ネットビジネス

アドセンス広告を記事内に表示できるMaster Post Advertプラグインの解説


 

アドセンス広告のクリック率を高めるためには、記事内に広告を挿入することがポイントになります。

実際に読んでもらう記事内に広告が入っている方が、読者の目に止まりやすいですからね。

 

しかし、わざわざ投稿時に一回一回広告のコードを貼り付けるのは非常に面倒です。

そんな時に便利なのが、『Master Post Advert』というプラグイン。

 

記事のMoreタグの次に自動的に広告が表示されるというスグレモノです。

 

設定も非常に簡単なので、トレンドサイトのようにアドセンスがメインの収入源となり、

とにかく記事数をたくさん更新したい方にとっては非常にオススメ。

 

それでは実際に設定の方法を見ていきましょう。



 

Master Post Advertの設定方法

 

まずはプラグインから新規追加を選択し、Master Post Advertをインストールしましょう。

 

インストールしたら忘れずに有効化をしてください。

 

次に『設定』から『Master Post Advert』を選択し、設定に移ります。


 

一番上の『Advert area alignment』は、挿入する広告の位置を設定するためのものですが、『中央』を選択します。

 

次の『Advert area title』は、広告の上に表示するタイトル文章ですが、

アドセンスを表示する際には、それが広告であることを明記し、誤クリックさせないようにしなければいけません

従って、『広告』、『スポンサードリンク』、『Sponsored Link』などと入力しましょう。

 

間違っても、クリックを誘導するような文章を載せないように!!

 

最後に『Advert code』のところに、アドセンス広告のコードをコピー・アンド・ペーストしたら完了です。

『変更を保存』をクリックしてください。

 

記事を書く際には『Moreタグ』を忘れずに!

 

これで自動的に記事内にアドセンス広告を挿入する設定が完了しましたが、

一点だけ記事を書くときに注意しなければならないことがあります!

 

それが『More』タグを挿入すること。

簡単な事ですが、これを忘れてしまうと記事内に広告が表示されないので気をつけてください。

 

下の画像はこの記事を制作している途中のキャプチャーですが、

赤枠で囲ってあるマークが、『more』タグの挿入ボタンです。


 

moreタグとは本来、その記事を途中で中断して、『続きを読む』というリンクをクリックさせて

記事の本文全体を読ませるためのタグです。

 

LUREAやエフィシエントでは、ブログトップページで表示される記事本文が長くなり過ぎないように

moreタグを使って、一つ一つの記事をコンパクトにすることで使えますが、賢威ではあまり使うことはないかもしれません。

 

ただ、簡単な作業で記事内にアドセンス広告を埋め込むことができるので、

トレンドアフィリエイト実践者の方は必ず入れておいたほうがいいプラグインです。

 

以上、記事内にアドセンス広告を挿入できるプラグイン『Master Post Advert』の設定の解説記事でした。

 

 

無料メールマガジン

ネットビジネス

SNSでシェア

ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ