ドリームキラーの特徴や意味|親や友人をドリームサポーターに変える対処法も解説します。

将来の夢や目標、あるいは今頑張っていることに対して、否定をしてきたり妨害をしてきたり、あるいはこちらのやる気を削ぐような発言をしてくる人のことをドリームキラーと言います。

このドリームキラーですが、実は自分自身の親や友人や兄弟など、身近な人ほどあなたの夢を否定してくる可能性は非常に高いのです。

自分の夢は自分だけのものでもありますが、できることなら周囲の人に応援されながら、夢を実現していきたいですよね。

僕も「会社から独立してフリーで生きていきたい」という夢を周囲から否定された経験もありますし、僕自身が友人のドリームキラーになってしまった経験もありますが、ドリームキラーの対処法は「相手を認めてあげること」「過去の自分を否定しないこと」じゃないかと個人的には確信しています。

この記事ではドリームキラーの特徴を解説しながら、親や友人など身近な人をドリームキラーからドリームサポーターへと変えてしまえるような対処法もお伝えしていくので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

ドリームキラーの意味とは

ドリームキラー

ドリームキラー(Dream Killer)とは、直訳すると「夢を殺す人」になりますが、あなたが将来の夢やそれを実現させるために頑張っていることを他人に話した時に、その夢を壊すような言動をしてくる人のことを言います。

ドリームキラーとなる人は、その夢自体を否定してきたり、あなた自身の才能や可能性を否定してきたり、あるいは直接的に妨害工作をしてきたり…などなど、様々な方法であなたの夢の実現を阻もうとしてきます。

例えば、あなたが会社を辞めて起業して、独立して生きていきたいという夢を持っていたとします。そんな時に、

  • そんなの上手くいくはずがない。
  • いつまで夢みたいなことを言ってるんだ。
  • もっと地に足のついた生き方をしろ。
  • お前みたいに今まで努力が続かなかったやつにできるわけがない。

みたいなことを言ってくる人がいたら、その人は紛いもなくドリームキラーと言えるでしょう。

なお、ドリームキラーについて語られているコンテンツの多くで

ドリームキラーには善いドリームキラー(心配型)と悪いドリームキラー(嫉妬型)がいる

みたいなことが書かれていますが、個人的には「心配型も嫉妬型も本質的にはそんなに変わらないんじゃないの?」って思うので、その辺の説明は割愛します。

ドリームキラー化しやすい人の特徴は?

ドリームキラーになりやすい人の特徴はいくつかありますが、共通して言えるのは、誰かのエネルギーを奪いがちな人です。(エネルギーバンパイアとも言います)

世の中には、自ら進んで他者にエネルギーを与える人(GIVER)もいれば、誰かのエネルギーを奪い自らは溜め込む人(TAKER)もいますが、ドリームキラーになりやすい人は後者のTAKER型の人です。そもそも「他人の夢を壊す」という時点で、めちゃくちゃエネルギー奪ってますからね。

もう少し具体的に見ていきましょう。

ドリームキラーの精神的な特徴

精神的な特徴をいくつか列挙すると以下の通りです。

  • マウンティング気質のある人
  • プライドが高い人
  • 自己肯定感が低い人
  • 被害妄想癖があって傷つきやすい人
  • クレクレ体質な人
  • 自立心が低く依存心が強い人

もし自分が夢を追いかけることに集中したいのであれば、これらの特徴を持つ人とは積極的に交わらない方がいいですし、自分の夢について積極的に話す必要もないでしょう。

ドリームキラーの人間関係的な特徴

人間関係的な側面で言うと、両親や兄弟に恋人、あるいは友達や会社の同僚など、精神的な距離感(あるいは物理的な距離感)が近い人ほどドリームキラーになりやすいです。

自分の両親や兄弟、あるいは友達や会社の同僚など、精神的・物理的に関係性が近い人はドリームキラーになりやすいです。

別に自分と無関係な人から否定される場合は「そもそも言わなければいい」ので問題ないかもしれませんが、家族や恋人や友達など「この人には自分の夢を応援してほしいなー」という人に夢や目標を否定されるのはキツイですよね。

なぜ親や友人がドリームキラーになってしまうのか?

悲しんでいる女性

親や友人など、身近な人ほどドリームキラーになりやすい理由はいくつかあります。

大切な人に自分と違うステージへ行ってほしくない

僕には大学時代、特別に仲良くしている何人かの友達がいましたが、彼らが「ベンチャー企業でインターンをする」とか「学生起業をしようと思う」と言い出した時に、僕の心中は穏やかではありませんでした。

なぜなら「彼らが遠くに行ってしまうのではないか」と思ったためです。その結果、彼らの決断をよく思えなかったり、得体の知れない違和感を感じてしまったのですが、その1年後に僕も長期のインターンシップを始めようとしたら、今度は別の友人から「そんなの言っても意味がないからやめとけ」と反対されたんですね。

その時に思ったのは「夢を反対する人は、自分の側から大切な人がいなくなるのが寂しいだけ」なんじゃないかということです。

今まで自分と同じステージにいると感じられていた人が、自分とは違うステージに行ってしまうのはシンプルに寂しいものですからね。

自分のステージを否定されたくない

また、今まで自分と同じステージにいた友達が、急に遠くの世界へ行こうとした時、「今のステージでは不満ということかな」と必然的に思えてしまいました。

そして新しい世界について嬉しそうに話すようになった友人を見て、なんだか今の自分のステージを否定されたような気持ちになってしまったのです。

また僕自身も「会社を辞めて起業する」ということを親に伝える時、「会社員的な働き方がいかに嫌か」ということを話したのですが、それも「ずっと普通の会社員というレイヤーで頑張ってきた親」の立場からすると、決して気持ちの良いものではなかったはずです。

今までの自分の価値観を否定されて平気な人はいませんが、「夢を追いかけている人」は無意識のうちに、周りの人たちの価値観を否定してしまっているのかもしれません。

あなたを過去の時間軸で評価している

夢を実現するということは、基本的に「今(過去)のステージから抜け出して新しいステージへと成長する」ことを意味します。

でも親や家族や恋人、あるいは昔の友達は「今(過去)のステージに属しているあなたの姿」でしか判断をしてくれません。

「確かに今の自分では無理だけど、成長した自分なら成功できるかもしれないよ」って思っていたとしても、今までのあなたしか知らない人は、今までのあなたの行動しか判断材料を持ち合わせていないのです。

でも、未来は変えることができるし、人は成長できる生き物です。

未来を起点に考える自分と、過去を起点に考える他者。これでは意見が交わらないのも致し方ないかもしれません。

ドリームキラーをドリームサポーターへと変える対処法

ハートを持つ男女

相手の常識や価値観を否定しない

夢を語る時って無意識のうちに、自分の今までの価値観や常識やステージを否定しがちになってしまうものです。起業を志した時の僕が会社員的な生き方を否定してしまったり、学生時代に急に意識が高くなった友人が今までの緩く生きていた自分を否定したように。

その気持ちも確かにわかりますし、成長することはすなわち生きるステージを変えることでもあります。

ただ「今までのステージを否定する気持ち」を言葉や態度に出してしまうと、今まで自分の周りにいた人たちが傷ついてしまったり不快な思いをしてしまうのも無理はありません。

行動と態度で自分の姿勢を示す

いくら雄弁に夢や希望を語っても「他者の気持ちを動かすこと」は基本的に不可能だと僕は思ってます。自分の気持ちが変わるのは、あくまで自発的なもので、他人の言葉というものはあくまで「自発的に変わるための材料」程度にしかならないと。

だから、相手の気持ちを変えようと説得するのではなく、自分の行動や態度を通じて「何か感じるものを持ってもらえたら嬉しい」くらいの気持ちがベストなんじゃないでしょうか。

基本的に「説得」というのは敵対するもの同士で行われるものなので、言葉で人の心を変えようとするよりも、自分の姿勢と態度で「心が動く材料」を作っていくしかない。

口を動かす前に、どんどん行動しましょうってことです。

アドラー心理学の「課題の分離」を意識する

つまり「夢を追いかけるかどうか」は自分の課題で「あなたの夢を応援するかどうか」は相手の課題。そして「相手の感情や意見を自分の行動に反映させるかどうか」は自分の課題です。

ドリームキラーをドリームサポーターに「変える」と書きましたが、人間関係って基本的に、自分が介入すべきでない課題に介入してしまった時に大きく崩れると思うんですよ。

だから、相手の感情を無理やり動かさそうとしないっていうのが僕は大事だと思うし、逆に自分の課題に対して相手の存在を介入させないことも良好な人間関係を築くために大事だと思います。

ドリームキラー化している人に対して、彼らの意見にあまりにも介入しすぎようとすると、当然ながら相手側は反発をします。でも「あなたが夢を追うこと」に対してどのような意見や感情を持つかを相手側に一任することができたら…。少しは「応援してみるか」という気持ちも生じやすくなってきます。

人は敵対する存在に対して敵対し、味方に対して応援する生き物です。そのためには「私とあなたが味方同士なんだ」というサインをまずはあなた自身が示してあげて、そのための手段として「信頼としての課題分離」を心がけてみましょう。

この辺りについては、下記の記事で詳しく説明しているので、よかったら読んでみてください。

参考:「起業や独立を親に反対される」問題の対処法|そもそも説得する必要あるの?

自分自身がドリームキラーにならないために

この記事では「対他者」という視点でドリームキラーへの対処法をお伝えしてきましたが、自分自身がドリームキラーになってしまっている人もとてもたくさんいます。

「自分には無理なんじゃないか」とか「上手くやれるか自信がない」という気持ちから、自分を次第に行動から遠ざけてしまったり、新しい挑戦を怖がって避けてしまう可能性もあります。

その気持ちもわからなくないですが、結局のところ自分自身が自分を応援できなくなったら、そんな人生は本当にヤバいと思うんですよね。

これはもう理屈とかじゃなく「どんな人生を歩みたいか」という意味で。

なので、世界中の誰からも反対されても、自分自身だけは自分の人生の良き理解者であり応援者であり続けてあげてください。自分自身で応援できない夢に周りの理解や応援が集まるわけないですからね!