会社を辞めて独立起業をする前に|在職中にやっておくと良いことを体験談から語ります。

僕は2015年春に勤めていた会社を辞めて独立起業(法人化)をしましたが、会社員時代には難なくできたあらゆることが、退職後にはとても難しくなるものです。

例えば、クレジットカードや住宅の審査などです。(フリーランスで引っ越しに苦労する人は相当に多いはず)

また、会社を辞めた後に独立起業する場合でも、事前に会社員時代から準備しておいた方がいいことって実はたくさんあります。

この記事では僕自身の実体験をもとに、会社を辞める前にやっておいた方が良いことと、独立起業前に準備しておいてよかったことの体験談を語っていきます。

クレジットカードを作っておく

クレジットカード

会社を辞めて間もない頃は、信用も高くないため、クレジットカードを作る際に不利に働いてしまう可能性が高いです。

特に独立起業して働いていく場合は、オンライン決済のシチュエーションも増えると思いますし、何かとクレジットカードがあった方が便利です。

なお法人化をする場合でも、個人名義のクレジットカードで決済をした際も会社の経費として計上できるので(もちろん経費になる買い物をした場合に限りますが)、まだカードを持っていない場合は、会社を辞める前に何かしらのクレジットカードを作っておくと良いですね。

不動産の審査や住宅の用意

同様の理由で不動産の審査も通過しにくい可能性は高いです。実際に僕の知り合いで独立して間もない人は、特に都内の物件の審査に手こずっている印象です。

僕は独立起業して成果を安定して出せるようになった後は、決算書や確定申告書を提出するなどの方法で「安定した支払い能力の証明」をして、自分が気に入った物件の審査を通すことができましたが、独立して間もない頃は会社員時代に契約した一人暮らし用のマンションに住んでいました。

特に社宅や会社の寮に住んでいる場合は、会社を辞めた後に住む場所に困る可能性もあるので、それを踏まえて、会社員をしている間に部屋を借りたり実家に話をつけるなどしておくことをオススメします。

副業である程度のところまで準備しておく

独立起業して働いている人

会社を辞めてから独立起業したりフリーランスとして生きていくつもりでも、退社前の会社在籍中からできる限りの準備をしておいた方がいいです。

何事も新しく始める時が一番エネルギーを使いますし、起業していきなり順風満帆になることはありえません。会社を辞めて「今から自分のビジネスに打ち込むぞ!」とモチベーションが上がったところは良いものの、ゼロから新しいことを始める大変さに打ちひしがれてしまうのは非常にもったいないですよね。

だからこそ、会社に行きながらでも出来ることはどんどん進めておいた方がいいです。

僕自身も副業でブログ運営を始めて、会社員の給料を超えるくらいは稼げるようにしておいたり、独立後を見据えてマーケティングやWEB集客の勉強も、時間を作って行なっていました。

副業が会社で禁止されている場合は?

もし副業が会社の規定で禁止されている場合も、出来ることはたくさんあります。

独立起業したいジャンルの勉強を進めておくとか、収益化しない範囲で(あくまで趣味と言い張れるレベルで)アウトプットを進めるとかは普通にできますよね。

例えば、将来的にWEBマーケティングとかアフィリエイトをやりたいという場合、会社から副業が禁止されていても、「WEBメディアを立ち上げて、PVを伸ばしたり、離脱率を下げる施策をテストしたりする。でも広告は設置しないで収益化もしない」などは普通にOKなはずです。

あるいは、SNSのアカウントを育ててフォロワーを増やすことで、実際に独立起業した後の集客がスムーズになるようにしておく、なんかも全く問題ないですよね。

仮に会社から副業が禁止されていても、独立後を見据えて「準備」として出来ることは積極的に行なっていったほうがいいでしょう。

独立後の人脈をある程度作っておく

フリーランス仲間

僕は会社員時代から、独立起業を目指す人たちが集まるコミュニティに参加したり、自己投資してセミナーを受けたり勉強会に参加したり、WEBマーケティングに関するコンサルティングを受講したりしていました。

参考:社会人1年目の給料を自己投資に使いまくったら人生が激変した話

起業して成果を出していくためには、一人で孤独に頑張っていく時間は必要です。絶対に。

ただ、濃い情報を交換できたり、見込み客を紹介してくれたり、辛い時や上手くいかないときに励まし合ったり叱咤激励し合えるような、そんな仲間がいることで「ひとりで頑張る時間」の質も上がったりするものです。

どこかのコミュニティに参加してみたりするのもいいし、あるいはSNSで積極的に発信をしたり、近い価値観や目標を分かち合えそうな人と交流してみるのもいいです。

まずはできることから、独立後の人付き合いのタネを蒔いていくことはオススメです。

最低限の貯金を貯めておく

少なくとも数ヶ月は生きていけるくらいのお金は貯めておいた方がいいですね…!

どうしても人はお金がないと生きていけません。特に独立してビジネスをやっていく場合は、お金に余裕がなくなってくると、目先のお金にばかり目が行ってしまい、非論理的で誤った判断をしてしまうリスクが非常に高くなります。

心の余裕があるからこそ、あらゆることが上手くいくようにもなるので、最低限の貯金は貯めておきましょう。

最後に

見切り発車で会社を辞めてしまうのも素敵な決断ですが、僕の周りを見ていると、独立起業をして上手くいっている人の多くは、会社を辞める前から戦略的に準備ができていた人が多いように感じられます。

将来どうしたら成功できるのかを考えて、堅実に行動ができる人は、実際に会社を辞めた後も上手くいきやすいものです。ぜひ参考の一つにしていただければ!