告げ口をする人の心理や特徴は?対処法を知り人間関係ストレスを改善しよう!

職場や学校とかで告げ口をする人っていますよね。

当人には直接言えないことをこっそり打ち明けたはずが、いつの間にか当の本人に伝わってしまっていたり。あるいは「◯◯さんがあなたのことをこう言ってたよ!」みたいに何の悪気もなく伝えてきたり。

これ本当に何なんでしょうね?

人間関係が壊されるし、告げ口してる人のことも嫌いになるし、何も良いことがない気がするのですが、現実問題として告げ口をする人ってどのコミュニティにも結構いるのが実際のところです。

この記事では、まず告げ口する人の心理や特徴を考えた上で、人間関係のストレスを改善するために効果的な方法を紹介していきます。

なぜ人は告げ口をしてしまうのか

告げ口をしてる人とされてる人

よく告げ口をする人は、劣等感からくる自己否定感を持っていたり、自分に自信がなかったり、自分に対してネガティブなレッテルを貼っている人が多いです。もう少し詳しく見ていきましょう。

告げ口の対象となる人の足を引っ張りたい

基本的に告げ口の対象となる人は、告げ口をする人よりも評価が高かったり優れた点が多かったりすることが多いです。

例えば、上司に対して他の同期の悪口を吹き込んでいる人がいたとしたら、その人は同期に対して強い劣等感を持っていることがほとんどです。

自分よりも先に行っている人の足を引っ張って、自分と同じステージ(あるいは自分よりも下のステージ)にまで引き摺り下ろしたいという気持ちから、告げ口をする人は非常に多いです。

自分の相対的な評価を高めたい

本来、自分の評価を高めたいのであれば、自分が提供した価値の大きさや自分が成し遂げた実績で勝負をすべきですよね。

しかし、告げ口する人は、自分の評価を向上させるために前向きに努力をするのではなく、他人の評価を落とすことで相対的に自分の立ち位置を高めようとします。

いますよね。自分をすごく見せたいがために他人のことをけなす人。それと全く同じ原理です。

自分の居場所を作りたい

告げ口をする人は、告げ口をすることで、相手との距離感がとても縮まると考えています。同じ秘密を共有するという点で一種の仲間になれると信じているからです。(実際には告げ口をすると相手からは嫌われることが多いのですが)

人はいつも自分の居場所を探して生きているし、自分が所属している場に溶け込みたいと思っています。なので、うまく場に溶け込むことができていない人が、自分の居場所を作るために、告げ口に走るケースは結構見受けられますね。

人の悪口って単純に盛り上がるものですし。

そういえば、以前「うちのお父さんがあなたのこと好きじゃないっぽい」って言ってきた人がいましたが、あれは本当に何だったんだろう…笑

告げ口が多い人の特徴を考えてみる

悲しんでいる女性

自分に対して自信がない

自分に自信がないから、告げ口をして「相手を引き摺り下ろそう」という発想になってしまうわけです。自分に対して自信があったら、わざわざ姑息な手段を使って、誰かの足を引っ張ろうなんて思わないですよね。

自分に自信がある人や自己肯定感が高い人は、自分を高めるための努力をすることで、自分の価値を高めていこうとするものです。

マウンティング気質

「誰かの株を下げることで、相対的に自分の株を上げようとする」のは立派なマウンティングです。自分が劣等感を感じている誰かを蔑むことで、自分よりも立ち位置を下げようとしているわけですからね。

告げ口をする人はマウンティングをしたいだけの人。そう思うと少しは気分もスッキリするのではないでしょうか。

暇人

自分の人生を充実させるために精力的に活動している人なら、わざわざ他人のことを告げ口している暇なんかないと思うんですよね。

時間的な問題もそうですし、わざわざそんなことに貴重な労力を使わないだろうと。

だから、告げ口する人がいて嫌だなーと思っていても「暇人がなんかやってんな」くらいに思っておけばいいと思います。

人から好かれていない

告げ口をする人って、告げ口を聞いた人から嫌われることが多いんですよね。

中学生の時、僕はサッカー部だったのですが、友人から「あいつがお前のこと下手って言ってたよ」って言われた時、僕はその「あいつ」よりも告げ口をした友人に対して怒りを感じました。

人は悪い情報をもたらす人を嫌い、良い情報をもたらす人を好むという傾向がありますが、これを心理学用語で「連合」と言います。(小学校の時に「今日は自習だよ」と言いに来てくれた先生のことって、なんか好きになった経験ありませんか?)

告げ口が多い人への対処法は超簡単

海辺のベンチに座る老人と犬

できるだけ距離を取って、反応しないようにする

告げ口をする人と関わっても、嫌な思いをするだけだし、そんな人に構っていられるような余裕も暇もないでしょう。

「連合」の話をしましたが、告げ口をする人はいずれ周りの人から嫌われていくのは明白ですし、そもそも告げ口をする人は「構ってほしい(居場所を作りたい)」という目的も持っています。

その目的を達成するための行動として「あなたに対する告げ口」をしているのだとしたら、あなたが何も反応を示さないことこそ、告げ口をする人の望まないことです。

同様に告げ口を聞かされた場合も、気に留めないことがいいですね。

厳しく突き放す

とはいえ、職場や学校など「距離を取る」ことが現実的に難しいケースもありますよね。

そんな時は「告げ口をするのはよくないことだ」とハッキリかつ冷静に伝えて、いかにそれが人を傷つける行為なのかを知らしめてあげるのも手です。

告げ口をする人の目的についても記述しましたが、告げ口をする人は自身で明確な目的(マウンティングしたいとか)を自覚していないことも多いです。

つまり、自分ではその行為の愚かさに気づいていないことも多いので、誠意を持って相対することで、相手の改心が期待できることもあるでしょう。それに厳しく突き放すことで「距離を取る」ことの意思表示にもなるので、どのみち効果は大きいと考えられます。

告げ口をする人とは違うステージへ行く

ここでいう「ステージ」とは、猛勉強して一流の大学や企業へ行くとか、出世をして社会的ステータスを高めるということだけでなく「精神的なステージ」も含みます。

もし誰かに告げ口をされて、それに憤りを感じてしまうのであれば、厳しい言い方をすると、あなたも告げ口をしている人と同じステージにいるということになります。

僕の経験上ですが、

  • 受験勉強をめちゃくちゃ頑張って良い大学に行く
  • 独立起業して成功している起業家さんとのコネクションを作る

のように自分のステージを上げるための行動を起こした結果、周囲に「良い人」が増えたなと感じました。みんな自分のためになるような生産的なこと(趣味に打ち込んだり、デートをしたり、勉強したり映画を見たり)、相手を貶めるような行動に時間を費やさないんですよね。

なので、根本的な解決としては、告げ口をしてくるような人とは極力関わらなくて済むような世界に行くのが一番です。

別に社会的なステータスを上げることに興味がなくても、何か一つの趣味に熱中している人とか、自分らしい生き方を楽しんでいる人のコミュニティに飛び込んでみるとかでも、十分に効果的です。

今回は、告げ口をする人の心理や特徴から、人間関係でストレスを抱えないようにするための対処法を解説しました。告げ口をする人に悩まされないためには、告げ口をする人とは距離をとったり、そういう人がいないステージに行くのがベストです。

ぜひ、参考にしていただけたら幸いです!