就活したくない学生に『起業』という選択肢はぶっちゃけどうなの?

就活したくない、就活が怖い。

最近はそんな学生の悩みを聞く機会も増えていて、否が応でも僕自身が就活をしていた時のことが思い出されます。

僕が大学生だった時、周りの「外資系金融に絶対に行きたい」とか「総合商社に行けなかったら就職留年する」みたいな空気にもついていけず、また超氷河期だったこともあって「どこでもいいから内定が取れたら安心」という風潮も僕自身の中にありました。

ただ本音を言うと「できることなら就活なんてしたくないし、特に社会に出てもやりたいことなどない」というのが当時のリアルな心境で、そんな自分の本心と「とりあえず内定もらって社会人にならなきゃ」という周囲の空気との間で揺られるように、確かな当事者意識を欠いた状態で就活に取り組みました。

そして、僕の就活は「内定を取るためのゲーム」みたいになっていきました。

結局そこそこ社会的ステータスの高い会社から内定を頂き、入社して少しの間は真面目に会社員として働きましたが、就活時に抱えていた「モヤモヤ」は会社で過ごす時間が長くなればなるほど濃くなるばかり。

それから2年ほどで辞めてしまい、今は独立起業して自分のビジネスをしています。

参考:新卒で入ったホワイト企業を24歳で辞めた理由と実際に独立して思うこと

そんな経験から、これからの働き方に対して不安や恐怖心を抱えている若い世代に対して何か発信できることがあるんじゃないかと思い、この記事を書いています。

何のために就活をするのか

ホームで電車を待つ人

本来、就活をすることや内定をもらうことは、目的ではなく「方法のひとつ」であるはずです。ただ多くの就活生にとって、特に就職難が叫ばれている年の場合はそうなのですが、就活をして内定をもらうことがゴールになってしまっているのも事実ではないでしょうか。

就活中は色々なノイズに敏感になります。

マスメディアや企業側からの一方的な扇動、親や学校からの期待、周りの友人たちの「就活して内定を取ることが当たり前」という雰囲気。そんな中で生きていると、どうしても自分の本心が何なのかわからなくなってしまいます。

就職はゴールではなく、これから生きていくための「方法」でしかありません。そして学生の場合、これまで生きてきた年月の何倍もの時間をこれから生きていくことになるので、そもそもこれから自分はどう生きていきたいかを考えた上で、そのための選択として「就活」を捉えるべきだと思います。

良い会社に内定をもらっただけで幸せになれる時代なんてとうの昔に終わったし、そんなものは幻想に過ぎません。

だから親とか友達とか社会の圧力とか、いろんなノイズが入ってくる中でも、自分の心の声にちゃんと耳を澄ませてあげることが大事なわけです。

就活したくないなら「起業」という選択肢もある

もし、本当に就活をしたくないなら、自分でビジネスを起こしてしまうという選択肢もあります。

僕の場合は会社に入ってすぐに副業を始めて、会社の給料を確実に毎月上回るようになった段階で「もっと自分のビジネスに時間を使えば収益も上がるに違いない!」と思い、独立起業をしました。

起業と言っても、別に会社を作ったりしなくても良くて、まずは自分のできる範囲でスモールステップで始めてみればOKです。

ハードルの高さを感じるかもしれませんが、例えばブログなどのWEBマーケティング分野であれば、ビジネスを始めるにあたってのリスクはほとんどありません。

  • 固定費がかからない
  • パソコン1台あればすぐに始められる
  • 自分ひとりでできるからストレスもかからない
  • 在庫を抱えるリスクもない

既にパソコンを持っていて実家暮らしとかであれば、月々1000円くらいのサーバー代と年間1000円も行かないくらいのドメイン代くらいで、最低限のビジネスが実践できます。生活コストさえ抑えればリスクなんかほとんどありません。

もし僕が学生時代に戻れるのであれば、すぐにでもWEBの分野で何かしら(多分ブログとかになると思うけど)、ビジネスを始めているに違いないです。

それでも就活を頑張ってみてもいいと思う

就職活動

ただ、それでも個人的な意見を言うと、就活は頑張ってみてもいいと思います。

なぜなら新卒入社のための就職活動ができるのは、基本的に人生で1回きりだからです。

  • 今の自分の実力に見合わない会社に入社できる
  • 色んな会社の中に入れたり、プレゼンを受けれたりして面白い
  • 普段は関わることのない人と知り合うチャンス
  • ガチで頑張ることで新たに気づきや学びを得られる

少なくともこれらのメリットがあるわけですし、とりあえず就活をやってみた上で、実際に自分の目で見たものや感じたことを信じてみたらいいのではないでしょうか。

実際に深く関わろうとしないで、先入観や周りの意見だけで判断してしまうのは何かともったいなかったりするものです。

それにこんなことを言うと怒られるかもしれませんが、入った会社を辞めるのはいつでもできますけど、気になった会社に入るのはいつでもできることじゃないですよね。もっともその敷居が低いのが新卒採用です。

そういう観点でも「とりあえず就活を頑張ってみてから考える」のでも全然問題ないと思うし、1回しかできないんだし、そこから学べることも色々あるだろうから、とりあえず経験しとけばいいじゃんっていうのが僕の考えです。

参考:新卒で就活失敗しても人生終わりじゃないし逆転できるから気にしなくていい話

普通に就職した方が幸せになれる人も多い

僕はライフワークとして、起業を志す人の支援やコンサルティングをしていますが、ぶっちゃけ「この人は今のままではキツイな」という方や「この人は普通に会社員として就職して働いている方が幸せになれるんじゃないか」と思わされる人も結構います。

起業するとかフリーランスで働くためには、少なからず主体性は必要ですし、継続的な努力も言わずもがなです。

「会社を辞めて自由になりたいです。でもそのための努力ができないんです」みたいな人は、普通に独立しても食べていけないので、会社員として生きていた方が幸せだと思います。クビにならない限りは給料が貰えるわけだし、よっぽどのことが起きない限り、会社も社員を「クビ」にはできないので。

僕は「逃げ」としての起業という選択肢を決して否定しませんが(自分もそうだったので)、ただ本気で逃げたいと思うんだったら、死ぬ気で逃げるしかありません。

自分が輝ける人生を送るための「手段」を考えよう

僕の場合、これまでの人生を振り返っても「組織の中で輝こうとすればするほど空回りをしてしまう」とか「みんなと同じことをやろうとすると、やる気をなくしてしまいやすくなる傾向にある」という欠点が明らかで、逆に「みんなの中心になってまとめる」とか「自分ひとりでコツコツとやる」ことには強みを感じていました。

前者の仕事の仕方をすると、自分が途端に無能な存在になってしまうのですが(グループでやる理科の実験とか本当に地獄でした)、不思議と後者のやり方になった時は自分の輝きを感じながらストイックに頑張ることができたのです。

会社員として働くことも、起業したり組織に依存しないで生きていくことも、結局は「手段」でしかないですからね。

そうは言っても、まだ若い頃は「自分の輝き方」なんてわからないと思います。そんな時は、

  • どんな時に自分は死ぬ気で頑張れるのか
  • どんな人に自分は憧れるのか

この2点を軸に考えていけばいいと思います。

僕自身は前述したような「自分で主体性を持って、一人で何かを積み上げていくこと」なら死ぬ気で(というか寝食を忘れるほどに)没頭できましたし、「組織に依存しないでチャレンジをしている人」に対して強い憧れを持っていました。

会社員時代に営業先のお客さんで「自分でカフェをオープンする準備を進めている人」がいたのですが、本気でその人の状況が欲しいとさえ思いました。

自分がどう生きたいのか、何をしたいのか、どんなことなら没頭して頑張れるのか、まずはそこから自由に思いを巡らせてみましょう。

まとめ:就活したくないから「起業」という発想について

個人的には起業をする上での最初の動機は何でもいいと思っています。モテたいでも、お金を稼ぎたいでも、会社に行きたくないでも何でも。

ただ社会に出て働くのも、個人で起業して食べていくのも、どちらも大変なことはあって、結局のところ「自分がどっちを選択したいのか」になるんじゃないかなと思います。

僕もよく色んな人から「大変そうだね」と言われることがありますが、それらは別に僕にとっては大変でもなんでもないことばかりだし、ぶっちゃけ大変だなんて感じたことはありません。

結局は「大変なこと」はどの世界にも存在していて、自分が大変に感じるかどうか、それを上回るほどの喜びを感じることができるかどうかなのだと思います。

僕自身は起業してよかったと思ってるし、このフリーに生きていく感覚が楽しくてしょうがないです。だから興味がある人はとりあえずやってみればいいんじゃないでしょうか。さっきも言ったようにリスクなんて今時ほとんどないのだから。

でも、就活は就活で貴重な体験ができるチャンスだし、先のことなんてまだわからないことも多いわけだし、とりあえずは色々と自分の目で確かめてみることが大事なんじゃないかと思います。それで僕みたいに「あ、やっぱり会社辞めて自由に生きていきたいわ」って思ったら、そっちに全力投球するとかでも全然アリなんじゃないですかね。