ブログ運営初期のキーワード選定は「3語の複合キーワード」を狙うべし!

[TheChamp-Sharing]

ブログを立ち上げて間もない頃は、ブログのドメインパワーも弱く、記事を上位表示させてアクセスを集めることが非常に難しいと感じられるでしょう。

「良い記事を書けばいつかは上位表示される」という意見もありますが、その「いつか」が果たしていつになったら訪れるのかは神のみぞ知るところ。

どうせなら、ブログ運営開始後すぐにアクセスをどんどん集めていきたいですよね。その方がテンションも上がるし、もっとブログ更新頑張ろうって思えるようになると思います。

そのためには、まず「3語の複合キーワード」で確実に上位表示を狙っていくと、比較的カンタンに上位表示ができるようになります。それでは詳しく解説していきますね。

検索エンジン経由でアクセスを伸ばすために大事なこと

検索エンジン経由でブログのアクセスを伸ばすために大事なことは以下の2つです。

  • 検索需要の大きなキーワードを選ぶ
  • 選んだキーワードで確実に上位表示させる

すなわち「検索需要の大きなキーワードで上位表示されればアクセスも集まる」ということです。

ブログ記事を上位表示させるための方法

検索結果画面でブログ記事を上位表示させるための方法は、

  • ライバル記事を抜かして上位に行く
  • ライバル不在のキーワードを狙う

ざっくり分けると、この2つになります。

ブログ立ち上げ初期はドメインパワーが弱い

ただ、ブログを立ち上げてから間もない頃は、Googleからサイトの存在をちゃんと認識されていないため、Googleからの評価が低い(イメージとしては「評価なし」)という状況です。つまりドメインパワーが弱いわけですね。

Googleが検索順位を決めるアルゴリズムは基本的に非公開なため、あくまで推測の域を超えることはできませんが、記事の質が同じようなコンテンツが複数あった場合、ドメインとしての評価(ブログ全体の評価)が高い方が上位表示される可能性が高いです。

そして、Googleからの評価がない弱小ブログの場合、どれだけライバル記事より良い記事を書いても、上位表示されるのに時間がかかりすぎてしまいます。

まずは確実にライバル不在の場所を狙おう!

最初のうちは、頑張って良い記事を書いても、ライバルがたくさんいるキーワードで上位表示させることは難しいです。

したがって、ブログ立ち上げから間もない頃は、できるだけ「ライバルがいないキーワード」で確実に上位表示させてアクセスをしっかり拾っていくといいですね。

ライバルが少ないキーワードの例

基本的に検索キーワードがタイトルに含まれていない記事ばかり表示されている時はライバルがいないと判定していただいて大丈夫ですが、最も大事なことは「検索意図(検索した理由)が満たされている記事が上位表示されているかどうか」です。

特定のキーワードで検索をした時に、そのキーワードで検索して解決したかった悩みや疑問を解消してくれるような記事が存在しなければ、そのキーワードで上位表示できる可能性が非常に高くなります。

一方で、検索したキーワードがタイトルに含まれていなくても、類似キーワードがタイトルに含まれていたり、検索意図がきちんと満たされているコンテンツを提供しているブログがあれば、それは普通にライバルになり得ます。

3語以上の複合キーワードを狙おう!

特にブログ運営初期にオススメなのが、3語以上の複合キーワードで上位表示させることを狙って記事を書くことです。

その理由は以下の通りです。

  • 比較的ライバルが少ない可能性が高い
  • 検索意図が明確になり良質な記事が書きやすい
  • 単一ワードよりもアクセスが大きいこともある

それでは順番に説明していきます。

比較的ライバルが少ない可能性が高い

1語(単一キーワード)よりも2語の方が。2語よりも3語の複合キーワードの方がライバルが少ない可能性が高く、複合キーワードの数が増えれば増えるほど、基本的にライバルが少なくなっていくものです。

ライバルがいない3語の複合キーワードの事例

 

例えば「修学旅行 便利グッズ 100均」と検索してみると、上位3つに入っている記事は「100均で買える便利な旅行グッズ」の紹介ばかりで「修学旅行ならでは」の要素は全くありません。

これでは「修学旅行の便利グッズを安く探してる検索者」のニーズは完璧には満たされませんよね。(校則やルールの多い修学旅行ならではのアイテムとか悩みって絶対にあるはずです!)

そこで「修学旅行生の検索ニーズに120%コミットしてあげられる記事」を書ければ、上位表示の可能性はかなり高まります。

もしこれが2語だったら…、

2語でライバルが多い複合キーワードの事例

 

まぁ割といるんですよね…!

一番上の記事はジャストで検索意図に沿っていますし(ハンズで買えるものに限定されてますが)、2つ目はちょっと広い(便利じゃないものまである)、3つ目はターゲット絞りすぎ(女子中学生オンリー?)という問題点はあるにせよ、3語の複合キーワードで検索した時よりは、検索意図に沿ったライバルは多いと感じられます。

MEMO

3語で検索した時にライバルが多いと感じられた場合は、4語まで増やしてみるのも当然ながらアリです。ただその場合は検索ボリュームが落ちてしまう可能性があることは考慮しましょう。

検索意図が明確になり記事が書きやすくなる

単一ワードから2語の複合ワード、3語の複合ワードへと複合キーワードの数が増えるに従って検索意図が明確になります。

  • 単一ワード:修学旅行
  • 2語の複合ワード:修学旅行 便利グッズ
  • 3語の複合ワード:修学旅行 便利グッズ 100均

「修学旅行」、「修学旅行 便利グッズ」、「修学旅行 便利グッズ 100均」になるに従い、検索者の知りたいことが明確になっていきますよね。

たまにコンサル生から「記事の本文で何を書けばいいのかわからなくなってしまった」という相談を受けますが、そういう時は検索意図が明確に定まっていないことがほとんどです。

ユーザーにとって満足度の高い記事を書くためにも、検索意図を明確にしましょう。そのためには複合キーワードを使うとやりやすいです。

単一ワードよりもアクセスが多いことがある

下の図は先ほどのキーワードの検索ボリュームをキーワードプランナーを使って調べた結果の画像です。

 

複合キーワードと検索需要のキーワードプランナー

これだけ見ると「修学旅行」が一番検索ボリュームがあるので、「修学旅行」単体で上位表示させたら最もアクセスが集まるんじゃないかと思われるかもしれません。

ただ、単一ワードで検索する人が10万人いたとして、その10万人が全員同じ情報を求めているということは基本的にありえません。

「修学旅行」で検索する人はいったい何を知りたいのでしょうか。持ち物を知りたい人もいれば、行き先の候補地を知りたい人もいるし、恋愛関連の悩みで検索する人もいるでしょう。そもそも検索者の属性も親、先生、子どもなど絞りきれません。

あるいは「修学旅行」の検索結果画面を見て「もっと具体的に検索しないと欲しい情報が手に入らない」と思い、サジェストや虫眼鏡から複合キーワードで検索し直す人もいるでしょう。

そのため、検索ボリュームの大きい単一ワードで上位を狙うよりも、検索意図がわかりやすい複合キーワードで確実に上位を取った方が、結果としてアクセスが集まりやすいことも普通にあり得るわけです。

アクセスが集まればドメインパワーも上がる

ドメインパワーを上げる方法としては「被リンクを増やせばいい」とか「権威性を証明すべき」とか様々な説がありますが「アクセス数が増えればドメインパワーが上がる」という見方はまず間違いないと思われます。Googleのアルゴリズムは「人気投票」的な側面も強いとされており「多くの人に見られている=人気」という見方もできますから。

そのため、まずは確実に3語以上の複合キーワードで上位表示をさせてアクセスを集めていきましょう。

そうすればゼロの状態よりもGoogleから評価されやすくなり、次第にドメインパワーも上がってきて、新規で記事を書いたときにも比較的上位表示させやすくなります。

注意

ただ上位表示させてアクセス数を増やせたとしても、ユーザーの求める記事を書けていない等の理由で離脱率が増えたり滞在時間が短くなると、SEO的な評価は落ちる可能性が高くなるので注意が必要です。

単一キーワードや2語でも上位表示させるには

3語の複合キーワードで検索上位を取れてアクセスが集まるようになったら、その記事のSEO的な評価が高まり、次は2語の複合ワードでも上位が取れる可能性が高まります。

  1. 「修学旅行 便利グッズ 100均」で上位表示されてアクセスアップ
  2. 「修学旅行 便利グッズ」でも上位表示が可能に!

こんな流れですね。

ただし、より多くの複合キーワードで上位表示させたことで、段階的に少ない複合キーワードでも上位が取れるようになるのは、記事タイトルや記事の内容が検索意図を満たしている場合に限ります。

最終的に単独キーワードで上位表示できた事例

 

例えば、上記の画面のように、僕が運営している別サイトの記事は「自己投資」というキーワードで1位〜5位あたりをずっとウロウロしています。

これも、まずは「社会人1年目 自己投資」で上位を取り、その次に「社会人 自己投資」で上位になり、最後に「自己投資」単体で上位になったという流れがあります。ただ「自己投資」という単一ワードにおける検索意図と、この記事の中身やタイトルが合っていなければ、どれだけ2語や3語で上位表示されアクセスが集まったとしても、単一ワードでの上位表示は難しかったと思います。

そのため、最終的に単一ワードでも上位を取りたいと思うなら、複合ワードを考えるのと同時に、その単一ワードで上位表示されている記事をチェックし「どの方向性で攻めれば上位表示できそうか」という点も考慮して記事内容や複合ワード(関連ワード)を決めていくといいですね。

ということで、ブログ運営開始初期のキーワード選定は「3語の複合ワード」を狙って確実に上位表示させてアクセスを集めていきましょう、という記事でした!

よかったらぜひ参考にしてください。