ネットビジネス

デザイナーのNACOさんにヘッダー画像を作成していただきました。

『ヘッダー画像』はブログをやっている方の悩みの種となりがちなポイントです。

ヘッダーはいわばサイトの顔とも言うべきもので、サイト訪問者の視界に真っ先に飛び込んでくるものなので、ヘッダー画像次第でサイトに対して持たれる印象が大きく変わってしまいます。

せっかく良い記事をたくさん書いていても、ヘッダーのデザインがイマイチだと、それだけで訪問者に幻滅されてしまいますし、滞在時間や平均閲覧記事数の低下や獲得リストの現象という目に見える形で、サイトのパフォーマンスも落ちてしまうでしょう。

従って、サイトのヘッダーの持つ重要度は非常に高いわけですが、今回はNACOさんというデザイナーの方に当サイトのヘッダーを作っていただきました。

そのヘッダーがこちら。

NACO ヘッダー

全体のバランスや色使いがとても良い!

ちなみにサイト全体で見てみるとこんな感じです。

ノジー ヘッダー

NACOさんには、明記してほしい文章と、全体の雰囲気や色使いをリクエストして自由に作っていただきましたが、何度も打ち合わせを重ねたことで、僕の思いや表現したい雰囲気を汲み取ってくださり、素敵なヘッダーを作っていただきました。

今まで、このサイトのデザインはおおまかなレイアウトから細部に至るまで全て自分の手で作っていたので、外部の手を借りることに不安や緊張感があったことは確かでしたが、結果としてとてもよかったなと実感してます。

 

デザインのセンスで情報発信ビジネスの幸福度が上がる

 

話は少し変わりますが、年に1回募集しているビジネスコミュニティ『ドリーマーズ・ラウンジ』の参加メンバーの方々に『なぜ僕のメルマガに登録して、お金を払って企画に参加してくれたんですか?』と聞いてみると、『サイト全体の雰囲気に魅力を感じて…』という言葉が必ずと言っていいほど返ってきます。

もちろん、記事や動画の中身がよかったからという理由もあるけど、そもそもデザインがイマイチだったら真剣に動画や記事から学ぼうと思っていたかどうか…。というご意見もいただきます。

なので、『サイト全体を通じてどのような雰囲気を出していくのか』というブランディングの1つの要素が、メルマガ登録率や企画のセールス時の成約率を高めているということですね!

参考:ブランディング戦略における感情的価値について

また、僕は『どういう人と一緒にビジネスを展開していきたいか』という狙いを持っていて、戦略的な意図のもとサイトの雰囲気やデザインを考えています。

ですので、僕のクライアントさんになってくださる方は、基本的に僕と相性がよいことが多いため、コンサルティングをしていたり同じ場を共有していても、お互いに良い空気感を感じることができます。

それに大事にしている軸や思いが近い人が集まることで、より個々の長所が伸ばされていったりセンスが磨かれていくので、お互いのビジネスの成長も大きくなっていきます。

従って、『デザイン』は自分にとって理想的なフォロワーを集めてくるための大きな武器になるので、デザインのスキルを駆使することで自分のビジネスの幸福度をコントロールすることができるようになるのです。

 

得意な人に任せることで、自分のストロングポイントに集中できる。

 

さて、今回はNACOさんというデザイナーの方にヘッダー制作を外注しましたが、このように専門的なスキルを持つ人に自分のビジネスの一部分を積極的に任せていくことは非常に大事なことです。

個人でビジネスをやっている方は、『何でもかんでも自分の手でやらないと気がすまない!』と思ってしまうことも少なくないのではないでしょうか?

しかし、自分一人で賄える作業量には物理的に限界があるので、いかに効率よく作業をするか、いかに自分が動かなくともビジネスを前進させられるかがとても大事になります。

従って、『自分がやらなくてはいけないこと』『自分がやる必要性がないこと』『自分よりも得意な人に任せられること』を上手く分類して考える必要があります。

僕はマーケティングやコピーライティング、Web集客やコンサルティングを得意としていて、それらを自分の手で動かさなくてはいけないと感じていますが、ヘッダーのデザインは、幸いにも非常にセンスが良くて僕の思いを具現化してくれるデザイナーさんと出会うことができたので、お任せすることにしました。

業務を外部に委託してストロングポイントに集中することは、ビジネスの世界では当たり前すぎることではありますが、個人でビジネスをやっている人にとっては、その決断が難しいようです。

 

  • ブログの記事を量産したいならライターを雇う。
  • 簡単な単純作業ならツールを購入して自動化する。
  • ビジネスの方針に迷うならブレーンとなってくれるコンサルタントを雇う。

 

やらなくてはいけないことに集中するために積極的に周囲の手を借りることで、あなたのビジネスももっともっと加速していきますよ。

 

デザイナーのNACOさんについて

NACO デザイン

さて、素敵なヘッダー画像を作成してくださったNACOさんですが、彼女とは2015年の1月頃から親交がありまして、今が僕が主催するビジネスコミュニティ『ドリーマーズ・ラウンジ』のメンバーとしてビジネスに励んでいらっしゃいます。

NACOさんは当初はブロガーとして活動をしていらっしゃいましたが、前職の関係上、デザインのセンスやスキルが非常に高く、これからデザイナーとしても活動していくとのことです。

『デザイナー兼ブロガー兼マーケッター』みたいな感じでビジネスを動かしていくんだという力強い言葉をNACOさんからはいただいていますが、Webを基盤としたビジネスを展開する場合は、このように幅広い活動を自由自在に行うこともできます。

僕はNACOさんに対してビジネスをコンサルティングする立場でもありますが、彼女の活動には古臭い肩書なんて必要ないですし、強みを自由にしなやかに発揮してもらえるような、そんな未来を一緒に創っていきたいですね。

これから必ず伸びていく方なので要注目ですよ!

 

デザイン外注の際に良いデザイナーと出会うために大切なこと

 

これから、あなたがヘッダーやバナー、各種コンテンツのデザインを外注しようと思った際に、『どうすれば良いデザイナーを見つけることができるのか』という点ですが、僕が考える良いデザイナーの条件は以下の3つです。

 

  • 基本的にスキルが高いこと
  • 自分と近いセンスを持っていること
  • コミュニケーションを頻繁にとれること

 

まず最初の『スキルの高さ』は言うまでもないですよね。

少なくとも自分よりは高いスキルを持っていないとわざわざ頼む必要もないでしょうから。

 

そして、『自分と近いセンス』ですが、人は資格情報で第一印象を決める以上、あなたのコンテンツのデザインはそのままあなたの印象になります。

よって、あなたの雰囲気やコア、世界感と違うセンスを持つデザイナーに外注を依頼すると、コンテンツのパフォーマンスやブランディングに悪影響が及ぶ可能性が高いので、同じセンスを持つと直感的に感じた方にコンタクトをとってみるといいでしょう。

そのために、候補と考えているデザイナーの制作物や実績に触れてみるといいですね。

 

そして、『デザインを外注する』ということは、作業を全部丸投げするということではありません。

デザイナーさんは、あなたが形にできないイメージを代わりに具現化してくれる存在と考えるべきなので、製作過程において、しっかりと打ち合わせを重ねられるような方に依頼するといいですね。

 

NACOさんが僕のビジネスコミュニティに参加してくださったきっかけも、僕のサイトデザインが表現している世界感に共感をしていただいたことだったほか、彼女の作るサイトのデザインがとてもお洒落だと思ったからこそ、僕はNACOさんにヘッダー制作をお願いすることにしました。

その後は、様々なサンプルを出していただきつつ、何度も打ち合わせを重ねたことで、お互いが『これがベストだ』と思えるような作品ができあがりました。

 

ですので、やっぱり『感性が似ていること』『頻繁に意見交換ができること』が重要だなと感じましたね。

 

もし、ヘッダーなどサイトのデザインに関してお困りであれば、ぜひNACOさんの力を借りてみてください!

無料メールマガジン

ネットビジネス

SNSでシェア

ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ