Search Consoleに登録しサイトマップ送信を完了させる手順【WordPress】

検索エンジンに関する画像

今回の記事では、WordpressサイトをGoogleのSearch Console(サーチコンソール)に登録して、サイトマップ送信を完了させるまでの手順をまとめていきます。

サーチコンソールにサイトマップ送信をすることで、検索エンジンにブログ記事を早く見つけてもらいやすくなるので、SEO対策には必須です。

ぜひ、ブログを立ち上げたらすぐにサーチコンソールでサイトマップ送信を完了させてしまいましょう!

サイトマップとは

サイトマップとは一言で言うと、サイト内の情報をまとめたものです。

サイトのマップ(地図)と日本語訳で捉えるとイメージがしやすいかもしれませんね。

「このWEBサイトの中にはこのようなコンテンツがある」「このタイトルの記事はこのURLをクリックすると閲覧できる」「この記事は何月何日に更新されている」といった情報をリスト化したようなものだと考えてください。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップ

サイトマップには2種類あるので、まずはそれぞれの違いをざっくりとでいいので把握しておきましょう。

  • XMLサイトマップ:検索エンジンのクローラーに対して「このサイトはこんな構成だよ」とかサイトの情報を伝えるためのもの。検索エンジン対策やインデックスのために用いる。
  • HTMLサイトマップ:サイト訪問者のための目次的なもの。読者に対して記事の一覧を示すために設置する。

HTMLサイトマップは「PS Auto Sitemap」等のプラグインを用いれば簡単に生成できます。

今回の記事で解説する「サイトマップ」はXMLサイトマップの方です。

サイトマップ作成のSEO効果は

XMLサイトマップの送信をしておくと、しない場合に比べて、クローラーがあなたのサイトを優先的に巡回してくれるようになります。

そのため、日々更新した記事の情報やSEO的な施策が検索エンジンに反映されるまでの時間は短くなるので、SEO効果は高くなります。

一方、HTMLサイトマップはSEOとは関係ないと言われています。

ただ、サイト訪問者向けに目次があることで、サイトのユーザビリティーが上がり、その結果としてサイト内滞在時間やサイト内巡回率が伸びて、Googleからの評価が上がることも考えられます。

またGoogleの指針として、トップページを訪問したユーザーが3クリック以内に全てのコンテンツにアクセスできるサイトは「ユーザビリティーが優れたサイト」として評価するとも言われているので、一概にHTMLサイトマップはSEOと関係ないとは言い切れないのではないかと思います。

Google XML Sitemapでサイトマップを作ろう!

WordPressブログのXMLサイトマップを作る際には、プラグインを使えば簡単にできます。

オススメなのは「Google XML Sitemap」です。

このプラグインを使えば、記事更新をした時に自動的にサイトマップを更新してくれて、かつ自動的に検索エンジンへのリクエストを送ってくれます。すなわち、一度プラグインを設定して更新してしまえば、あとは基本的に何もしなくてOKということです。

Google XML Sitemapsをインストールする

まず、Wordpressの管理画面からプラグインの「新規追加」を選び、検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力し検索をしましょう。

プラグインが見つかったら「今すぐインストール」をクリックし、有効化まで済ませていきます。

Google XML Sitemapsのインストール画面

初期設定のままでも十分に機能は果たせますが、せっかくなので設定をカスタマイズしていきましょう。(神は細部に宿るとも言うので)

Google XML Sitemapsの設定

まずサイトの管理画面の左側サイドバーから「設定」を選択し「XML-Sitemap」を選びます。

XML Sitemapsの設定

基本的には初期設定のままでOKなので、変更を推奨するところだけを解説させていただきます。

まず「投稿の優先順位」の欄で「コメント数」にチェックが入っていると思うので「優先順位を自動的に計算しない」という欄にチェックをし直してください。

Google XML Sitemapsの設定画面

「投稿の優先順位」とは、どの投稿記事を優先的に検索エンジンがクロール(巡回して更新情報をキャッチ)するかということですが、初期設定のコメント数にチェックを入れていると、コメント数が多い記事ばかりが優先されてしまいます。

投稿のコメント数を重視したい場合は初期設定のままでいいですが、僕のサイトの場合は「コメント数が少ない記事でも優先的に巡回してほしい記事はたくさんある」ので、優先順位を勝手に定義されないように設定を変更しています。

次にSitemapコンテンツは「カテゴリーページを含める」にチェックを入れます。

Google XML Sitemapsの設定画面

これは、どのページをサイトマップに含めるかですが、最近はカテゴリーページも検索エンジン対策に有効と言われているので、カテゴリーページも検索エンジンにしっかりクロールしてもらうようにするといいですね。

ここまで完了したら「変更を保存」を忘れずにクリックしましょう。

これでGoogle XML Sitemapsの作成が終わりです。次はサイトマップ送信の設定をしていきましょう。

サーチコンソールからサイトマップ送信

まずサーチコンソールにGoogleアカウントを使ってログインします。(サーチコンソールと検索してください)

プロパティを追加する

初めてサーチコンソールを使う場合は以下のような画面が表示されるはずなので、枠内にサイトURLを間違いないように入力し「プロパティを追加」をクリックします。

サーチコンソールのプロパティを追加する画面

なお、初めてではない場合は、画面上部左にあるURLが表示されてる部分をクリックして、

サーチコンソールからプロパティを追加する

「プロパティを追加」をクリックします。

サーチコンソールでプロパティを追加する画面

所有権の確認

プロパティを追加できたら、次は所有権の確認を行います。

サーチコンソールの所有権の確認画面

主な方法は4つあります。

  1. HTMLファイルをFTPツールを使ってアップロードする方法
  2. HTMLタグをサイトのhead内に挿入する方法
  3. Analyticsのトラッキングコードをサイトのhead内に挿入する方法
  4. Googleタグマネージャーを使用する方法

1番か2番がわかりやすくてオススメですが、使用するWordpressのテーマによって推奨の方法が変わるので、ぜひお使いのテンプレートの設定方法なども参照してください。

ここでは、念のため、いくつかのパターンごとの解説を書かせていただきます。

HTMLタグをサイトのhead内に挿入する方法

まず「HTMLタグ」のタブを開き、指示通りにメタタグをコピーします。

サイト所有権を認証するためにHTMLタグを登録する画像

ここから「<head>セクション内の、最初の<body>セクションの前に貼り付ける」という作業をしていきますが、Wordpressのテーマ次第では固有のやり方があります。ぜひ使用するテンプレートのサポートページなども参照してください。

今回はSANGO、JIN、一般的なケースの3パターンのやり方を載せておきます。

テーマがSANGOの場合

当サイトでも使用しているSANGOの場合はとても簡単です。

サイトの管理画面から「外観」→「カスタマイズ」→「詳細設定」と進んでいただき「headタグ内にコードを挿入」というところに、先ほどコピーしたメタタグを貼り付けます。

SANGOのhead内にコードを入れるところ

ここまでできたら「公開」をクリックして完了です。

テーマがJINの場合

当サイトとは別に運営しているサイトの多くで使用しているJINも非常に簡単に所有権の確認作業を進めることができます。

JINにおけるサイト所有権の確認の流れ

まずダッシュボードから「HTMLタグ設定」をクリックします。

 

JINのHTMLタグ挿入画面

丁寧に「GoogleAnalyticsやSearchConsoleなどのタグを貼り付けることができます」と書いてあるのでわかりやすいですね。

この画面の「head内」に先ほどコピーしたメタタグを貼り付けて「変更を保存」をクリックしたら完了です!

一般的なケース

SANGOやJINのように、head内にHTMLタグを簡単に挿入できる機能がない場合は、自分で<head>や<body>というタグを見つけて、最適な箇所に挿入する必要があります。

まずダッシュボード画面から「外観」→「テーマ編集」を開き、右側のリストから「テーマヘッダー」をクリックします。(テーマ編集をする前は必ずバックアップを取っておくことをオススメします)

wordpressのテーマ編集のheader.php

すると、</head>という文字列が見つかるので、その直前に先ほどコピペしたメタタグを貼り付けます。

「変更を保存」して完了です!

HTMLファイルをFTPソフトを使ってアップロードする方法

ここまでのやり方に沿っていけば、サイト所有権の確認は問題なく完了しますが、念のためサーチコンソールにおいて「おすすめの確認方法」に記載されているFTPソフトを使ってアップロードする方法もお伝えしていきます。

まずFTPソフトを持っていない場合は、何か無料のFTPソフトをインストールして使えるようにしてください。(WindowsならFFFTP、MacならFileZillaなどがメジャーです)

その上で、サーチコンソールから「所有権の確認」を行う際の画面から、HTMLファイルをダウンロードします。

サイト所有権の確認をHTMLファイルのアップロードで行う画面

次にFTPソフトから、ダウンロードしたファイルを、 当該サイトの『https://あなたのサイトのURL/public_html』の階層にアップロードします。

なお何度もダウンロードをしてしまうと、ファイル名の後ろに(2)や(3)のように数字がついてしまいますが、必ずダウンロードすべきファイル名のままアップロードをするようにしてください。そうしないとエラーが起きて所有権の確認に失敗してしまいます。

以上でFTPソフトを使ってHTMLファイルをアップロードする方法は終わりですが、JINやSANGOのようなHTMLタグを簡単に貼り付ける機能を用いたやり方と比べると、初心者の方にとっての難易度はどうしても上がってしまいますね。

生成したサイトマップをサーチコンソールに追加しよう

以上の方法で所有権の確認が完了したら、このような画面が表示されます。(もし失敗したら、何かこれまでの作業に間違いがなかったか確認するか、もう一度「確認」をクリックしてみてください)

サーチコンソールで所有権の確認ができた時の画像

「プロパティに移動」をクリックすると、サーチコンソールのトップ画面に移ります。

ここからは「Google XML Sitemaps」で生成したサイトマップをサーチコンソールに追加する作業に入ります。

まず、左の「サイトマップ」というところをクリックすると「新しいサイトマップの追加」という画面が表示されるので、そこにサイトマップのURLを入力していきます。

サーチコンソールのトップページからサイトマップを追加する画面

サイトマップのURLは「Google XML Sitemaps」で確認します。

サイトのダッシュボード画面から「設定」→「XML Sitemaps」と進むと、このような画面が表示されます。

Google XML Sitemapsの管理画面

これがサイトマップのURLになるので、サーチコンソールのサイトマップ追加画面に戻り、入力をして「送信」をクリックすると「サイトマップが送信しました」と表示されます。これでサイトマップ送信の作業は終わりです。

サーチコンソールでサイトマップ追加が完了した画面

最後に

以上、サーチコンソールに登録して、サイトマップを追加するまでの作業の流れをお伝えしました。

サーチコンソールにサイトマップを追加することで、Googleのクローラーがサイトを巡回しやすくなるので、まだやっていないという場合はお早めに作業を済ませてしまうことをオススメします。