についての画像なのかがわかるように記述してあげるといいですね。

alt属性では検索キーワードを意識すべきか

昨今のGoolgeのクローラーは、画像を見ただけでその画像が何の画像なのかある程度は判別できると言われていますが、代替テキストはサイトの画像を表示できない人の補助機能としてGoogleも評価していますので、alt属性はよっぽどのことがない限りは記述しておいた方がいいです。(できれば、代替テキストだけでなく、キャプションも記述した方がベターかも。僕はキャプションまでは記述していませんが…)

それに、画像をリンクとして使用する際には、代替テキスト=アンカーリンクテキストになるので、やっぱりalt属性は記述した方がいい。

また可能な範囲内で、その記事で上位表示させたいキーワードを自然に使っていけたらいいですね。

Googleは専門性や特化性の高い記事を「信頼できるコンテンツ」として高く評価する傾向にありますが、記事で狙うキーワードと記事の内容と画像の内容がマッチしていると、より専門性の高いコンテンツとして評価される…と考えるのが自然ではないでしょうか。(逆に全然関係ない画像がたくさん入っていると、専門性が弱いと判定されるかも)

例えばですけど「都内、お花見、穴場」のキーワードで上位表示を狙うなら、都内のお花見スポットの画像が多い記事の方が有利になる可能性が高いと。その方が普通の検索順位でも画像検索でもSEO効果が高いと考えられます。

画像公開に関するGoogleのガイドラインにもこのように記載されています。

ページのトピックに関連したビジュアル コンテンツを使用しましょう。

出典:画像公開に関するGoogleのガイドライン

ただ前述したように、Googleのクローラーは画像を見ただけで、その画像が何についての画像なのかある程度は判別できるようになってきています。画像の中に車が写っていれば、代替テキストを見なくても「これは車だ」と判別できますし、画像内に書かれている文字さえも認識できると言われています。

そのため、狙ったキーワードで上位表示させたいからと言って、全く画像と関係ない単語をalt属性として記述してもダメってことですね。いくらこの記事を「画像 ブログ SEO」とかで上位表示させたいからといって、上記のビーチに佇む女性の後ろ姿の画像に「SEO」とか使うのはNGです(笑)

alt属性を記述する際の注意点

ただし、alt属性にキーワードを羅列するのはスパムコンテンツになるのでNGです。

僕も昔はキーワードを羅列させていたことがありましたし、実際にalt属性ではキーワードを乱用させることでSEO効果が高まると言われていた時期もありました。ただし、今はスパム的な手法は通用しなくなっていますし、検索エンジン最適化において逆効果になる可能性が高いので、キーワードの羅列はやらないようにしましょう。

基本的には、単語の羅列(コンマで区切る書き方)ではなく、意味の通る文章で書いてあげる方がいいと思っています。

  • Good:ビーチに佇む若いショートパンツの女性の後ろ姿
  • Bad:女性,若い,後ろ姿,ビーチ,海,ショートパンツ

ポイントは、alt属性の文章を見ただけで「その画像が何を表しているか」をパッとイメージできるかどうかですね。

  • 複数のキーワードを羅列しまくるような書き方をしない
  • 画像と関係のないキーワードは使用しない

この2点に気をつけていただければ大丈夫かなと思います。

画像をブログで使う時のSEO的な注意点(その他)

カメラとパソコンが置かれたデスク

Googleのガイドラインを元に、画像をブログ内で使用する際にSEO的に気をつけるべき他の点を紹介していきます。

画像の配置に気をつけよう!

画像を配置する際は、できるだけ画像の内容と関連する文章の近くに画像を載せるようにした方がいいです。

Googleは画像の内容を瞬時で認識できるとはいえ、周辺の文章との関連性や文脈の把握などは不完全です。

  • 画像に設定した代替テキストと関連性の高いキーワードを使って画像前後の文章を書くようにする
  • 文脈にあった画像を使うようにすることを意識した方がいいですね。

この2点は可能な範囲で実践していくといいですね。

 可能な限り、関連するテキストの近くに画像を配置しましょう。適宜、最も重要な画像をページ上部に配置することを検討してください。

出典:画像公開に関するGoogleのガイドライン

こちらにもあるように、重要な画像(画像検索で上位に位置させたい画像)は記事内の上の方に配置させることも意識したいです。

また、画像には「サイト訪問者の目を止まらせる」という効果もあるので、僕の場合は見出しタグ(h2)の直下で、鬱陶しくならない程度に画像を使用するようにしています。(ちょうど「画像をブログで使う時のSEO的な注意点(その他)」の下で画像を使っているように)

直接的にSEOとは関係なさそうに思えるかもしれませんが、それによってサイト内滞在時間が増加する可能性がありますし、そもそも「検索エンジン最適化」とは最適なユーザー体験を可能にするものであるはずなので、ユーザー目線での画像の使い方を心がけることは基本中の基本だと思います。

画像は極力オリジナルなものを使おう!

独自性の強いコンテンツが高く評価される昨今の流れを考えても、できるだけ画像もオリジナルなものを使用した方が好ましいです。

もちろん、商用無料のフリー素材なんかは使い勝手がいいですし、肖像権や著作権の違反を防ぐという観点でも安心して利用ができます。だからフリー素材もガンガン使っていくといいと思います。

ただ、何か自分で撮った画像を使えたり、あるいは自分で画像を編集したりできるのであれば「オリジナルなコンテンツを作る」という観点で、その方が好ましいのも事実です。

その辺りは手間暇とのバランスもありますが、オリジナルな画像を使うことでコンテンツの評価が高まる可能性も高いということは考慮しておくべきですね。

表示速度や解像度などユーザビリティにも気を使おう!

サイトの表示速度が検索順位に影響を及ぼすことは有名ですが、画像の容量が大きいことで、ページの読み込みが遅くなることは極力避けるべきです。

GTmetrixなどサイトの表示速度を細かく解析してくれるサービスを利用すると、大抵の場合「画像」がサイト高速化の妨げになっているものなんですよね。

Lazy Load(画像の読み込みを遅延させてくれるもの)やEWWW Optimizer(画像圧縮化)のようなプラグインを用いるか、テンプレートに実装されている機能などを用いて、画像読み込みによるサイト表示速度への悪影響を及ぼさないようにしていきましょう。

またサーチコンソールのヘルプにはこのように書かれています。

ぼやけた不明瞭な画像よりも、高画質の写真はユーザーの関心を引きます。また、鮮明な画像は検索結果のサムネイルで目立つため、ユーザー トラフィックを得やすくなります。

出典:画像公開に関するGoogleのガイドライン

現時点では「最適なユーザー体験のため」という言い方ではありますが、画像の解像度がSEOに影響を及ぼすようになる可能性は十分にあるんじゃないかなと思います。

最後に

画像を効果的に使うことで、記事のクオリティが格段にパワーアップします。

ただビジュアル効果を狙うだけではなく、SEO的な効果も意識しながら、適切に画像を使うようにしてみてください。