ブログ運営1年で月収100万円突破!収益とPVアップのポイントを公開

[TheChamp-Sharing]

 

1年前(2018年8月末)から運営しているブログの収益が2019年の8月に月収100万円を超えました。

1年間で投稿した記事の数は約400記事。

ジャンルはエンタメ系を中心とした網羅性の高い雑記トレンド系です。

かなり安定してアクセスも集まっていますし、ビッグワードで上位が取れていたり、アップデートの影響もほぼ受けずにやってこれています。

まだ試していない収益化の方法もたくさんあるので、これからの収益化もかなり期待が持てるのではないかと思っています。

この記事では、ブログ立ち上げから1年間のアクセスや収益の推移、1年で月収100万円以上の成果を出すために効果のあった攻め方や、実際に意識してきたことをお話ししていきます。

ブログ立ち上げから1年間で月収100万円突破

立ち上げから約1年ごとなる2019年8月の収益のデータがこちらです。

 

  • Googleアドセンス:155万5249円
  • その他ASP:36万1362円
  • 合計:191万6611円

正確な収益額は191万6611円と、200万円近い収益額を達成することができました!

ちなみにこの月のアクセス推移はこんな感じです。

飛び抜けてアクセスが集まった日が2日ほどありますが、その他は基本的にデイリーで5万PVから10万PVの間をウロウロしています。

ブログのジャンルや基本データ

  • ジャンル:エンタメ系の雑記ブログ
  • 投稿記事数:約400記事
  • 収益源:Adsenseメイン(途中から他ASPも活用)
  • 集客経路:主にオーガニック検索

ジャンルはエンタメ系の雑記ブログで、リアルタイム性の高いショートレンジキーワードでアクセスの爆発を起こしつつ、安定的なロングレンジキーワードも狙ってサイトの安定化を狙っていきました。

以下でお見せするアクセス数の推移をご覧いただくと、かなり安定的にアクセスが集まっていることがお分りいただけます。

また記事の質(検索意図に合った記事作成)もかなりこだわっていたので、アップデートの度に検索順位も上がっていきました。

ブログ立ち上げから1年間の収益とPVの推移

1年で月収100万円以上の成果が出るようになったブログのアクセスの推移からご紹介します。

2018年8月末に初めて記事を投稿し、毎日1記事以上のペースで記事を書いていきました。

ブログ運営1年間のアクセス推移

3ヶ月目で月収50万円まで収益が伸びましたが、この時期は信じられないようなアクセスの大爆発が起こりました。

単発的にアクセスが激増したので翌月からは少しアクセスは落ちていますが、10月以前と比べてアクセス数が格段に底上げされていることがわかります。

2019年5月からは月間100万PVを切らなくなり、月収190万円まで伸びた2019年8月は月間300万PVも超えるようになりました。

また1年間のアドセンスの収益額のデータはこのような感じです。

最初の2ヶ月は完全に低空飛行が続いていましたが、3ヶ月目に大きく跳ねましたね!

他ASPからの収益も加えると、2019年4月からはずっと50万円〜70万円あたりをキープしてる感じでした。

1年間のブログ運営データを細かく見ていこう!

ここからはもう少し細かく区切って、1年間におけるブログ運営で生まれた収益額やPVの変化や、それぞれの時期で意識していたことをお伝えしていきます。

1ヶ月目〜2ヶ月目:立ち上げ期

  • 2018年9月の収益:12,895円
  • 2018年10月の収益:22,089円

この時期はとにかくサイトを立ち上げたばかりということで、比較的ライバルと競合しなさそうなキーワードを狙って、確実に上位表示を取りPVを上げていくことを意識しました。

記事ネタのリサーチもネットの中だけで完結するのではなく、雑誌をたくさん購入して読み込んだりなど、記事ネタやキーワード選定に手間暇をかけるようにするなど「ライバルが少なくて需要が大きいキーワード選定」にフォーカスしていきましたね。

サイト立ち上げ初期に意識したこと

ライバルが少ないキーワードで記事を書く

新規キーワード(新しく生まれたキーワード)を狙う

雑誌やSNSなどリサーチ源で差別化を狙う

新規キーワード記事を書いて既存キーワード記事でも上位表示させる流れ
ブログ初心者が最速でアクセスを増やしたいなら「新規キーワード」を狙おう!

あとは記事数が増えてこないとなかなか検索エンジンからの評価も高まらないので、できるだけ1日に複数記事を更新するようにもしました。

ショートレンジの記事でヒットを狙って定期的にアクセスの小爆発を起こし、ロングレンジ記事も次第に検索1ページ目に表示されるようになるなど「爆発→底上げ」の王道的なアクセスアップの流れに。

ただ、なかなかビッグワードでは上位が取れず、収益的には2ヶ月で月収2万円止まりでした。

3ヶ月目〜5ヶ月目:大爆発からの安定期

ブログで月収100万円を超えるまでのアナリティクスの推移

  • 2018年11月の収益:500,780円
  • 2018年12月の収益:245,334円
  • 2019年1月の収益:247,027円

11月末にありえないレベルの大爆発が起こってしまい、数字の変化がわかりにくくなってしまいすみません…!

空前絶後の大爆発が起こるまではデイリーのPVが5000〜7000前後がデフォルトで、たまに13000くらいまで伸びるという感じで、今月はギリギリ月収10万円いくかどうかという感覚でした。

ただ11月末に書いた記事がイレギュラーなレベルでの大爆発を起こしてしまい、結果として2日連続で日収10万円を超えて、最終的な収益は月収50万円となりました。

単発的に検索需要が激増したキーワードで上位表示されてのアクセス増だったので、そこから先はアクセスの平均値は落ちて、3ヶ月目よりも4ヶ月目は収益的には落ちました。

ただ、アクセスの爆発が起こる前よりは遥かに底上げされたのと、それがきっかけで過去記事や新規で書いた記事も次第に上位表示できるようになったので、4ヶ月目も5ヶ月目も収益的には25万円前後と安定した数字となりました。

POINT

アクセスが爆発すると、検索エンジンからのサイト全体の評価が高まり、過去記事や新規投稿記事が上位表示される率が上がりやすくなります。

だからこそ、初期のうちは確実に上位表示が取れるキーワードを狙って小さな爆発を起こしながらアクセス数の底を上げる…という流れを意識していくのがオススメです。

6ヶ月目〜8ヶ月目:安定期

サイト運営6ヶ月目〜9ヶ月目のPV数の推移

  • 2019年2月の収益:192,047円
  • 2019年3月の収益:366,325円
  • 2019年4月の収益:420,977円

この頃に特に力を入れて書いていたのは、安定的に検索需要が見込めるロングレンジ記事でした。

もちろん競合の強いキーワードではすぐに上位表示ができないため、2019年2月は前月よりもPVも収益もダウン。

しかし3月に入ると、過去に書いて上位表示されていた記事が定期的にアクセスの爆発を起こしてくれたのと、当時話題になったGoogleの大規模アップデートの後に競合サイトよりも上位表示されるようになり、アクセスの水準も前月よりも大幅に増加しました。

4月に入ると、ショートレンジキーワードで確実に爆発を起こしながら、2月以前に書いていたロングレンジキーワードでも上位表示ができるようになり、アクセスの底値も30000PV前後となりました。

POINT

アクセスが爆発すると、検索エンジンからのサイト全体の評価が高まり、過去記事や新規投稿記事が上位表示される率が上がりやすくなります。

だからこそ、初期のうちは確実に上位表示が取れるキーワードを狙って小さな爆発を起こしながらアクセス数の底を上げる…という流れを意識していくのがオススメです。

9ヶ月目〜11ヶ月目:爆発前夜

  • 2019年5月の収益:667,246円
  • 2019年6月の収益:664,007円
  • 2019年7月の収益:619,416円

前述したGoogleアップデートのおかげで、競合サイトよりも上位表示がしやすくなり、過去に書いたロングレンジ記事がどんどんアクセスを集めてくれるようになったのがこの時期。

アクセス数も安定して毎日3万〜5万PVを集めつつ、たまにショートレンジ記事も書いて7万〜10万PV前後の爆発も起こしていきました。

この時に頑張ったのが、過去に書いたロングレンジ記事の修正です。

情報を新しくしたり、サーチコンソールをチェックしながらキーワードを追加したり内容を加えたりすることで、過去に書いて記事も次第に1ページ目の上の方に表示されるように。

サーチコンソール
サーチコンソールからブログのお宝キーワードを選定する方法|実際のデータを見せながら解説します

また6月からは新しい広告も試し始め、その結果として7月のアドセンス収益は下がりましたが、この時期は6〜8ヶ月目のようなアクセスの集まり方をより高いレベルで実現できた感じです。

POINT

過去に書いた記事は書きっぱなしにするのではなく、サーチコンソールを見たり競合サイトの内容をチェックしたり最新情報を追記しながら、より順位を上げるために修正をしていきましょう。

最初の頃は新規記事の投稿に集中すればいいですが、ある程度アクセスが伸びてきてブログ運営歴も伸びてきたら、より上位表示を目指すためにブログのメンテナンスを行っていくといいですね。

1年間で月収100万円に達するまでに大事にしたこと

  • 検索需要のある記事を書く
  • 戦略的にブログを育てていく
  • 目先の利益にこだわりすぎない
  • 日々の数字に一喜一憂しない
  • 記事ごとのクリック率や単価を分析する
  • 書いた記事はちゃんと自分で読んでみる
  • めんどくさいことも丁寧に
  • 競合サイトは日々研究する
  • サジェストや虫眼鏡の変化をチェックする
  • リスクの大きな記事を書かない

順番に詳しく見ていきます。

検索需要のある記事を書く

アドセンスで収益化する場合は基本中の基本ですね。

検索ボリュームのないキーワードで上位表示を取れたとしてもアクセスはほとんど集まりません。

自分の好きなことや興味があることファーストで記事を書くのではなく、世間が求めているテーマについて記事を書く。この姿勢は絶対不可欠かなと思います。

戦略的にブログを育てていく

とはいえ、まだドメインパワーも弱いブログ立ち上げ当初に、強力な競合サイトもひしめくビッグワードを狙っても上位表示などできるわけがありません。(仮にできたとしても何ヶ月も先になるでしょう)

なので、初期はできるだけ「ライバルが少ないけど需要のあるジャンル」を狙うようにしました。

ブログ,ライバル
ブログ記事のライバルチェックの方法|穴場キーワードを見つけて検索意図を推察しよう

ネットの情報だけで記事を書こうとするとライバルも増えるので、雑誌やテレビなどオフラインのメディアもたくさん活用しましたね。

そして、次第にアクセスが集まるようになって、それなりのキーワードでも上位表示が取れるようになったら「いつかの未来で大きなアクセスを集めてくれるかもしれないビッグワード記事」も仕込むようにしていきました。

もちろんそれだけだと目先のアクセスが落ちてしまうので、ショートレンジの記事も狙えそうなのがあれば狙っていく感じです。

目先の利益にこだわりすぎない

ロングレンジ記事を仕込む時期や過去記事修正の時期は、どうしても日々の仕事が目先の利益に繋がるわけではなく「数ヶ月経ってようやく上位表示できた…!」ということも稀ではありませんでした。

ただここで目先の利益にこだわってしまうと、将来的に大きく稼ぐための仕込みができませんし、ブログ立ち上げから1年後に月収190万円を達成できたのも、数ヶ月前に書いた記事が毎日安定的に働いてくれるようになったからです。

「損して得とれ」というマーケティング用語もありますが、収益を高いレベルで安定させるためには、数ヶ月後の利益のために必死でタネを蒔く時期も必要です。それに目先の利益にこだわりすぎると、絶対に途中で嫌になってしまいますから!

日々の数字に一喜一憂しない

ビジネスとして戦略的に取り組む上では、日々の数字をチェックすることは絶対的に大事です。

ただ、日々のPVや収益、あるいはクリック率やクリック単価などに一喜一憂して振り回されてしまっては、精神衛生的にもよくないですし、何より本質的じゃないですよね。

クリック率や単価は長いレンジで見て改善することは必要ですが、たまに1日数字が下がったりしても、変にあたふたして時間を無駄にしない方がいいです。その時間を使って新しく記事を書くなど建設的なことをしていきましょう!

記事ごとのクリック率や単価を分析する

ある程度記事数や収益額が増えてきたら、記事ごとのクリック率やクリック単価をチェックしてみるといいですね。

するとクリック率やクリック単価が高い記事の共通点が見えてくるので、それらの記事と近い属性(キーワードやターゲット)の記事を優先的に書いていくなどすれば、1記事あたりのパフォーマンスを向上させることができます。

もちろん、記事の本文や画像の使い方などを見て、収益性の高い記事の書き方について、自分なりに仮説を立ててみるのも必要なことです。

書いた記事はちゃんと自分で読んでみる

当たり前なことのようで意外とできてない人が多いんですが…。

投稿した記事はちゃんと自分でも読んでみましょう。

  • 文字の装飾やマーカーなどが読みづらくなっていないか
  • 文章の長さや改行のタイミングは適切か
  • 画像の使い方や広告の表示が乱れていないか

などなど、自分のブログ記事がどう見えるのかを読者目線でチェックします。

僕のブログはスマホからの閲覧が8割以上だったので、スマホでどう表示されているのかは徹底的にチェックして、読みづらい部分や離脱したくなる箇所があったらすぐに修正するようにしていました。

めんどくさいことも丁寧に

いかに一手間をかけるかですね。

もちろん効率よく記事を書くことも大事ですが、他の競合サイトと差別化するためには、競合がやっていないよう面倒なことを率先して行うことが大事です。画像や表を自分で作ってみたり、わかりやすく情報をまとめてみたり。

大抵の場合、めんどくさいことって実はとっても大事なことだったりしますから。

競合サイトは日々研究する

自分と同じようなジャンルのサイト、狙っているキーワードが被っているような競合サイトは日々研究するようにしましょう。

新しくどんな記事を書いているのか、どのように広告を配置しているのか、どんなデザインの工夫をしているのか、運営初期にはどんな記事を書いていたのか…。

成果を出しているライバルサイトは学びの宝庫です。

特に初心者ブロガーの方で「何をどうやったらいいか全然わからない!」って方は、とりあえず成果を出していそうなブログを徹底的にインプットして、やっていることを色々と真似してみるといいです。(もちろん記事のパクリは言語道断ですが!)

サジェストや虫眼鏡の変化をチェックする

キーワード選定時にサジェストや虫眼鏡を活用する人は多いと思いますが、何か大きな出来事(ニュースなど)が起こった後に、どのようにサジェストや虫眼鏡が変化するかをチェックするようにしましょう。

例えば、こちらは香港デモ発生中の「香港デモ」のサジェストキーワードですが、仮に香港デモについて記事を書かなかったとしても、今後のために学び取れるポイントってたくさんありますよね。

小難しいニュースは「わかりやすく」というキーワードが狙える
国際情勢の記事は旅行系の検索ニーズが生まれる
「女神」などネット発祥の新規キーワードが生まれることもある

などなど。

仮に自分がその記事を書いたわけではなくても、大きなニュースや検索需要が爆増するような出来事があった後は、虫眼鏡やサジェストにどんなキーワードが追加されているかを確認する習慣をつけるといいですね。

リスクのある記事を書かない

一時期、事件の被害者や加害者の方の個人情報を書いたり、有名人に関する質の悪い記事(「調べたけどわかりませんでした!」みたいな)が社会問題になったこともありますが、そういう性質の記事は全く書いていません。

事件系記事とか確かに検索需要もあるし、アクセスも集まるのかもしれないけど、そもそもモラル的にアウトだし、そんな記事でお金稼いでどうするのっていう感じです。お金を稼げれば何でもいいんなら犯罪に手を染めるのが一番簡単なわけですし。

それにブログ運営的な話をしても、検索者のニーズに応えられない質の悪い記事が多いと、いつか検索順位が落ちてしまいます。規約にもモラルにも反しているような事件系記事を書いていると普通にアカウントも飛ばされてしまいます。

長く安定して、そして大きく収益化していくためには、別にそんなリスクをとる必要なんてありませんからね!

これからのブログ運営のこと

僕が初めてブログに挑戦したのは2013年のことでした。

トレンドアフィリエイト
副業のトレンドアフィリエイトで月収10万円を稼いだ方法と当時の裏話をまとめてみた【完全版】

その時から6年以上が経った今、確かに大手企業がオウンドメディアを立ち上げたり、強力なライバルがどんどん参戦してきていますが、個人が勝てる領域で正しく勝負をすれば普通に成果が出るのは間違いないなと実感しています。

マス広告をネット広告が抜いたのもついこの間ですし、ブログの収益性も5,6年前よりも遥かに高くなっています。

引き続き、今回成果報告をしたブログは育てていきつつも、また新しい広告を導入するなどしていきたいですね。

あとは別ジャンルで新しいブログも作り出しているので、そちらもコツコツ育てて、収益の柱を作りつつ楽しくメディア運営していこうかなって思ってます。