【トレンドアフィリエイト】記事が書けない&時間がかかる人へ。効率的なライティングを解説します。

 

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトのコンサルや記事添削をしていて、初心者の方から最もよくいただく質問が『記事が書けません』とか『記事を書くのに時間がかかり過ぎてしまいます』というものです。

もちろん質の良い記事を書くために時間をかけるのは必ずしも悪いことではありませんが、その記事を書くために費やした時間や労力などコストと記事が生み出してくれる結果(アクセスや収益)を天秤にかけて、コストパフォーマンスの良い作業ができた方がいいですよね?

今回は、トレンドアフィリエイトにおける『ブログ記事が書けない』という悩みを解決すべく、スピーディーに質の良い記事を量産していくための考え方をシェアしていきたいと思います。

ブログ記事が書けない人に典型的な問題点

ブログ記事が書けなくて(あるいはライティングに時間がかかりすぎて)悩んでいる人の多くは、同じ問題を抱えていて、その問題のせいで時間がかかりすぎている傾向にあります。

その問題とは記事のタイトルが悪いことです。(記事のタイトルが悪いということは、すなわちキーワード選定ができていないとも言えます。)

記事の本文が書けないとか記事を書くのに時間がかかりすぎる人の多くは『記事の中で何を書けばいいのかわからない』という気持ちを抱いています。

しかし、トレンドアフィリエイトでしっかり成果を出している人は、記事タイトルを決めた時点で記事の内容でどんなことを書けばいいのかわかっています。したがって、何を書けばいいのかわかっているから記事本文も速く書けるのです。

記事を書くのが速い人と遅い人の差

キーワード選定やタイトルづけがちゃんとできている

→記事本文内で何を書けばいいか最初から頭の中に入っている

→結果としてスムーズに記事を書くことができる

 

キーワード選定やタイトルづけの基礎ができていない

→記事本文内で何を書けばいいかわからない

→本文を書くときに手が止まってしまう

ブログ記事のタイトルは検索者の質問を代弁したもの

記事を書くのに時間がかかりすぎる人はタイトルのつけ方が悪いと記しましたが、具体的にどういうことかを説明するために、まず記事タイトルの役割からお伝えしていきましょう。

トレンドアフィリエイトにおける理想的な記事のタイトルは、検索者が行う『質問』を代弁したものだと考えてください。

トレンドアフィリエイト

検索者は自身が抱える悩みや疑問を解決するために検索をしますが、検索結果に表示されるのは、検索者が検索したキーワードについてキチンと回答している(検索者のためになる回答を提供していると見なされる)とGoogleが判断したコンテンツです。

ブログ記事のタイトルをつける時は、検索者が検索するであろうキーワードをタイトルに盛り込むと思いますが『検索キーワード=検索者の疑問や悩みを言語化したもの』であるならば、検索キーワードを用いたブログ記事タイトルは、検索者の質問を代弁したものになるわけです。

POINT
ブログ記事タイトル=検索者の質問を代弁したもの

トレンドアフィリエイトでも普通のブログでも、記事のタイトルが自分の言いたいことをただ書いているだったり、事実をそのまま書いているだけでは、どうしてもアクセスには繋がらないですし、そこから何を書けばいいかわからなくなってしまいます。

記事を書くのに時間がかかりすぎている場合、自分が作ったタイトルが『検索者の質問を代弁するようなものになっているか』を確認してみるといいですね。

タイトルが質問を代弁しているか

NG:ももクロの東京ドームライブが決定!:事実を述べているだけ

NG:モノノフたちよ東京ドームに集え!:言いたいこと言ってるだけ

OK:ももクロ東京ドームライブの抽選方法や申し込み方法は?一般販売はいつ?:質問を代弁

ブログ記事本文は質問へのアンサーを記す!

ブログ記事のタイトルは『検索者の疑問や悩みや質問を代弁したもの』という基礎を抑えたなら、そこから先の記事本文のライティングは簡単です。

なぜなら、記事本文には検索者の疑問や質問に対するアンサーを書いてあげればいいからです。

POINT

ブログ記事タイトル:検索者の疑問や質問を反映させたもの

ブログ記事本文:その疑問や質問に対するアンサー

例えば、本記事のタイトルは『トレンドアフィリエイトを実践しているけど、記事が書けなかったり記事を書くのに時間がかかりすぎてしまう。もっと効率よく記事が書けたらなぁ・・・』という悩みを持っている悩みが反映されたものになっています。

したがって、この記事の中身は『トレンドアフィリエイトで記事が書けない理由を示してあげて、記事を効率よく書けるようにするための考え方』を記したものにすればいいということです。

トレンドブログの場合もそうですね。

『特定のドラマのロケ地を知りたい』というニーズに対しては『ドラマのロケ地がどこか』というアンサーを示してあげればいいし、『あの女優の彼氏が誰か知りたい』というニーズに関しては『今までに流れた交際情報のまとめ等』のアンサーを、『プロポーズの台詞のアイデアが欲しい』というニーズに対しては『素敵なプロポーズの台詞をまとめたり、相手に響くシチュエーション』というアンサーを提示してあげればいいのです。

調べものは質問とアンサーを繋ぐためにピンポイントで。

記事本文を書くときは、インターネットで他サイトを見たり調べ物(リサーチ)をしながらライティングをする方も多いと思いますが、『ついついリサーチをしてたら時間が経ってしまって・・・』というお悩みも今までに数多くいただいてきました。

その原因も割とハッキリしていまして、『調べるべき内容を明確にできていない』から、ついつい『あれもこれも』と調べすぎてしまうのです。

何度も言うように『記事タイトルは質問、記事本文はアンサー』です。

つまり、トレンドアフィリエイトのブログ記事を書くという行為は『誰かが抱くであろう疑問や悩みを提示してあげて、それに対するアンサーを示して、疑問や悩みを解消してあげること』とも言い換えられます。

だから、リサーチをする時は『その悩みや疑問を解消するために必要なことだけ調べればいい』のです。

ドラマロケ地の記事を書く場合

NG:そのドラマについてありとあらゆることを調べる

OK:ドラマの各シーンごとのロケ地がどこかをピンポイントで調べる

そもそも調べ物とは明確な意図があってするもので、『何を調べたらいいのか』が具体的に定まってなければ、リサーチに恐ろしく時間がかかってしまいますよね。

記事を書く際にリサーチに時間を取られすぎる場合は、調べる内容をピンポイントで定められているかを確認してみてください。

注意

ただし『このキーワードで検索している人には、こういうことも教えてあげたら喜んでくれるだろうな』ということはリサーチをした上で記述してあげるといいですね!

(例)『○○のドラマでキスシーンをしていたロケ地の港はどこ?』という記事で、そのロケ地の港がどこにあるかを示すだけでなく、『その港は他にどんな映画やドラマでロケ地に使われていたか』を書いてあげるなど。

ブログ記事ライティングのスピードを上げる小技まとめ 

ここまで説明してきたように『記事タイトルは検索者の質問、記事本文は質問に対するアンサー』という原則さえ抑えておけば、『記事が書けない!』という悩みからは解放されやすいですし、記事作成時間もかなり短縮できると思います。(やるべきことが明確になるので)

また『検索ユーザーの疑問を解決していく』という意識でやっていくと、よくトレンドアフィリエイト実践者にありがちな『興味がないから書けない』という悩みも弱まるんじゃないでしょうか。

ただ、それ以外にも知っておいた方がいいことや意識した方がいいこともあるので、実体験を元に『こういうことを意識しておくとブログ記事ライティングのスピードが上がるよ』っていうことを紹介させていただきます。

記事を書き終えるまでの制限時間を決める

いきなりスパルタチックで申し訳ないんですけど、期限がある場合とない場合とでは、どちらが人間の集中力が上がると思いますか?僕は断然後者だと思います。

どうしても『ブログを書く』って個人的な作業である以上、気の緩みや自分への甘さが出てしまうと思うんです。

僕の場合は記事を書き終える時間というか、『次の記事を書き始める時間』を決めていました。

例えば夜の9時から1記事目を書き始めるとしたら、2記事目は絶対に10時に書き始めるといった具合に。

そうすれば仮に9時40分に書き終えれば20分休めますけど、9時59分に書き終えれば1分も休めません。

個人的には『早く書き終えれば休みが増える』という報酬制度は、ブログを書くという習慣がついていない頃にはとにかく役に立ちました。(もちろん、それで記事の質が下がってしまったら本末転倒ですけど)

ネタ選定やキーワード選定は日常の隙間時間でやっておく

僕は副業でブログアフィリエイトをやっていたので、とにかく時間を効率よく使う必要があったのですが、そのために重要なのは『スキマ時間の活用』です。

時間を短縮することが難しいのなら、時間を増やしちゃおうぜっていう発想なんですけど、外食中にご飯が出てくるまでの時間とか、駅のホームで電車を待ってる時間とか、ちょっとした数分の空き時間って結構あると思うんですよ。

そういう時間にできることはやっちゃって、家に帰ってからはPCに向かって記事を書くだけという状態にしておくといいですね。

ニュースサイトではなく個人ブログという感覚を持つ

ブログに慣れてない人は、そもそも『文章を書く』という行為に慣れてない傾向にもあるんですよね。

特にトレンドアフィリエイト的な手法を実践していると、自分が運営しているサイトがニュースサイトだったり企業が運営しているようなオウンドメディアのように思えてしまって、文章を書くことに緊張してしまったり筆が進まなかったりしてしまうこともあります。

ただ、『質問に対するアンサーを提示する』っていう原則は抑えてほしいんですけど、それ以上に僕たちが運営しているのは個人の意見を自由に述べてOKな『個人ブログ』なんだって意識を持つといいです。

つまり、自分の言葉で自由に好き勝手書いていいし、様々な制約の中で堅苦しく書く必要もないってこと。

そういう感覚で書ければ、良い意味での気楽さが出て、記事もスラスラと書けるようになるものです。(実際に僕の場合はそうでした)

慣れれば普通に速くなる

これを言ったら元も子もない気もしますが、記事をどんどん書き進めていって経験値も溜まってくれば、ブログ記事ライティングにおける自分なりの王道スタイルや『型』みたいなのもできてくるんですよね。

それに今までパソコンなんか触ったことありませんって人でもキーボードのタイピングも慣れて速くなっていくものだし、気持ち的な面でも変化があります。

最初は『ブログを書く』とか『アフィリエイト記事書く』ってすごく緊張したかもしれないけど、それに慣れてくるとだんだんリラックスして記事を書けるようになり、自然とブログを書くことにも抵抗がなくなりスピードも上がっていきます。

もちろん闇雲にやるだけでは意味がなくて、ちゃんとこのブログで書かれているようなことを参考に、考えながら動くスタイルでブログ運営をしていっていただきたいですが、『慣れれば自然にできるようになる』っていう感覚も大事にしながら将来の自分に期待してあげてほしいなと思います。

トレンドアフィリエイトの記事が書けない問題に関するまとめ

色々とテクニカルな話もしてきましたが、この記事を読んでいらっしゃる人はおそらくトレンドアフィリエイトだったりブログ運営の初心者の方がほとんどだと思います。

まず言えるのは『初心者なら何をやっても大抵のことは難しく感じる』ので、もし仮にあなたが『ブログ書けないなー』とか『トレンドアフィリエイト難しいなー』と思っていたとしても何も恥ずかしくないってことです。

今までできなかったことができるようになることにロマンがあると思うし、できないことができるようになるから稼げるようになるという理屈もあります。

ただ『書けない』ということに精神論だけでお答えするのも芸がないので、とりあえず『書けないってことは前提としてのタイトルづけに問題があるんじゃない?』っていうアプローチはぜひ参考にしてみてください。

その辺りのブログテクニックを理解した上で、精神論に走った方が随分と効率的になりますので!