ネットビジネス

ネットビジネスでコンサル実績者を量産するコツは【Ask Me!!(ノジー×Hitomi)】

読者さんから頂いたネットビジネスに関する様々な疑問・質問にお答えしていく【Ask Me!!】に法人向けのウェブマーケティング・コンサルタントとしても活躍中の起業家、Hitomiさんに来ていただきました!

参考:Hitomiのネットビジネス初心者向け講座

なお、今回の動画収録を行った時点でのHitomiさんの実績は月収40万円でしたが、2016年2月には月収190万円を達成!本当にすごいことになっているニューカマーです。

参考:コンサル生のHitomiさんが月収100万円を突破しました。

そんなHitomiさんが持ってきてくださったご質問はこちらです。

私がノジーさんのコンサルを受けようと思ったキッカケというか理由は、ノジーさんのコンサル実績が増えていく過程を見ていて『すごいな~。いつか機会があればこの人に教わってみたいな』。と思っていたからです。

普段、ノジーさんはコンサル生のやりとりやコンサルの仕方で気をつけていることがあれば、ぜひ教えてください!

僕としては特段『俺のコンサル実績すごいぜ!』とは別に思っていないのですが、よくビジネス仲間との会合に行っても『なんでそんなに実績者の輩出ペースがすごいの?』とは質問されることが多いです。それも、月収1000万円を稼いでいるような凄腕の起業家の皆さんから。

参考:ノジーのコンサル実績一覧

こういった質問を受けまして、改めて自分なりに『コンサルティングをビジネスとする上で気をつけていること』を考えてみました。ぜひ、こちらの動画よりコンサルのコツをご確認ください。

 

 

コンサル生に恵まれています!

まず1つ目のポイントとして言っておきたいのは、非常にクライアントさんに恵まれているということです。

それは運が良いという要素もあるかもしれませんが、普段からの情報発信で『本気で頑張ってくれる人』を惹きつけて、『楽な方へ楽な方へと流されてしまう頑張れない人』を拒絶するようなメッセージを発するように心がけています。

いくら優れたコンサルタントでも、頑張らない人を無理やり頑張らせるのは、それはもう不可能な話なので。

そういう人に時間や労力を使うのであれば、メルマガや動画など普段の情報発信で『頑張ってくれる人』が増えるような教育活動を行い、やる気のある人が集まってくれるような意識は持つようにしています。

逆に『この人はマインド的に絶対に無理だろうな~』と思ってしまうような場合は、最初からお断りするようにしています。コンサル代金が無駄になってしまうのは、お客さんにとっても悲しい結末になってしまいますので。

特にインフォ系の業界って、そういう中途半端な姿勢の人にも甘い言葉を持ちかけて、『とりあえず稼ぐだけ稼いでしまおう』なんてふうに考える人も多いんですけどね。それが悪いとは言わないですけど、個人的には『ノジーのコンサルを受けてよかった!』と心から思っていただきたいので。

最初の時点での覚悟が持てていない人に関しては、慎重に対応させていただいています。

 

自己流を捨てていただき、型をマスターさせる

特に初心者の場合にありがちなんですが、みんなテキストを読まなすぎ(笑)

メルマガでもブログ記事でも何でもそうなんですけど、成果物を少しでも見たら、ちゃんとテキストを読んだのか読んでないのか、あるいはまぁ読んではいるもののまだまだ甘いのか、ひと目でわかってしまうんですよね。

結局、人は楽な方へ楽な方へと流されてしまう生き物なので、よっぽどの覚悟がないと、テキストをちゃんと読まずに『なんとなく』でやってしまう。

確かに『新しい方法論の全てをありのまま受け入れて再現する』って思いのほか難しいかもしれません。

だけど、だからといってテキストに書いてあるとおりにやらずに自己流でやってしまうのって、かなりお金がもったいないと思うんですよ。

だって、どうせ自己流でやるんなら、テキストを買ったりコンサル受けたりする必要ないわけですから。

だからとにかく、ちゃんと取り組めば成果が出るテキストを用意して、その通りにやらせる。ここに尽きるわけです。

 

ストレートに伝えれば思いは伝わる

とにかく、自己流でやってしまっている人にいかに自己流を捨ててもらうか、ここが全てなので、この部分ができていないコンサル生にはグサッと刺さるように伝えるように心がけています。

この部分がフワッとしてしまうと、真剣に受け取ってくれないし、その後の行動も何も変わりませんからね。

『これはあなたの人生を変えるためにマジで受け取ってもらえないとヤバイんだよ!』という温度感が伝わらないと、なかなかコンサル生は変わってくれない。『今までやってきたことを変える』というのはそれくらい難しいことですから。

特に『自己流を捨てる』というのは、ある種の革命のようなものなんで、曖昧でわかりづらい表現だとNG。

また相手に気を使った優しすぎる表現だと、メッセージの重要度が伝わらないわけです。

僕は高校時代に勉強をしなさすぎて赤点を取りまくり退学の危機に陥った経験があったんですが、その時に数学の先生に言われんです。

『オマエ、人生舐めてんのか?これからどうすんだ?』

もし、これが『別にこのままでも良いとは思うんだけどね、うん。でも僕個人的にはもうちょっと勉強した方が君のためになるんじゃないかな~と思うんだけど、よかったらもう少し勉強がんばってくれるかな』だったら、絶対に僕は心を入れ替えてなかったですよ(笑)

だから、僕は『このままやっていても5年経っても稼げない』とか『お金をドブに捨てているようなもの』と、心を鬼にして言わせていただくこともあるんです。(前者は結構コンサル生の間でも話題になることが多いです笑)

最初は強いメッセージを発するのに抵抗がありましたけど、やっぱり本気で覚悟を持ってもらうためには、メッセージの熱量や重要度にふさわしい表現をしないといけないんです。

それで離れていく人はそれまでだったと割り切るようにしていますが、真剣に伝えれば真剣にメッセージを受け取ってくれる人はやはり多い。

その場で良い気持ちになってもらうために、あるいはコンサル生から嫌われないために甘い言葉を投げかけていても、それはコンサル生のために全くならないので、コンサルタントとしては罪なわけです。コンサル代金をいただく資格がないんですよね。

だからこそ、本気で成功へと導くために必要なことなら躊躇してはいけないと。

僕は『コンサル生が僕と同じようにできるようになれば稼げる』と心の底から信じきっているので、『自己流からノジー流になってもらう』ことにコンサルの焦点を当てるようにしています。

 

ということで、今回はHitomiさんをお招きして、コンサル実績者をガンガン輩出しまくる秘訣についてお送りしました。

参考:Hitomiのネットビジネス初心者向け講座

 

Ask Me!!ではネットビジネスに関する疑問・質問や副業&起業についてのお悩みを募集しています。

ぜひこちらのフォームよりあなたからのご質問をお待ちしています!

無料メールマガジン

ネットビジネス

SNSでシェア

ネットビジネスで自由な人生を描くノジーのブログへ戻る

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ