ゼロから起業したいならリスクがない方法を選択すべし|まずは副業から小さな規模で始めよう。

[TheChamp-Sharing]

「起業」と聞くと、ハイリスクハイリターンで「リスクがとにかく大きいもの」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

多額の融資を受けたり、多額の人件費やコストがかかったり…という心配から、なかなか一歩を踏み出すことができない人も多いと思いますが、今の時代ではほぼノーリスクで起業に挑戦することは普通に可能です。

実際に僕もまずは副業から自分のビジネスを始めて、副業の収入が本業を超えて軌道に乗ったところで、会社を辞めて独立をしました。

一口に「起業」と言っても、100人いれば100通りの起業のやり方があるわけですが、今や起業におけるリスクを限りなく小さくできる時代。歴史上最も起業しやすい時代と言っても過言ではありません。

ぜひ「こういう働き方もある」という一つの参考事例として経験談を受け取っていただけたら幸いです。

避けるべき起業のリスク

起業をする上で「避けるべきリスク」には以下のようなものがあります。

お金のリスク

ドラマ等の影響もあるのか「借金」など金銭面でのリスクを不安視する人は多いですが、ビジネスにおいては「収入額>支出額」という状況を常時作り出すことができれば、さほどお金に関する心配をする必要はなくなります。

  • 初期投資額が莫大になるリスク
  • 固定費や仕入額が高くなるリスク

ビジネスにおける「お金のリスク」を具体的に掘り下げると、大きくこの2つに落ち着きます。

「お金がないから起業できない」と考える人もいるかもしれませんが、それも「お金の面でリスクが取れない」と言い換えることができます。

時間のリスク

起業をする上で投じるリソースはお金だけではありません。時間も貴重な投入資源です。

つまり、どれだけ時間をかけても結果に繋がらなかったり、あるいは結果が出るのに莫大な時間を要してしまうのも、一つの「リスク」として定義できます。

そもそも「時間がない」という理由で起業に二の足を踏む人も多いですし、時間は限りあるものですから、当然ながら他のことを犠牲にする必要も出てくるわけです。

環境の変化に対応できないリスク

何か特定の要素(プラットフォームやツール、少数の大口顧客など)に依存したビジネスモデルの場合、一時は調子が良くても、ちょっとした環境の変化で一気に売上が激減したりゼロになってしまう可能性もあります。

栄枯盛衰という言葉もありますが、途中までは全てが上手くいっていたのに、砂の城が崩壊するようにある日突然すべてが崩れ去ってしまう…なんてことになったら目も当てられません。

もちろん胆力がある人はそこからの再起も可能だと思いますが、できるだけ時代の変化に対応可能なビジネスを行なっていくか、複数の収入源を持つべきです。

リスクは極力取らない方がいい

「起業家たるものリスクを取れ!」と主張する人も多いですが、絶対にリスクは小さくした方がいいし、ゼロにできるものならゼロにしてしまった方がいいです。

まずはリスクを取らずに成功してしまい、ある程度の余裕ができた時点で、余剰したリソース(資金とか時間とか)でリスクを取って、更なる成功を求めていく方が遥かに効率が良いので。

リスクが大きいと精神的に負担がかかる

リスクが大きい状態でビジネスをやろうとしても、精神的にかなり負担がかかるし、どんどんしんどくなっていきます。

例えば、多額の融資を返済しなくてはいけなかったり、高いオフィスを借りて賃料が毎月かさんだり、従業員に遅延なく給料を払わなくてはいけなかったり…といった金銭的リスクが大きいと当然ながら負担は大きくなります。

精神衛生的に良い状態でビジネスをやった方が当然上手くいきやすいし、何より身体や心を壊してしまったらビジネスどころではなくなってしまいますよね。

火事場の馬鹿力と言いますが、できるだけストレスフリーで挑戦した方が、のびのびと潜在的な力を発揮できるようになります。

目先の利益ばかり気にして迷走する

どうしても最初に大きなリスクをとると、目先の利益を過剰に気にせざるを得なくなります。事業を行う際には当然ながら目先の利益だけでなく、長期的な視野に立った成功を目指していかないと結果として上手くいかないし、時に最初のうちは「お金よりも信用を優先的に集める」という取り組みも必要になります。

また厳しい状況に陥った時に、目先の利益のために迷走する人って実際のところめちゃくちゃ多いです。

成功の確実性を高めよう

そういうわけで、まずは確実に「成功しやすい方法」で起業をすることをオススメします。自分の強みを活かすとか好きなことをやるよりもまず「成果が出やすい方法」で経済的な余裕と余剰な時間を手にしてしまうこと。

その上で、余ったリソースを活用していけばいいわけなので、まずは「失敗のリスクがほとんどないビジネス」で確実にお金とスキルと信頼を手にしていきましょう。それが弱者の戦略です。

まずリスクを取っても良い状況を作る

そもそも「どれくらいリスクを取れるのか」には個人差がありますが、大きな成果を出すためには、何かしらのリスクを取るべきというロジックも理解できます。

だからこそ、まずはリスクを取っても何も問題にならないような状況を作ることが大切です。

例えば固定費を減らして自由に使えるお金を捻出するとか、まずは小さな規模でビジネスを始めて確実に軍資金を集めていくとか。いきなりリスクを取る必要はないし、そもそもリスクを取れない人の方が現実的に多いわけだから「リスクを取れる状況」を作ることにまずは集中していきましょう。

リスクなしで成功するための起業の考え方

仕入れの必要のないビジネスをする

まずは不用品をメルカリやヤフオクで販売してみるとかでもいいと思います。あと案外、家にある不用品の処分に困ってるって人も多いですよね。捨てるのにも売るのにも手間がかかるし。友人や家族からそういうものを貰って販売するとかも当然ありです。

コンサルティングのように知識を提供するビジネスモデルもいいと思うし、ブログやアフィリエイトのようなコンテンツビジネスもこれに当てはまります。

また、既に成功している経営者や起業家のお手伝いから始めるのも効率的ですよね。Voicyの文字起こしをするとか、セミナーのアシスタントをするとか。

何れにしても、まずは仕入れの必要のないビジネスから始めて、確実に利益を増やしていくのがオススメです。最初のうちは大きな売上が見込めなくても、支出がなければ手元に残る利益が大きくなりますので。

初期費用と固定費のかからないビジネスをする

同様に初期費用と固定費がかからないという点も重視したいです。日々の固定費を減らすことで、赤字になるリスクを減らすことができますし、売上が少額でも全額が利益になれば、普通に生活にもゆとりができやすくなりますから。

僕はまず副業でブログを始めましたが、ブログならサーバーのレンタル代やドメイン取得料金などありますが、年間でも1万円ほどしかかかりません。いきなり大きな事務所を借りて人も雇って…では固定費も跳ね上がりますし、まずは小さく始めて確実に利益を出していくことから始めていくといいですね。

参考:副業のブログアフィリエイトで月収10万円を稼いだ方法と当時の裏話をまとめてみた【完全版】

そうすると「失敗」という概念もなくなり、何度でもチャレンジし続けられます。ビジネスにおいて継続力は超重要ですが、そもそも物事を無理なく継続できる状況を作ることは非常に大事です。

自分の価値が上がるようなビジネスをする

1つの収入源に依存するのはリスキーなので、いずれは複数の収入源を作っていくといいのですが、まず大前提として「自分の価値」が高まるような働き方を選ぶことが大事です。

仮に瞬間風速的に大きな金額を稼げたとしても、何か環境要因の変化で売上が一気に落ちてしまうことも可能性としては考えられます。ただ自分にスキルがあったり、その過程で信用を貯めることができたのであれば、次の再起が容易になるし、またすぐに同じくらいの結果を出せるようになります。

ただ結果を残せるというだけでなく、その過程で自分のスキルアップに繋がり、自分の価値を高められるようなビジネスに取り組むことをオススメします。

まずは副業から始めてみるといい

もし会社員の方で将来的に起業してみたいと考えている場合(あるいは「会社員生活が合わなすぎるから辞めて、新しい働き方を選択したい…!」と)、いきなり独立起業をするのではなく、まずは副業から始めてみることをオススメします。

最低限の生活費は会社の給料で確保できる

どうしてもゼロからビジネスを行う場合は成果が出るまでにある程度の時間を要することもあります。そこで結果が出ないからといって「隣の芝生は青い」現象に陥ってしまってコロコロとやることを変えていては、いつまで経っても何も起こらないままです。

まず副業から始めるメリットは「生活費」の保証ができることにあります。

僕も普通に昼間は会社員として働いていたことで、自分のビジネスの結果が出なかったり、あるいは売上が下がった時にも精神的なダメージを受けることなく、軸をブラさずに継続することができました。

売上が下がったり芽が出ないことで迷走して、怪しい詐欺まがいなセールスに引っかかったり、心が病んでビジネスの実践が止まっちゃう人。実は結構います。

そのリスクを避けるためにも、まずは経済的な基盤を固めていきたいですね。(生活コストも最初はできるだけ落としたほうがいいです)

余剰資金を自己投資に当てよう!

だからこそ、まずは生活の基盤を支えるだけのお金をお給料として貰いつつ、余剰資金を自己投資に当てたりして、ビジネスを前向きに進めていくといいです。

ちなみに下記リンク先記事で紹介しているような自己投資ができたのも、会社員として働いてお給料をもらっていたからです。

参考:社会人1年目の給料を自己投資に使いまくったら人生が激変した話

周りの先輩たちがボーナスで高級時計を買ったり車のローンを組む中、僕はWEB制作のツールを買ったり、マーケティングのセミナーを受けたり、起業全般の個別コンサルを受けたりしていました。

やはり成果を出すには何かしらの自己投資は不可欠だと僕は思っていますが、それが可能なのも、まずは安定した生活基盤があってのことです。

安心があるから勇気を持って行動できる

まずはスモールステップで始めてみて、上手くいきそうだったらそのまま続けていけばいいし、もし仮に自分には無理そうだなと思ったら会社員を続けながら他の道を探すとかでもいいと思うんです。

「リスクを取らないと行動できない」と主張する人もいますが、僕から言わせれば、リスクを取らないと行動できないような人はリスクを取っても本気で行動できないと思います。

むしろ「安心があるから勇気を持って行動できる」という人も世の中にはたくさんいるわけだし、まずは自分が身を置く環境の中で、あらゆる可能性を残しながら頑張ってみるのが凡人の戦略として最適です。

会社員というセーフティネットを残しておくのも、前述した「リスクの取れる状況を作る」という話に通じます。

どうしても会社を辞めたいときは

ただ「今の会社に居続けると精神的に本当にキツイです…」という場合は、スパッと会社を辞めちゃった方がいいと思います。健やかな心身以上に大事なものってないですから。

僕もコンサルタントという仕事柄、副業をされてる方のご相談に乗ることも多いですが、最終的には本人の覚悟と本気度が一番大事です。ただ会社を辞めた場合でも、まずは生活費と軍資金を作るという意味でも、契約社員とかアルバイトとして収入源を確保した方がいいと考えています。

そこがあるのとないのとでは、やはり毎日への安心感が違いますし、その安心感があるからこそ自信を持ってビジネスに没頭できたりもするものです。

背水の陣で戦う人はカッコいいですが、安心感が余裕を生み、余裕がインプットとアウトプットの良い循環を生むことも確かですからね。

 

今回の記事は以上です。スモールステップの起業術で「小さく始めて大きな成果」を出していきたいなら、WEBを活用して自己発信したりコンテンツマーケティングをするのが最もオススメです。

リスクも極少ですしリターンも大きいので。具体的な流れや考え方はメルマガ登録者の方にセミナー動画でプレゼントをしていますので、よかったらぜひ下記のフォームよりお受け取りくださいね!