SEOに効くブログカテゴリー名の付け方と分類方法|整理のコツを掴んでアクセスを増やそう!

ブログ設計のイメージ図

ブログのカテゴリー分類を適切に行うことで、SEO効果にも好影響が出て、サイトの上位表示にも繋がりやすくなります。

とはいえブログ初心者の段階では「とりあえず記事数を増やすこと」に意識が向いてしまって、カテゴリーは適当に決めてしまうことが多いと思いますし、そのままの状態でなんとなくブログを運営し続けてきたという方も多いのではないでしょうか。

ただ、カテゴリーを適切に分類して、サイト構造を読者にとって見やすく整理するだけでも、サイトのアクセス数アップに大きく貢献してくれるものです。

今回はSEOに効くカテゴリーの分類の方法について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

なぜカテゴリーがSEOに影響するの?

前提として、カテゴリーを適切に分類することでSEOに好影響が出るということは抑えておいてください。

カテゴリーを適切に整理して分類することで、

  • ブログ訪問者が情報を探しやすいブログになる
  • 検索エンジンが情報を認識しやすいブログになる

という効果が生まれ、結果としてGoogleから評価される(SEOが強い)ブログになります。

ブログ訪問者が情報を探しやすいブログになる

カテゴリーを適切に分類してあげると、ブログ訪問者が自分の欲している情報を見つけやすくなります。

それによってユーザーの離脱率が減ったり、サイト内滞在時間やサイト内循環率(1人の訪問者が開いてくれる記事の数)が向上したりしますよね。

訪問者が読みたい記事(求めている情報)に到達しやすくなることで、それらのSEO的に重要な数字にもしっかり表れます。これがユーザビリティの高いブログを作ることでSEO評価が高まるロジックです。

検索エンジンが情報を認識しやすいブログになる

Googleは「クローラー」というWEB上を巡回してデータを集めるロボットを使い、サイトの評価を定めた上で、独自のアルゴリズムで検索順位を定めていきます。

その上でカテゴリー分類がぐちゃぐちゃでサイトの構造がわかりにくかったり、カテゴリー名が「何についての記事の集合体なのか」を示すか理解しづらいものだったりしたら、Googleから高く評価してもらえなくなってしまいますよね。

例えば、焼肉屋さんに行ってメニューを見たときに、野菜の欄(カテゴリー)にカルビが含まれていたり、全てが「食べ物」という大枠で囲われているだけだったら、その店のメニューにどんなものがあるのかがとても理解しづらいでしょうし、その店の評価も自ずと下がってしまうはずです。

カテゴリーは階層構造で分類しよう。

適切にカテゴリー分類をする上でのポイントは「情報をわかりやすく整理する」ということです。そのためには階層構造を意識してカテゴリーを分類してあげるのがオススメです。

例えば「アイドル」に関する特化ブログを運営するとしましょう。

ブログカテゴリーの階層構造の例

1つのカテゴリーの中に更に小さなカテゴリーを作っていく際には、上の階層(大きな括り)を親カテゴリー、下の階層(小さな括り)を子カテゴリーと呼びます。(もし、子カテゴリーの中にも更に小さなカテゴリーを作り階層を増やす時は、孫カテゴリーと呼ばれます)

上のアイドルブログの例でいうと、「48グループ、坂道グループ」などグループの種類が親カテゴリーとなっていて、「AKB、SKE」などグループ名が子カテゴリーとなります。ちなみに坂道グループ(親)の子カテゴリーには「欅坂、乃木坂」が、ハロプロ(親)の子カテゴリーには「モーニング娘。」などが入ることになりますね。

一般的に、カテゴリーの階層構造は「親>子>孫」と階層が下になればなるほど、具体度が上がっていきます。

親カテゴリーは抽象度が高く、子カテゴリーは具体度が高くなるので、それを踏まえてカテゴリーを考えていきましょう。

カテゴリー整理時のポイント

「1記事1カテゴリー」のルールを守る

1つの記事に対して指定するカテゴリーは一つだけにしましょう。

記事を書いていると「この記事はあのカテゴリーにも含まれるし、こっちのカテゴリーにも当てはまってるな…」と悩んでしまい、最終的に複数のカテゴリーにチェックを入れることがあると思います。

ただ、Googleの構造的に複数のパンくずリスト(ユーザーがWEBサイト上のどの階層にいるかを表示してくれるもの)があったとしても、1つしか認識してくれません。

むしろ複数のカテゴリーにまたがっていることで、サイトの構造がわかりにくくなってしまっていたら、Googleから「ユーザビリティが悪いサイト」だと低評価されてしまう可能性もあります。実際に登録しているカテゴリーを1つにすることで検索順位が上がった例もあるので、基本的には1つの記事に対してカテゴリーは1つというルールは守ってあげましょう。

もし1つの記事に対して、色んな分類の仕方をしたいのであれば、カテゴリーではなくタグの機能を使うようにしましょう。

親カテゴリーと子カテゴリーの名前が重複しないようにする

よく初心者の人にありがちですが、親カテゴリーと子カテゴリーの名前が重複してしまうのはNGです。

カテゴリー構造の解説のための図

例えば、このように「子育て」という親カテゴリーの中に「子育て」という子カテゴリーが含まれてしまうのは、階層構造上おかしなことになってしまいますよね。基本的に親カテゴリーの中に含まれる子カテゴリーは、親カテゴリーよりも具体性を強くしてあげるべきです。

また「カテゴリー」には「カテゴリーページ」が存在します。(カテゴリーの記事が一覧で表示されたり、そのカテゴリーの詳細を説明するためのページ)

そのため、親カテゴリーと子カテゴリーで検索意図が被ってしまっている場合は、1つのブログ内で検索意図が重複するコンテンツが複数個存在するというSEO的にあまりよろしくないことになってしまい、Googleからの評価が下がる可能性も高いです。

「サイトトップページのタイトルと親カテゴリーの検索意図がかぶる」、「子カテゴリーと個別記事の検索意図がかぶる」というのも同様の理由であまり推奨はしません。

注意

個別記事をいずれの子カテゴリーにも含まれないで、親カテゴリーに直接入れてしまう人もいると思いますが、個人的には「親カテゴリーは子カテゴリーをまとめたもの」であるべきかなと考えています。

なので、カテゴリーを親子以上で階層化させるときは、必ずいずれかの子カテゴリーに入れてあげることを推奨します。そこまで神経質になる必要はないかもしれませんが。

1つのカテゴリー内の記事を増やしすぎない

1つの親カテゴリー内の記事があまりにも増えすぎてしまうと、検索者は記事を探しにくくなってしまいます。

例えば、先ほどの「アイドルブログ」を例に、親カテゴリーの更にその上に親カテゴリーをこのような形で追加したとします。

親カテゴリー、子カテゴリー、孫カテゴリーの階層の図解

 

この場合、仮に「メンバー解説」のコンテンツ量が増えすぎてしまって、それぞれの親カテゴリーに含まれる記事数にバラつきが出てしまったとします。

親カテゴリー

  • メンバー解説:240記事
  • イベントレポ:13記事
  • 楽曲レビュー:30記事

この場合はカテゴリーのバランスも崩れてしまうし、いくら子カテゴリーや孫カテゴリーで階層分類していくと言っても、やはり読者に撮ってみたら情報を見つけにくいですよね。

そういうときは、

親カテゴリー

  • 48グループのメンバー解説:130記事
  • 坂道グループのメンバー解説:50記事
  • ハロプロのメンバー解説:25記事
  • スターダストのメンバー解説:35記事
  • イベントレポ:13記事
  • 楽曲レビュー:30記事

このように子カテゴリーを親カテゴリーに昇格させた上で分類してあげたり、あるいは、それでも多いという場合は孫カテゴリーの「AKB48」や「SKE48」を親カテゴリーに格上げしてしまうのもいいですね。

全ては、読者が情報を見つけやすいかどうかという尺度で考えてあげてください。

1つのカテゴリー内の記事が少なすぎるのもNG

逆に1つのカテゴリー内の記事が少なすぎる場合、その記事が含まれるカテゴリーページの価値が低くなってしまい、Googleからの評価も落ちてしまう可能性があります。(現に記事が極端に少ないカテゴリーを削除し、他のカテゴリーに分類したら検索順位が上がったという例もあります)

また、カテゴリーを増やしすぎてしまうと、訪問者はサイト内で迷ってしまったり、欲しい情報を探しにくくなってしまいますよね。

そのため「カテゴリーを増やしすぎて、1つのカテゴリーに属する記事数が極端に少ない」という風にならないように気をつけましょう。

カテゴリー名の決め方

できるだけ検索されるキーワードを使う

カテゴリー名を決めるときは、上位表示させたいキーワードをできるだけ自然な範囲で使うようにしましょう。

そうすると、カテゴリーページ自体が検索で上位表示される可能性が高いです。カテゴリー名はブログ内の至る所で「アンカーテキスト(リンクの文章)」としての役割を果たしているからです。

内部リンクがアンカーテキストになっている例

例えば、こちらはカテゴリー名が「メルマガマーケティング」となっていますね。

あらゆるページから「メルマガマーケティング」というアンカーテキスト経由の被リンクが貼られることで、カテゴリーページはGoogleから「このページはメルマガマーケティングに関するページなんだな」と認識してもらいやすくなります。

更に、このカテゴリー内に「メルマガ」というキーワードを使った記事がたくさんあったら、「このサイトはメルマガに関する情報が充実しているサイトだ」とより強くGoogleに認知してもらえるので、 SEO的な効果が発揮されやすくなります。

だから、できるだけ検索需要を意識したタイトルづけをしていきましょう。

読者がクリックしたくなるカテゴリー名をつけよう

また多くの人がつけがちなカテゴリー名は、1つの単語だけで構成されたカテゴリー名。

例えば、

  • 恋愛
  • ドラマ
  • TOEIC
  • 就活

などなど。身に覚えのある方も多いと思います。

これでもいいですけど、ただ「TOEIC」と表記されている場合と「TOEICの勉強法」とか「TOEIC対策」と書かれている場合だとどちらに惹かれますか。

あるいは「恋愛」というカテゴリーと「恋愛テクニック」だとどちらをクリックしたくなりますか。恐らくより具体的に表記されている後者のパターンだと思います。

ブログの訪問者は、Google検索やSNS経由で個別記事を最初に訪れてくれることがほとんどだと思います。そこからいかにしてサイト内を循環してもらうかが鍵になりますが、カテゴリー名が魅力的だと「個別記事(ランディングページ)→ カテゴリーページ → 他の記事」という流れで、サイト内をぐるぐると循環してくれる可能性が高まります。

読者の目に止まるように、具体的すぎて長ったらしいカテゴリー名にしてしまうのは逆効果ですが、単語一文字のように簡素すぎるカテゴリー名ではなく、シンプルかつ、ついクリックしてみたくなるようなベネフィットを感じられるカテゴリー名をつけていきましょう。

初心者にありがちなカテゴリー名のミス

ブログ初心者にありがちなのは「雑記」とか「コラム」とか、アバウトすぎるカテゴリー名をつけてしまうこと。あるいはカテゴリーを「未分類」のままにしておくことです。

もちろん、好き勝手自由気ままにブログ運営をしていたり、あえてSEOを狙わずにブランド重視でブログ運営をしている場合なら、それで何の問題もありません。

ただ検索流入やユーザビリティの向上を狙っていくのであれば、例えば「テクノロジーの雑記」とか「ライフハック」とか、少しでも読者の目に止まるようなカテゴリー名にしていくことをオススメします。

それでもカテゴリー分類が難しくて困ったら

同ジャンルのライバルサイトを参考にしよう

自分が運営しているブログとジャンルが同じ、もしくは近いブログをチェックして、カテゴリー階層の作り方やキーワードを参考にしていきましょう。

特にビッグワードで上位表示されているようなブログは、細部のSEO対策にも気を遣っている可能性が非常に高いので、極めてオススメな参考事例になること間違いなしです。

とりあえず記事を書くことに専念しよう

とはいえ、初心者の頃はブログ記事を書くだけで精一杯だと思うし、カテゴリーとかブログの階層構造なんかを考えてる余裕もないと思います。

とにかくブログって書かないと始まらないものだと僕は感じていますし、カテゴリーのことを考えるのにエネルギーを使いすぎて、気づけばブログを書くための気力や精神力を使い果たしていた…なんてなってしまったら本末転倒です。

だから、最初から完璧なサイト設計を作ることは諦めて、初心者のうちはとりあえずブログ記事を書くことに専念しちゃった方がいいというのが僕の持論です。

記事数が結構溜まってきて、個別記事にもそれなりにアクセスが集まるようになってきて、「さぁここからどうやって更にアクセスを集めていこうか」という状態になってからくらいでも、カテゴリーのことを考えるのは遅くないとも思います。

実際に僕もこのサイトはカテゴリーのことはほとんど考えずに運営してきましたが、月間で3万PV、1日のメルマガ登録数も5件前後は安定して獲れ続けていますので、最初は「とりあえず記事を書く」ことにフォーカスしてしまった方が効率よくブログ運営ができるんじゃないかと。コンテンツありきのSEOですからね!

まとめ

この記事ではSEOに効果的なブログのカテゴリー名の付け方と分類方法について書きました。

  • カテゴリーは親・子・孫と階層構造で設計する
  • 1記事1カテゴリーの原則を守る
  • 異なる階層でのカテゴリー名(サイトタイトル、記事タイトル)での検索意図が重複しないようにする
  • 1つのカテゴリー内の記事が多すぎるならカテゴリーを分ける
  • 1つのカテゴリー内の記事が少なすぎるなら他のカテゴリーに統合する
  • カテゴリー名は検索需要とクリックされやすさを意識
  • 困ったら他のライバルブログを参考にする
  • カテゴリーで悩んで手が止まるくらいなら適当でいいから記事を書こう!

これらの基本的なルールを守ってブログを運営していくと、訪問者にとってわかりやすいブログになりますし、SEOにも効果が出やすくなります。

意外と見落としがちなカテゴリー分類ですが(当サイトも含めて)、やれば効果が出るものなので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。